Page: 3/20  << >>
ログイン・アラート

 

Yahoo!メールから警告メールが届き「普段お客様がご利用になられていない環境からYahoo! JAPANへのログインがありました」とあり調べてみると、中国、台湾、中には日本から毎日のように小生のメアドへのアクセスがあり、驚いてパスワードを変更しました。

 

どんなことになっていたのかを想像するに、小生のメアドを使った偽メールが発信されていたと思われます。小生も時々、怪しげなメールを受取り、その多くが一見問題なさそうなメアドから送信されているように、小生からのメールを装った偽メールが多くの方々に送られたんでしょう。中には添付ファイルをクリックするとウィルスが感染するようなメールも含まれていたと思われます。

 

パスワードを変更したら違法ログインが無くなったので、パスワードの定期的な変更が必要であることを理解しました。恐ろしい世の中になったものです。

 

ログイン履歴


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
何という無駄

 

探すのは簡単だし、古本も安いし、本はAmazon以外で買う気がしないのですが、気になるのは本の送り方。古本の場合、多くはポストに投函されるものの、Amazonから直接送ってくる新刊書は送料無料にも拘わらず写真のように本の体積の20倍はあろうかという大きな段ボール箱に入れ、不在時には再配達と、700〜800円の本に対して過剰サービス、何という無駄でしょうか。

 

ダイヤモンド・オンラインに「宅配クライシスは値上げや総量規制では解決せず、宅配受取りのセルフ化が必要」として、宅配ボックスに送付された荷物を自分で取りに行くという方法を推す記事がありましたが、宅配ボックスの場合は相当な密度で設置しないと使いにくいと思いますし、大量のボックスを設置する場所の確保という問題がありそうです。次のような送料設定をすることで、再配達などの無駄な費用を削減できるのではないかと考えますが、如何でしょうか。

 

1. 配達日時指定なら送料無料、指定が無い場合は送料アップ

2. 宅配便受取り店を組織化して(わが家の近所を見渡すと、コンビニ、マイ

  バスケットのような小型スーパー、ガソリンスタンドあたり)、そこへの

  送付なら送料無料、それ以外なら送料アップ

3. ポスト投函なら送料無料、不在時再配達なら送料アップ

4. 鉄道の駅などに設置した宅配ボック宛は送料無料

 

無駄


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
運転免許更新

 

4月に運転免許更新手続きをした連中の中で、過去5年間に軽微な交通違反1回の「一般運転者」が東神奈川駅前の「かなっくホール」に集められ、約1時間の講習を受けると新しい免許をいただけるということで、お縄頂戴組が集まる会場はさぞかし怖いオジサンで一杯かと思いきや半分は女性でした。

 

小生の場合、2014年の速度オーバーが優良運転者(金)から一般運転者(青)への格下げ理由ですが、5年後の次回更新は70歳を超えるので、高齢者講習、運転適性診断や実車運転試験を受けなくてはならず、更に有効期間も3年と短縮されるようです。人様に迷惑をかけずに何時まで運転できるのか、免許返上時期を考える年ごろとなりました。

 

免許証


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
壊れた靴底 復活

 

Birkenstock からの連絡を待つこと2週間、ようやく修理完了の電話がかかってきました。靴底を全部張り替えるという修理で、靴底のゴムにあったTatami のロゴは消えてしまったものの、昔の姿に戻りました。底が壊れているとも知らずに「染めQ」なるスプレーでつま先を黒く染めたばっかりだったので、この復活は嬉しいですね。

 

修理完了


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
壊れた靴底

 

5年以上前にネットで手に入れた Birkenstock のサブブランド Tatami の Shannon。孫の運動会の昼食時にゴムの靴底が壊れているのに気づき、早速横浜駅近くの Bay Quarter にある Birkenstock に持参したところ、(日本では Birkenstock と Tatami の販売代理店が別会社なので)直せるかどうか工場に聞いてみますと待つこと1週間、直せますとのことで、ホッとしました。7月のドイツ旅行はこれで決まりです。

 

Shannon


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
縁台修理 (1) 現状

 

知人のKさんから大分前に頼まれていたものの、なかなかお応えできなかった縁台の修理、やっと現物を拝見してきました。脚がガタガタするのはネジの緩みだったし、天板が少々疲れている以外は大丈夫のようなので、雨風に強い材を使って天板を張り替えることとしました。Kさん、材を準備しますので、暫くお待ちください。

 

この縁台

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
「安物ボールペン」

 

Diamond Online に「トップ営業マンが「安物ボールペン」を絶対に使わない理由」という、とても感心できない内容の記事が載っていましたが、小生がここ数年愛用しているのは三菱鉛筆製のケース148円(シマホ価格)、油性インクの替え芯が各78円(同)という「安物ボールペン」。理由は簡単で、直径1mmのボールの書き味が素晴らしいこと。

 

ケースの内側がインクで大分汚れたところに(写真上)、替え芯を挿し込む樹脂の細い棒が折れてしまい買い替えを余儀なくされたので、迷わず同じものを手に入れました。歳のせいか時々これを見失い、ボールペン探しで家中大騒ぎとなりますが、冥途に向けた暇つぶしに専念している小生としては、そんなドタバタも材料にして「安物ボールペン以外を絶対に使わない理由」といった文章なら書けそうです。

 

安物ボールペン


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
及位三話

 

第一話。難読駅名の一つ、奥羽本線「及位」駅は、北に向かって山形県最後の駅。北海道新幹線開通に合わせて廃止される列車に乗ろうと2016年3月、奥羽本線で青森、青森から「急行はまなす」で札幌、札沼線で新十津川、石勝線で夕張、函館から「特急スーパー白鳥」で青森へと散策しましたが、その時の残雪に囲まれる及位駅名標がこの写真。1日あたりの乗降客数は20名程度だそうで、ざっと見渡した限り、駅周辺には何もなかったような。

 

第二話。家内の友人に東北訛りを感じたので出身地を聞いてみたら何と及位で、及位生まれの方に初めてお目にかかりました。暫くして再びわが家でお茶となった時に、及位出身をすっかり忘れていて、改めて出身地を質問してしまうという認知症状を露呈してしまったという話。

 

第三話。友人から借りたDVDで歌番組に登場したのが秋田県出身の「友川カズキ」という小生と同学年のフォーク歌手。フォーク歌手と呼ぶのは失礼と思われるような歌を聞き、忽ちファンになりました。彼のHPにあった森達也さん(映画監督・作家)のメッセージ「魂が震えて唸る。優しさが反転して叫ぶ。怒りが突き抜けて透明になる。とにかく聴いてほしい。ホンモノだから」は彼と彼の歌を見事に表現しています。

 

秋田弁の歌の霊が憑依したように体を震わせ、声を絞り出す友川カズキの「生きてるって言ってみろ」が如何に強烈なのか、以下の歌詞を見たら感じられるかもしれません。彼の本名は「及位 典司」。

 

ビッショリ汚れた手拭いを 腰にゆわえてトボトボと 死人でもあるまいによ

自分の家の前で立ち止まり 覚悟を決めてドアを押す 地獄でもあるまいによ

生きてるって言ってみろ...

 

夢と現実ぶらさげて 涙と孤独を相棒に コケシでもあるまいによ

長髪マンネリいさぎ良さ 根っ子の太さはどこへやら 墓石でもあるまいによ

生きてるって言ってみろ...

 

不幸な面して宙を噛む ただれた体でジャンプする ガイコツでもあるまいによ

まっ黒にしなびたおしゃべりと 短くつないだ命だけ 泥水でもあるまいによ

生きてるって言ってみろ...

 

衣装をこらして街を行く ベタベタ化粧は誰のため 文化財でもあるまいによ

ほお杖うつぶせ千鳥足 泣きっ面うしろ向き馬鹿騒ぎ スズメでもあるまいによ

生きてるって言ってみろ...

 

及位駅


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
無水エタノール

 

久しぶりに手にした時計の表面がベタベタしていて、ベンジンを布につけて拭いてみても、食器用洗剤で洗っても取り除けず。ネットで調べると、このベタベタはゴムに含まれる可塑剤が加水分解して表出したもので、「エタノール(アルコール)」を使えば拭き取ることができるとあり、エタノールを含ませたぼろきれで拭いたところきれいになりました。

 

汚れは洗剤(界面活性剤)やベンジン(有機溶剤)で取り除くものと理解していましたが、有機溶剤は水と混じらない「疎水性」という性質を持つことから、加水分解した可塑剤のような「水溶性汚れ」は溶解できないそうです。とすると、有機溶剤であるエタノールが「水溶性汚れ」を溶解できるのは何故か。

 

改めて調べてみると、一般的に疎水性と親水性は物質に含まれる疎水性基と親水性基の有無やバランスで決まると考えられていて、エタノールの場合は疎水性基であるアルキル基に加えて親水性基である OH(水酸基)を持っているために親水性であり、ベタベタを溶かすことができたということだそうで、エタノールが親水性でなければ、時々嗜む芋焼酎もこの世に存在しない訳ですね。

 

完成

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
被写界深度

 

レンズのピントが合う範囲「被写界深度」を浅くすれば被写体の前後をぼかすことができ、そのためには、(1)明るいレンズを使う、(2)イメージ・センサが大きいもの、即ち焦点距離が長いカメラを使う必要があるとのこと。新しい相棒であるSONYのDSC-R100XM3の場合は、(1)レンズ開放F値が1.8と明るく、(2)イメージ・センサが1.0型と大きいために焦点距離がワイド端側で8.8mmとコンデジとしては長く、背景の「あきちゃん」をぼかすというコンデジ初経験ができました。

 

因みに、今までの相棒のDSC-HX5Vの場合は、レンズ開放F値が3.5と暗く、イメージ・センサが小さく焦点距離がワイド端側で4.25mmと短いため殆どぼけません。

 

更に、被写界深度を浅くするには、(3)被写体に近づいて撮影する(撮影距離を短くする)ことも重要とのこと。DSC-RX100M3の最短撮影距離は5cmと短く、デジタル一眼とマクロ・レンズの組み合わせのような撮影ができそうで、暫くはこのカメラ君と遊んでみます。

 

被写界深度

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
新しいコンデジ

 

新年の山陽山陰縦断中に見つかった愛用コンデジの不調から1か月、ヨドバシを歩いていたら店員から大幅ディスカウントの声がかかり、写真右を衝動買いしました。

 

当ブログ用写真撮影に2010年3月から7年間活躍してきた左のDSC-HX5Vは、電源を切る時に手でレンズを胴体に押し込む必要があるもののまだ使えそうなので土埃の畑用とし、その他の場所には右のDSC-RX100M3を持ち出すことにします。ルンルン。

 

新旧コンデジ

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
米国からのお客様

 

米国ワシントン州のBlaineという人口5000人の小さな町の高校生2名を受け入れることとなり、言葉の問題、生活習慣の問題、世代間ギャップの問題でどうなるか心配でしたが、別のホスト・ファミリー宅に滞在中の2名と米国から同行された父母2名の合計10名がわが家に集まり小パーティーで騒いだり、最後の日は父親も一緒に回転寿司で満腹になるなど、6日間を楽しく過ごしてもらえたと思います。

 

ただ久しぶりの英語だったので真意をすぐには理解できず失礼したこともありました。こんな風に。1人の高校生の母親がわが家に到着するなり「I woud like to wash my hands.」と言われたので、風呂場の横の洗面所にお連れしましたが、数秒後に本来の意味を思い出し、ドアをノックして洗面所の扉を開けたところ、その女性は奥にある風呂場の扉を開けトイレを探していて「Not in this room.」と、冷や汗ものでした。

 

さてさて、家内は弁当作りを含む3食の準備に大変だったようですが、老夫婦にとっては総じて英会話実践の良い機会になったようです。

 

土産

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
温水暖房システム

 

わが家の暖房は家を建てた時からの温水暖房で、家の西側に置いてある灯油ヒータ(写真)から伸びたパイプを通って各部屋に温水が供給され、パイプにつながったラジエタから温風が吹き出すという仕組みです。

 

昔と比べて灯油代が高くなってきたので、24時間運転を止める(2009年)、灯油を自分で買いに行く(2013年)、最後は灯油ヒーターを使わずに各部屋のエアコンを使う(2014年、2015年)と年金生活者として涙ぐましい努力を続けてきた結果、毎年4万円前後の灯油代がゼロとなる代わりに増えた電気代は年1〜2万円と節約はできたのですが、「寒いトイレ」を我慢してまで経費削減する意味はないと考えるに至り、この冬は灯油ヒーターを再稼働することとし、灯油屋さんにタンクに灯油を167L入れてもらいました。その結果として光熱費がどの程度変化するのか、春過ぎにご報告します。

 

温水暖房システム

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
いよいよのスマホ (4) 通話定額オプション

 

2015年8月から使っているスマホの利用料はミニマムスタートプランの音声通話機能付SIMが月額約1,600円、通話料金が30秒20円(アプリを使えば30秒10円)と高額のため、毎月の支払いが6,000円を超えることがありましたが、たまたま知った「通話定額オプション」、中でも5分以内の通話なら何回電話しても月額830円というオプションに加入したところ、支払いが2,800円前後に落ち着き、これにて高齢者向けの通信環境が仕上がった感じです。

 

通話定額

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2017年十大プロジェクト

 

明けましておめでとうございます。2017年にはどんな暇つぶしができるのか、ワクワクしています。

 

さて、年末の近所迷惑の結果できあがったのが「器2017」と題する器群となる山桜の素材で、旅行から戻ったら器作りを始めます。それを含めて今年の十大プロジェクトを選んでみました。

 

1. 木遊びの情報発信強化と会員数増加期待(2016年と同じ)
2. 木遊びに作品展示室整備(2016年に実現できず)
3. 皿2016(2016年に着手できず)、器2017(山桜を使った)の制作
4. 「小さな列車」の新作模索(2016年は新作無し)
 
5. あらく農園でのボランティア活動(2016年に続いて)

6. 野菜販売機会の創出(三ツ沢南町町内会館に加えて)

7. フォークギターの上達と演奏会出演(2016年に続いて)

 

8. 不調なコンデジの更新
9. 格安切符による旅行(1月:山陽山陰、3月他:九州)
10. ドイツ想い出旅行(6月)
 

準備完了

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Profile + Power Search

Search

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode