Page: 4/4  << 
作品たち (15) ランチョントレイとコースター


チークの端材を使ったランチョントレイとコースター。サイズはトレイが300x210x13mm、コースターが110x110x12mm。

中央はアルミのパンチング板。厚さ2mm。

周囲の材とアルミ板とのぐらつきを解決する方法を見つけなくてはなりません。材の溝に小さなゴムを挿入してアルミ板を入れる方法もありそうですが。

トレイ

| すうさん | 08:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
作品たち (14) 庭のテーブル
 
庭に置くテーブル。2008年6月制作。材はSPF、杉など。天板は90cm四方、高さ67cm。天板は柿渋を塗り、他はSikkens。

昔買った日よけ傘を使おうと庭用に作りました。天板と幕板の間にステンレスのナットをはさんだりして対候性を期待しますが、どこまでもつものやら。

夏は蚊が多くて、ここに座ってお茶を楽しむ機会はありませんでした。雪中鍋も寒いし、なかなか使う機会がありません。

庭の机
| すうさん | 08:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
作品たち (13) ケヤキの器

2008年8月に受講した木工旋盤教室「川口工房」一日入門講座での作品。材は直径12cmのケヤキ、荏胡麻油仕上げ。

木工旋盤の面白さを体験できました。寺家木工舎でもいずれの日にかは導入したいものです。

ボール


| すうさん | 08:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
作品たち (12) 鎌毛引き


パドックの端材で作った鎌毛引き。刃は1枚で、長さは約15cm。刃と刃をとめるネジは平出商店で入手したもの。

複数の寸法をセットしておきたい場合もあるので、毛引きはたくさんあると便利です。

毛引き


| すうさん | 08:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
作品たち (11) センの器


2008年6月に受講した、南会津「きこりの店」主催の木彫り講座での作品。材はセン。幅270mm、奥行き180mm、高さ22mm。

ほぼ半日で彫った器を、続いて受講した拭き漆講座で拭き漆仕上げ。ご覧のとおり逆目や彫りあとが漆で目立ちます。次回は時間をかけて彫りを楽しみたいですね。

講座では拭き漆のイロハを教えていただきましたが、横浜に戻るとなかなか機会を見つけられません。

センの器

| すうさん | 08:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
作品たち (10) 作業小屋の引き戸


庭に作った作業小屋に引き戸を付けました。2008年4月制作。材はWRC(ウエスタン・レッド・シダー)、Sikkens(屋外用木材保護塗料)仕上げ。

右側の引き戸にはアクリル板をはめ込んだのですが、左側は網戸のままなので、冬になると寒くて3時ごろ閉店です。

引き戸

| すうさん | 08:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
作品たち (9) チークの器


AVキャビネットの端材で作った器、大中小の3種。材はチーク。トリマーにディッシュビットを付けて強引に作りました。

このような形のもう少し深い器を手彫りで作るのが目標です。底の隅をどう仕上げるかがポイントになると考えています。特殊なノミも必要でしょう。

チークの器


| すうさん | 08:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
作品たち (8) オブジェ B


木工塾自由課題第三号。脚ものの練習として作りました。幅500mm、高さ300mm、奥行き300mm。材料はナラ、クルミオイル仕上げ。天板はオスモウッドワックス黒仕上げの駒止め。

これまた堅い材で苦労しました。オブジェAと同サイズの兄弟で、いずれオブジェC(箱もの)も仲間入りする予定です。

家が狭いので、この手のサイズしか作れないのが悩みです。

オブジェB

| すうさん | 08:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
作品たち (7) AVキャビネット


木工塾での自由課題第二号作品、居間のTV台として作りました。幅1200mm、高さ500mm、奥行き400mm。材はチーク、クルミオイル仕上げ。

作業日誌によれば2007年9月29日制作開始、完成は2008年2月9日。材が大きく重く、苦労しました。桐集成材でメディア用の箱を作る予定ですが、まだ着手できていません。


| すうさん | 08:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
作品たち (6) オブジェ A


木工塾自由課題第一号。ホゾの練習用に作りました。幅500mm、高さ300mm、奥行き300mm。材料はナラ、クルミオイル仕上げ。天板はオスモウッドワックス黒仕上げ。

作業日誌によれば、2007年7月14日制作開始、9月22日完成とあります。

堅い材で苦労しました。上下の黒い板は左右に動き、家では鉢植えの台として使っています。

オブジェA

| すうさん | 09:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
作品たち (5) 下端定規箱


木工塾「削」の基礎コース課題その4、最終課題。下端定規をしまっておく箱。材はヒノキ。クルミオイル仕上げ。

作業日誌によれば、2007年4月21日に制作開始、6月8日に完成とあり、四つの課題クリアに、2月初めから4か月要したこととなります。

それにしても、老眼鏡をかけての木工作業はきつい。眼鏡をかけてもよく見えないので、ついつい、いい加減に手を動かしてしまう。そろそろレンズを替えなくてはならないかもしれません。

下端定規箱えも

| すうさん | 08:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
作品たち (4) 直角小口台


木工塾「削」の基礎コース課題その3。鉋で木口を、木端と直角に削るためのジグ。材はセン、ナラ、ヒノキ。

作業日誌によれば、2007年3月3日制作開始、4月21日完成とあります。

老眼もあり、接ぎ面をなかなか作れずに苦労しました。センの板2枚を逆向きに接ぎ合わせたのは失敗でした。

木口台

| すうさん | 11:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
作品たち (3) 摺り台


木工塾「削」の基礎コース課題その2。鉋で木端の直線と下端との直角を出すためのジグ。材料はセン。

作業日誌によれば、2007年2月10日制作開始、3月3日完成とあります。

この課題を通して、材を正確な直方体に仕上げる方法、ルーター・トリマーの基礎、アリ桟の作り方など、たくさんのことを勉強できました。

摺り台

| すうさん | 08:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
作品たち (2) 切出小刀


木工塾に通い始めて最初に「自宅で作った」作品。2007年3月制作。

秋岡さんの「木工-道具の仕立」も参考に(方法は手抜きですが)、ホームセンターで買ったケヤキの薄板で作りました。刃の向きを示す丸い穴が特徴です。

切出小刀

| すうさん | 18:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
作品たち (1) 下端定規


2007年1月13日(土)から通った木工塾「削」の課題その1。材はヒノキ。

作業日誌によれば2月3日にこの定規作りに着手、2月10日に完成とあります。木裏、木表、木端、木口、第一・第二基準面など大いに勉強になりました。

あれから1年半、もう一回作れと言われると苦しいかもしれません。

下端定規

| すうさん | 11:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Profile + Power Search

Search

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode