秋田犬とは

 

昨年12月に弟宅の一員となった秋田犬の「あきちゃん」は御年1歳2か月となり体重は25kg超。昼間は庭に出されていることが多く、路地に入ってくる郵便屋さんなどに吠えかかるので、信頼感ある番犬であり近所迷惑な存在でもあります。

 

2008年までわが家の末っ子だったケビン(ビーグル犬)と比べ、愛想が無いこと、体を使った感情表現が少ないことが秋田犬(や柴犬)の特徴だと感じますが、同じような違いが日本人と西洋人の間にもあるようなので、秋田犬の愛想の無さは、日本の気候風土のなせる業なのか、あるいは愛想の無い日本人が主人であったことが理由なのか考えていました。

 

ところが、ネット情報によれば、オオカミとオオカミから進化した犬の違いは「人とコミュニケーションする能力」と「人に対する依存度」だそうで、犬の中でも秋田犬と柴犬は遺伝的にオオカミに近いことから、あきちゃんが人にベタベタしないということは自然なことと思われます。

 

とすると日本人の愛想の無さ、というかコミュニケーションが不得手なことはどこから来るものなのか。長期間に亘る島国での生活の中で以心伝心によるコミュニケーション法を育んできたからであって、遺伝的に旧人に近いことが理由とは決して思いませんが、積読中の「わかりあえないことから コミュニケーション能力とは何か(平田オリザ)」を読めば糸口が見つかるかもしれません。

 

あきちゃん

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
異類婚姻譚

小説は殆ど読まないのですが、書名にひかれ第154回芥川賞受賞作品、本谷有希子さんの「異類婚姻譚」を手に入れました。因みに異類婚姻譚とは普通名詞であり、Wikiによれば「人間と違った種類の存在と人間とが結婚する説話の総称」で、「鶴の恩返し」などがこれに相当するとのこと。

主人公の「サンちゃん」が「ある日、自分の顔が旦那の顔とそっくりになっていることに気が付いた」ことで始まる不思議な物語で、「異類」と結婚するということはこんな風に日々が展開するのかもしれないなと思わせる展開の末に、植物だったのであろう「サンちゃん」の旦那は最後は山に帰るという筋書きです。主婦を中心とした日常が口語調の文章で活写され、小生にとっての芥川賞のイメージを(良い意味で)壊してくれました。

さて、飼い主の顔が犬に似ているということは、以前飼っていたケビン君の散歩で何回も観察済みなので、飼い主と犬との関係以上に近い存在である夫婦の顔が似てくるということは大いにあり得るでしょうし、わが家の場合もそうなりつつあるのかもしれません。

異類婚姻譚

(この他の記事はこちらから検索できます)
| すうさん | 08:48 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
Dog-sitting


ジョイ君の里親さんが実家にお出かけとのことでグレースちゃんと2匹を1日預かりました。最初の1時間は家中の匂いを嗅ぐので忙しかったのですが、昼ごろには落ち着いて2匹で仲良く休んでいました。2匹を連れての夕方の散歩は大変で、ケビンを思い出しましたが、ワンちゃんを飼う体力はなさそうです。

昼寝

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
デザインいろいろ


先日のジョイ君が持ってきたリーシュが右側(日本製)、ケビン用が左側(ドイツ製)で、同じように見えますが、使ってみると大違い。

左は押しボタンを押し続けるとロープの出入りが固定され、離すとロープが出たり入ったり自由となる。

右は押しボタンを押すとロープの出入りが固定され、もう一度押すとロープが出たり入ったり自由となる。

どちらが使いやすいかはそれぞれでしょうが、小生としては左。理由は、右の場合、ロープが固定されているかどうかが分かりにくいから。押しボタンが出っ張っているとロープが出入り自由、沈んでいるとロープ固定、と操作結果の情報は微かにフィードバックされているのだが、車の足踏みのパーキングブレーキ同様、とっさの時に戸惑うのは右ですな。

リード

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
里親探し その3



里親になっていただけそうな方と三ツ沢公園で巡り合って、先ずはテスト的に飼っていただくこととなり、近くの動物病院で6種混合ワクチンを接種してもらいました。

ケビンは病院でいろいろと怖い経験をしたので体重を計る台に乗せると震えていましたが、ラブ君は大物なのか、注射をされてもピクリともせず。里親のお宅に馴染んでほしいものです。

動物病院

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
里親探し


親戚の家で飼えなくなったということでビーグルのラブ君がわが家に滞在中。里親が見つからなければ行政に処分をお願いせざるを得ないということで、町内の掲示板に里親募集のチラシを貼ったり、獣医さんに貼らせてもらったり、ケビン君以来の朝夕の散歩にお付き合いしたり、4時間おきに表へ出しておしっこをさせたり(そのリズムが分かるまでは居間にされたおしっこの掃除をしたり)、シャンプーしたり、大変なことになっています。

ラブ君

| すうさん | 08:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
決断できない日本


米国国務省前日本部長ケビン・メアさんによる「決断できない日本」。言い過ぎの部分もありましたが、総じて平均的な欧米人ならこう考えるだろうなと妙に説得される内容です。

日本の政治家、官僚は責任回避のために決断できないというのが骨子ですが、決断できないのは政治家と官僚だけではなく、先日高校の先生に聞いたところ、最近の高校生は決めることができないそうです。日本全国決断不能症候群、何故なんでしょうね。

決断できない日本

| すうさん | 08:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
マーロ君


ご近所Tさんがスキー旅行の間、マーロ君を預かることになりました。小分けしてパックに詰めた手作り料理、おやつの煮干しとクッキー、雨の日の散歩用レインウェア、電気毛布、おしっこマットと共に現れた彼は相当なお坊ちゃまとお見受けしました。

見かけは上品ですが、食い意地がはっているところなどわが家のケビンそっくりで笑えました。

マーロ君

| すうさん | 08:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
作品たち (23) ケビンの墓標


2008年12月にわが家の南西の角にたてた愛犬ケビンの墓標、ヒノキの角材で作りました。

ケビンが亡くなって1年が経ちました。最近、ケビンそっくりの老ビーグルのブログを見ながらケビンを思い出しています。

墓標

| すうさん | 08:54 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
ケビン (9) おやすみ


小春日和の中、庭の南西の角にケビンのお墓を作りました。やや太めのケビンが顔を出しています。

ヒノキに穴をあけ、飾りのWRCを貼り、名前と年月日を彫った部分を水性ペンキで着色し、最後は全体にSikkensナチュラル。続いて、レンガをディスクグラインダで整形して墓標の周りに敷き詰め、白い硅砂をレンガの目地に入れて完成です。

ゆっくり、おやすみ、ケビン。

お墓

| すうさん | 08:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ケビン (8) 終の住処


ケビンが亡くなってから約半年。家内の友人から「庭に埋葬したペットは家を守ってくれる」との話もいただき、しっかりと弔おうと、墓標を作り始めました。

隣のOさんにいただいたヒノキの柱に穴をあけ、そこにNさんからいただいた犬の人形を飾って、前面にケビンの名前と生年月日などを彫って、先日作った自転車置き場の横に作るお墓に立てることにしました。

墓標

| すうさん | 08:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ケビン (7) すっかり室内犬


室内犬となったケビンはいくつかの単語を理解するようになりました。「散歩」で(室内では外していた)首輪を持ってくる、「お茶碗」でご飯茶椀を咥えてくる、「お風呂」で(水が嫌いなので)ベッドに逃げ帰る、「お座り」、「お手」など。また「バン」と言うと、銃で撃たれたように床にゴロンと寝転がる芸も覚えました。

写真は2008年の3月、体調を崩し、薬の副作用で気分もすぐれず、2階の和室からウッドデッキを眺める白髪が目立つケビン。左は雪見障子にあらず、ケビンが外に出ようと破いた障子です。

彼はこの2か月後に亡くなりました。いろいろと楽しい思い出を残してくれて、ありがとう、ケビン。

室内犬

| すうさん | 08:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ケビン (6) ケビンらしい表現


2002年末に日本に帰還。米国ですっかり室内犬となって、日本でも家から出ず。

散歩は朝夕の二回。散歩以外でおしっこをしたくなると、たとえば寝る前、飼い主が朝寝坊をしているときなど、玄関のドアを爪でひっかくことを覚えました。

家の中を汚されるよりはマシなのですが、ドアの内側はご覧のとおり傷だらけです。

玄関ドア

| すうさん | 08:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ケビン (5) 米国行き


1998年5月、飼い主の転勤でケビンも米国に行くことに。

車に弱いケビンにとって10数時間のフライトは地獄だったと思います。JFK空港ビルを出たところで水を飲ませたらすべて戻してしまいました。

最初に住んだのがコネチカット州オールド・グリニッジ。2000年に、娘が通う大学に近いニューヨーク州マウント・キスコに引っ越しました。いずれも庭に鹿の親子が遊びにくるような場所で、狩猟犬であるケビンは大いに本能をくすぐられたことと思います。

写真は草むらのダニにライム病をもらい獣医さんに治療してもらった後、自宅療養中のケビン。日本への帰国3か月前。

米国で

| すうさん | 08:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ケビン (4) 大脱走


1997年1月のある土曜日、フェンスの下に穴を掘り、近所のキョウヘイ君とともに大脱走。家族総出で暗くなるまで捜索しましたが、その日は見つからず。

交番にも届け出て、翌日曜も捜索を継続。月曜日になって交番から「保土ヶ谷警察署にお宅の犬が保護されているようだ」との連絡があり、家内が出かけてみると、おまわりさんにすっかりなついたケビンを発見。

首都高の三ッ沢インターを2匹が歩いているところを、通りかかった女性ドライバーが拾い上げ、警察署に送り届けてくれた由。ありがたいことです。

写真は雪の庭で大脱走を計画しているのであろうケビン。左奥に彼の小屋(入口には防寒用のカーテンが)、右に伸びるのは手作りのフェンス。

大脱走

| すうさん | 08:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ケビン (3) 庭で遊ぶ


しばらくして小さな犬小屋を買い、鎖につないでおくのは可哀相なので、小屋を囲うようにフェンスを作り、放し飼いに。

写真はケヤキの根締めに植えたオカメザサの中に隠れるケビン。白いプラスチックの植木鉢をくわえて、庭を駆け回っていたことを思い出します。

庭で遊ぶ

| すうさん | 00:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ケビン (2) わが家に到着


生まれて1か月ちょっと、まだミルクを飲んでいた時期に母犬から離され、1995年8月、島根県から飛行機に乗って羽田へ、羽田から犬屋さんの車でわが家に到着。

居間にやや大きめのケージを用意しましたが、そこでゆっくりくつろぐ訳もなく、部屋中いたるところにおしっこを残し、飼い主たちは濡れ雑巾をもって床の光るところを探す毎日でした。

わが家に

| すうさん | 00:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ケビン (1)

わが家にケビン(Kevin)というビーグル犬がいました。1995年6月26日島根県生まれ、本名はJoyce of Shimane Happy Star。12歳と10か月を生きぬいて2008年5月15日横浜で亡くなりました。

大食漢の暴れん坊でしたが、家族の一員としていろいろな思い出を作ってくれた「癒し系」の存在でもありました。

Nさんからいただいた門扉のボードを最近「過去形」に書き換えました。

Kevin
| すうさん | 09:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

Profile + Power Search

Search

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode