Page: 3/178  << >>
ツリー・ハウス (13) デッキ#1 完成 Day9 & 10

 

連休中の午後2日間を使ってデッキ#1がようやく完成し、弟家族と一緒に地上3.8mでお茶にしました。風を受けてかすかに揺れるツリー・ハウスは楽しい場所であることを発見しましたが、この先いつまで上り下りできるのか。更に数m上にデッキ#2を作る予定で、枝ぶりの調査、設計、梯子も含めた制作と時間がかかりそうですが、乞うご期待。

 

完成

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
楽譜の電子化 その4 これにしました

 

酔いに任せて落札したASUSの12.6インチ型タブレットが届いて早速楽譜の表示をテストしたところ、表示される大きさは縦245mm、横177mmと、縦297mm、横210mmのA4用紙と比べ長さで82%程あり十分です。

 

今回はスキャナで読み込んでPDF化したファイルをEdgeで表示したのですが、他にもっと楽な方法はないのか、またファイル5冊分の楽譜を如何に電子化するのか、2頁以上の楽譜は使いにくいので如何に1頁にまとめるのか、課題はいくつもあります。

 

ASUS Tablet

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Memory of a Camellia (1) さてどうするか

 

庭木の剪定でお邪魔した野菜ソムリエNさんからいただいたツバキの枝2本、右は複雑な形をしているので先ずは左を攻めるとして、芯を避けて作れるものの大きさを考えると枝を縦方向に使った器にしようかなどなど、木遊びで毎朝恒例のインスタント・コーヒーを飲みながら思案中。

 

前にも書いたとおり、設計図に沿って板を組み合わせてできあがる作品と違って、材木から余計な部分を削り取ることで姿を現す作品作りは、頭の中でイメージを膨らませるプロセスが楽しいのであります。ルンルン。

 

ツバキ

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
クラウドに記録されているということ

 

今やネットが提供する色々なサービス抜きでは生活は回りませんが、クラウドに記録されたサービス利用履歴が役に立ったというお話。

 

乗り鉄のバイブルである月刊時刻表は1894年(明治27年)10月5日発行の「汽車汽船旅行案内」を嚆矢とするそうで、そんな時刻表の歴史を確認してみようとAmazonで見つけた本をカートに入れようとしたところ、画面左上に「お客様は、2005/12/16にこの商品を注文しました」とのメッセージが。13年も前のことを記憶しているほど若くはない小生にとって大変にありがたいメッセージでしたが、様々なサービス利用履歴が長期間に亘って手が届かない場所に記録されていることの薄気味悪さも感じました。メール、SNS、ブログなどクラウド上のデータの削除方法が遺言書の重要事項の一つとなりますね。

 

Amazon

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
日本鉄道旅行地図帳 (11) 第10号 大阪

 

関西2に続く「大阪」に掲載されているのは以下のとおり5路線しかなく、今年1月の散策で未乗路線、区間はなくなりました。

 

【特集】 本書の特集は(1)大阪市営地下鉄立体透視地図、(2)名駅舎100選 特別編 大阪駅+3駅、(3)鉄道保存施設:交通科学博物館など、(4)御召列車(三)昭和天皇が見た日本など。

 

【JR完乗時期(掲載は巻末の「駅名一覧」順)】

 

 ▶ 大阪環状線(大阪 - 大阪) 2009年2月

 ▶ 東西線(京橋 - 尼崎) 2018年1月

 ▶ 片町線(京橋 - 木津) 2018年1月

 ▶ おおさか東線(放出 - 久宝寺) 2018年1月

 ▶ 桜島線(西九条 - 桜島) 2018年1月

 

【想い出】

  • 大阪は遠すぎず近すぎず、70年近い人生の中で大阪市内に泊ったのは10回に満たないでしょうか。高校までは多分無し、大学時代も記憶なし、社会人時代も大阪支社への出張は無く、退職後の2006年夏の甲子園観戦、2009年春に病気の畏友を見舞いに大阪駅近くに数泊、青春18きっぷで難波、天王寺、鶴橋各1泊くらいしか思い出せません。域内のJR完乗となれば、後は新しいテーマを設定して私鉄、三セク鉄道を散策するくらいしか、乗り鉄としては大阪訪問の機会はなさそうです。

大阪

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
新々々あらく農園日記 (17) 看板修理

 

近くの小学生が「総合的学習の時間(総合)」を使ってあらく農園で野菜作りしていることは本日記で何回か触れてきましたが、それぞれの小学校が地域住民へ活動をアピールするためでしょうか、畑に手作りの看板を立てています。

 

脚が腐ってその看板が倒れてしまったので木工専門職の小生の出番となり、先日切った桜の丸太を脚にしました。この他にも蜜蜂の巣を乗せる台作り、竈の屋根作り、小さな小屋作りと課題山積ですが(他にもあるかもしれません)、高齢者としては今のペースが目一杯なのであります。トホホ。

 

修理完了

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
なんちゃって「プチまな板」

 

生活クラブ生協が販売する「プチまな板」(写真右)が小さくて軽くて便利だけれど包丁があたる時の感じが良くないとの家内のコメントを受け、ヒノキの端材で小さなまな板(写真左)を試作してみました。

 

周囲の立上り(ここが持ち手となります)など造形の自由度はプラスチックに軍配が上がり、プラスチック35gに対してヒノキ70gと少々重いものの、ヒノキは香りが良いし、包丁のあたりも良いようだし、大量受注に向けて、5mmと薄くしたまな板部分が反らないかどうか暫く様子を見ます。

 

試作完成

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ワークマン的黄色

 

わが家から車で10〜20分ほどの2か所にある「ワークマン」という作業用品店で売っている薄手のジャンパー(税込980円)を愛用しています。薄いのでゴワゴワしない、安いので汚れても気にならないということで、黒、紺、赤は夫々2着目を、また以前は蛍光色の黄色も持っていました。

 

ワークマンのネット・ショップで買って近くの店舗で受取ると送料がタダになるで、最近はネットで買うことが多いのですが、今回写真左側の黄色を注文したところ、写真中央の黄緑色が届きました(写真右側はショップの緑色)。店で色違いではないかと聞いたのですが「これが黄色です」と言われ引き取って眺めてみましたが、どう見ても緑色なのでネット・ショップのヘルプ・デスクにクレーム。気に入らなければ返品可能です、他の店で黄色を見つけましたので見てみてください、などと丁寧に対応していただいたので最終的にはこの黄緑色を着ることとし、ワークマンにはネット・ショップに掲載の写真の差し替えをお願いしました(その後、ネット・ショップの写真は黄色から黄緑色に差し替えられた模様ですが、印刷したカタログをビューワーで見る機能はそのまま。次回印刷時の対応が待たれます)。

 

という訳で、今年の秋以降、木遊び、あらく農園、ギター練習会場でこのジャンパーをお見掛けの節は、以上のような物語の末に本意ではない黄緑色を着ているなと笑っていただければ幸いです。

 

色比較

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
新々々あらく農園日記 (16) 筍ピザの会

 

昨年に続き「筍ピザの会」があらく農園で開催され、主にピザ焼き担当係長として参加してきました。竃で火を起こし、薪を奥に寄せ、その手前で鉄皿に乗せたピザを焼くだけなのですが、火に近い部分は当然焦げる訳で、1分経ったら熱い皿をつかんで45度回転させるという中々の重労働なのであります。

 

今年はあるボランティアのご主人がピザ焼き担当係長補佐として手伝ってくれたので助かりましたし、彼が係長に昇格すれば来年はピザとアルコールを楽しむ側に回れるかなと期待しています。

 

さて、当日の最大のイベントはこの会の後、桜木町で17時から開催された元仕事仲間との飲み会で、小生はピザの会のビール、ワイン、梅酒で出来上がった状態で参戦し焼酎ロックをすすりながら刺身をつついていたところ、その元仕事仲間から「実は1987年の国鉄分割民営化以前に国鉄路線完全制覇したんです」と告白されたり、路線建設の動きを地図上に可視化できないか、青春18きっぷの旅程を可視化したいね、などと鉄ヲタとITを融合したような話題へと進み、「Moves」というライフログ系のアプリなら可視化できそうとの感触を得たので、次回の散策で早速使ってみることとしました。ルンルン。

 

野毛のラーメン屋で仕上げて帰宅したところASUS製12.6インチの略新品タブレットがオークションに出展されているというメールが届いていたので、眠い目をこすって終了時刻まで待って見事落札できました。この件については、改めてご報告します。ルンルン#2。

 

筍ピザの会

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
保育園プロジェクト (6) 花壇の柵作り

 

保育園では子供たちが月に1回木と遊ぶ時間のことを「木遊び」と呼んでいて、我らが貸し工房「木遊び」と紛らわしいのですが、5月の前者木遊びのテーマは花壇の柵作り。荏田にある材木屋で手に入れたセランガンバツ(インドネシア産の堅木で腐りにくい材)を所定の寸法に刻んで木口に塗装したところで、後1〜2回塗装すれば完成です。保育園では子供たちが紙やすりで綺麗にした後、ポスカで絵を描き、新しく作る花壇の縁に立てる予定です。

 

制作中

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
垣根の剪定

 

木工も農作業もない快晴の日、カナメモチの剪定を朝から昼過ぎまで頑張った結果がこれで、上部が少々うねっていますが、お目こぼしを。落ち葉を掃き集めてゴミ袋6袋を一杯にし、遅い昼食としたら動けなくなり、大仕事の場合は「1日1件」の原則に従い長めの昼寝を楽しみました。写真左側に見える柿の木に花芽が沢山ついているので、今年も豊作が期待できそうです。

 

剪定完了

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
庭師となる

 

あらく農園で小生の庭木剪定姿を見た野菜ソムリエNさんから自宅の木も切って欲しいとの依頼があり、チェイン・ソーを持って参上しました。作業としては、切り倒されていた丸太をゴミとして出すために短くすること、切り株を地面すれすれに切り詰めること、除草剤を入れるための溝を切断面に作ることで、1時間も経たずに完了。

 

退散しようとしたらご自身の名前が入ったワイン2本が車の助手席に置かれていて、特別に作ってもらった赤白ワインなので飲んでみてくださいと。会食のお誘いもいただいたので、どんな心持で名前入りのワインを作られたのか、物語を伺ってみましょう。

 

お土産

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
挿木中のツバキ

 

あらく農園からいただいてきたツバキを毎日眺めながら、鉢へ移植の可能性を追求してみようと、枝下部の周囲の皮を鑿で削り取り、そこに発根促進剤「ルートン」をまぶし、植物活力素「メネデール」を染み込ませた赤玉土の中に立ててみました。細い枝なら、この方法で根が出てくるそうですが、これだけ太い場合はどうなるのか。暫く観察を楽しみます。

 

挿木中

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
河津桜の一輪挿し

 

コナラの二番煎じとして、木遊びの幸兵衛さんから以前いただいた河津桜で一輪挿しを挽いてみましたが、コナラの時のような気持の昂ぶりは無し。高齢者が興奮状態に至るためには一工夫必要であることは理解できました。

 

完成

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【動画】MMC (42) きらり港北で歌う

 

2年ぶりでしたか、母が入居している老人ホーム「きらり港北」で歌ってきました。我々の演奏会では、スクリーンに映した歌詞を見ながらお客様に歌っていただくことが大切と考えていて、今回は歌詞に加えて「宇宙エレベータ」とでも呼べるような自作の動画を見ていただきながら2分間の宇宙旅行を楽しんでいただきました。車椅子で参加された普段は無表情の男性が、動く方の手で拍子をとりながら口を動かしているのをみて、歌は人々を懐かしい昔に連れ戻すための有効な手段であるのだと感じることができました。

 

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
新々々あらく農園日記 (15) 2年ぶりの階段作り

 

桜の枝を使った階段が大分疲れてきたので、先ずは2か所を2年ぶりに改修しました。2年間頑張った枝はキノコ類の餌となってスカスカ状態。シイタケの榾木も3〜4年すると同じようになるようですが、階段は土に接しているぶんだけ短命なのでしょう。このペースでいくと、畑の木々は全て階段の材料になってしまいそうです。

 

階段

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ぐい飲み2018 (3) #1完成、続いて#2

 

2月中は快調に拭漆が進んだものの、3月に入ってから乾きが遅くなり手を付けられずにいましたが、暖かくなってようやく拭漆再開。見込みに朱漆をいれてみた#1が完成したので、#2の拭漆に着手します。

 

さて、漆が乾くかどうかは、温度(20℃以上)、湿度(70%以上)、生漆の新鮮さ(古くなると乾きにくくなる)あたりに依るそうですが、同じ漆風呂に入れていたので大きな気温、湿度の変化はなかったにも拘わらず急に乾かなくなったということは、これ以外にも原因があるんでしょう。漆の世界は深い。

 

完成

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【動画】来年は古希

 

小生の69歳の誕生日を、恒例の手作りケーキではなくアップルパイで家族が祝ってくれました。吹き消したかった蝋燭を消されてしまい「すずちゃん、やりたかった」と不貞腐れる3歳になりたての孫娘も、5年前に祖母の蝋燭を吹き消してしまった兄が小学2年生に成長したのと同様、暫くするとこんな可愛さが消えてしまうんでしょうね。彼らは上り坂、小生は下り坂。誕生日ケーキ動画もそろそろお終いとしますか。

 

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Greenwood Turning 2018 (5) 一輪挿し完成

 

コナラの丸棒3兄弟の内2本から一輪挿し3兄弟が誕生したので、ダイエー横浜西口店7階のCan★Doで手に入れた短めの試験管を挿し込んで庭のフリージアを活けてみました。なかなか可愛い。

 

さて、ダイエー横浜西口店の2階建ての本館は直営スペース中心であるものの、新館7階の4階から上は専門店のフロアーとなっていて、GMSから貸しビル業へと自前主義からの業態変革を進めているようです。久しぶりのダイエーで、消費者にとって魅力ある商品を提供し続けることの難しさを感じました。

 

フリージア

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
木の縦方向の変形

 

木は乾燥するに従い縮みますが、収縮速度が縦方向よりも横方向の方が大きいことから、木の組み合わせ方によっては隙間ができてしまいます。

 

さて、木遊びメンバーのNさんは取り壊した実家の床柱を使って木工旋盤で器作りに忙しいのですが、今回はぐい飲み2個を作ろうと外側を仕上げ、パーティング・ツールで切り離して3週間ほど置いておいたら、片方は出っ張り(左側)、もう片方は凹んでしまいました(出っ張るのが木の上方向なのか下方向なのかは不明)。木の縦方向の収縮を、それも50年以上たった木の収縮を眼で確認する機会は滅多にないと思うので、記録としてアップします。

 

縦方向の縮み

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

Profile + Power Search

Search

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode