【動画】青春18きっぷで九州周遊 (7) 揺れる列車

 

昨年今頃の東北、北海道散策と今回の九州散策が違う点は勿論気温。北海道では雪が目立ちましたが、九州は南国だけあって線路脇の菜の花が印象的でした(写真は豊後豊岡駅)。

 

さて、JR九州の列車内装、外装のデザインは素晴らしいものの、列車の端に座っていると座席から腰が離れるくらい車輛が上下する区間が、指宿枕崎線をはじめとして所々にありました。車内で出会った線路保安要員に聞いたところ「線路の継ぎ目が車重で上下するのが揺れの原因で、その防止のために定期的にバラストを補充しているが、なかなか改善が難しい」とのこと。脱線事故などが起きないことを祈ります。

 

動画撮影に重要なことは、前面窓に近づけることと車輛の揺れが少ないことですが、キハ66系やキハ40系など窓まで近づけない構造の車輛も多く残っており、また列車の揺れが酷くて多くの動画がお釈迦となりました。そんな中でマシな動画をお届けします。

 

島原鉄道島原外港駅に入ってくる気動車:キハ2500系気動車

島原外港駅を出発:後ろに伸びるのは2008年に廃止された加津佐に至る線路

島原鉄道諫早駅に到着:ターミナル駅でしたが運賃車内精算でした

唐津線久保田駅を出発:キハ125系気動車なので窓まで近づけました

 

豊後豊岡駅の菜の花

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
青春18きっぷで九州周遊 (6) 大村線、佐世保線、唐津線、筑肥線

 

五日目最終日は長崎から長崎本線、大村線、佐世保線、長崎本線、唐津線、筑肥線と乗り継いで、最後は福岡空港からANA0268で羽田へ。慌ただしい5日間があっという間に過ぎ去りましたが、特に北部を中心に乗り切れなかった路線が何本か残っているので九州散策第2弾、第3弾が登場する見込みです。

 

さて、鉄道というのは奥が深いということを、唐津から姪浜までの筑肥線で次のように実感しました。

 

1. 直流電化: 唐津線は久保田から唐津までは非電化、唐津から西唐津までは直流電化

  されていて、理由は西唐津発の筑肥線車輛の多くが姪浜から福岡市営地下鉄に乗り

  入れていること。九州の中で直流電化はこの区間と門司、下関間のみ。

2. 6輌編成: 西唐津を出発した時にはガラガラでしたが、地下鉄内では朝のラッシュ

  並みの混雑となる区間もありました。これでは唐津線非電化区間の2輌編成では対応

  できません。

3. 車輛デザイン: 今回の散策で最も印象的だった内装デザインは、305系電車の綺麗な

  布を使った座席と一部車両の木の床。JR九州の車輛等デザインを広く手掛けている

  水戸岡さんによるもので、他にも途中ですれちがった「指宿のたまて箱」、「ななつ

  星」、「或る列車」なども水戸岡さんのデザインとのこと。

  鉄道に限らず、世の中を楽しくするのもしないのもデザイナ次第ということでしょう。

 

305系

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
青春18きっぷで九州周遊 (5) 三角線

 

四日目は新八代から宇土、宇土から三角(みすみ)線に30分ほど乗って終点の三角、三角線を引き返して熊本、熊本港から久商フェリーで島原港、島原鉄道、最後の長崎本線では、転換クロスシートを持つ九州限定のキハ66系に乗って、学生時代以来ということは40数年ぶりの長崎へ。

 

小生の場合、全ての行動予定を決めてから旅に出るので、時間ができた時などの予定無しの場合は全てが行き当たりばったりになるのです。例えば、夕飯までの2時間をどうしようかと、駅前ホテル近くの電停から市電を乗り継いで出かけたグラバー園で庭園をうろうろしていた時に、綺麗な植木の向こうに大きな客船がみえたので、岸壁まで坂道を下ってみるという風に。

 

現場では、大きな買い物袋を抱えた船客が行列で乗船を待っていて、岸壁にいた警備員によれば、客船「Quantum of the Seas」の総トン数は何と15万8千トン、全長は348mで、見上げると10階建て以上。船が運んできた上海からの乗客4,778人はこの日の朝長崎市内に散り、観光と買い物を終え夜7時には出港してしまうそうで、慌ただしく金を使いまくる旅が存在することを知った次第。青春18きっぷ利用者としては馴染めませんが。

 

上海から

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
青春18きっぷで九州周遊 (4) 指宿枕崎線

 

三日目は指宿まで初乗りの指宿枕崎線で鹿児島中央から枕崎へ、続いて鹿児島交通のバスで伊集院、更に鹿児島本線、肥薩オレンジ鉄道を乗り継いで新八代まで。

 

肥薩おれんじ鉄道は2004年に鹿児島本線の八代から川内までをJR九州から引き継いだ三セク鉄道で、何処の三セクも同じでしょうが、全区間交流電化されているにも拘わらずコストの安い気動車を走らせるなど経費削減に終われていて、川内からの車輌はファミマ色にラッピングされていました。

 

さて、一部を三セクに譲った鹿児島本線の博多以南の歴史を車中で調べたところ次のように「鹿児島本線が現在の肥薩線と日豊本線を経由して鹿児島に至っていた時代が18年続いた」という面白いことが分かりました。列車の旅も案外忙しいのです。

 

1889年(明治22)博多、久留米間開通

1896年(明治29)八代まで開通

1908年(明治41)人吉まで開通(この路線は現肥薩線)

1909年(明治42)門司から人吉、隼人経由鹿児島まで全通

1927年(昭和2)  八代から鹿児島まで全通し、海岸回りが鹿児島本線となる

 

肥薩おれんじ鉄道

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
青春18きっぷで九州周遊 (3) 日南線

 

二日目は延岡から日豊本線、南宮崎から日南線を初乗りして志布志まで。大隅半島のバスは期待できなかったので、志布志から日南線を戻って日豊本線に乗り換える予定でしたが、志布志駅前で見つけた都城への路線バスに乗って、1時間15分ほどで到着した一駅手前の西都城駅で慌てて飛び降り、丁度到着した日豊本線で鹿児島中央へ。予定より1時間半早く到着できました。

 

さて、小生、列車内では、ご案内のように、流れる景色を眺めつつスマホで情報収集に努め、コンビニのサンドイッチや助六寿司で空腹を紛らわし、機会あればスルメをかじりながら氷結を飲む、といった塩梅ですが、宮崎駅ビルのダイソーでスマホ用のイヤフォンを手に入れたので、これで聴覚も使って旅が更に楽しくなること確実です。

 

『ここで夢を見てた♪この道を通った♪ ... マイホームタウン♪』(R250で練習中の My Home Town 、小田和正)

 

ダイソー

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
青春18きっぷで九州周遊 (2) 日豊本線

 

いよいよの九州周遊、横浜からバスで小倉を目指そうとしたのですが、案外高いし、腰に悪そうなので往復とも飛行機にしました。早起きして羽田6時23分発のANA0239で福岡空港へ。博多駅から青春18きっぷを使い始めて、鹿児島本線、日豊本線と乗って初日は延岡泊まり。

 

久しぶりのJR 九州で嬉しかったこと、先ずは列車車体の色に古臭い色が見当たらないんです。鉄道事業では赤字と思いますが、上手に金をかけているんでしょう。

 

加えて、社員のユーモア感覚。大分駅のトイレ入口には「男」、「女」と書かれた風呂屋のような暖簾が掛かっていたり、宇佐駅の駅名標に某国の国旗が描かれていたり。いやいや、国旗ではなく、右側の stripes は宇佐神宮、左側の「八幡総本宮宇佐神宮」の小さな文字が stars に見えるという仕掛け。JR 九州の経営陣は頭が柔らかい。

 

宇佐駅

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
青春18きっぷで九州周遊 (1) こんな感じ

 

山陽山陰縦断の旅から1か月、啓蟄だからか、乗り鉄の虫が蠢き始めました。北の方から攻めてきて残されたエリアは九州。九州の鉄道にはご縁が少なく、40数年前の学生時代に東京から鹿児島本線、長崎本線で長崎まで工場見学に出かけ、その帰りに、鹿児島本線、豊肥本線、高森線、高千穂線、日豊本線と乗り継いで鹿児島まで行ったこと、2009年の屋久島旅行で肥薩線、指宿枕崎線に乗ったことくらいで、先ずは第1弾として九州の外側をぐるりと回ろうと計画しています。

 

目指すは春休み、難かしけれ夏休みにバスで小倉に入り次のような散策を検討中で、気分は既にルンルン。

 

初日:  小倉から日豊本線で延岡

2日目:延岡から日豊本線、志布志線、再び日豊本線で都城

3日目:都城から日豊本線、指宿枕崎線で枕崎、バスで伊集院、鹿児島本線と

     肥薩おれんじ鉄道を乗り継いで八代

4日目:八代から三角線往復、熊本経由、九商フェリーで島原、島原鉄道、

     長崎本線で長崎

5日目:長崎から大村線、佐世保線で佐世保、続いて佐世保線、唐津線で西唐津、

     最後は筑肥線で博多

 

行程

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Profile + Power Search

Search

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode