Page: 2/12  << >>
超仕上げ鉋修理 (2) やっと調整

 

今年4月に材送りのためのゴム製のベルトが不調であることをお伝えした後、表面に薄くゴムの膜を作ることで材を送りやすくする対策をネットで見つけて液状ゴムは入手したもののそこから先に進めずにいて、今回はようやく刃先の調整。

 

さて、木遊びメンバーの中に、鉋の削屑を使った「木り絵」なる作品を制作販売している女史がいて、彼女と管理人幸兵衛さんが一緒に苦労して調整し「木り絵」に使える約0.2mmの杉板の削屑を作るのに成功した場面がこの写真。これにアイロンをあてオイルを塗れば「木り絵」の素材になるとのことで、詳細は彼女のブログをご覧ください。

 

削屑


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
無患子の肌合い

 

いただいた無患子(ムクロジ)の丸太を管理人幸兵衛さんがチェイン・ソーで割ってみたところ、黄色い木屑と共に珍しい色合いの木肌が現れました。白太(辺材)部分も目がつまっている感じなので赤身(芯材)と白太にまたがった器も面白いかもしれません。乞うご期待。

 

ムクロジ


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
無患子をいただく

 

今春コナラの丸太をいただいた木遊びメンバーのrioさんから今度はご実家の庭にあった無患子(ムクロジ)なる木をいただきました。無患子とは初対面ですが、ネットでは板材も販売されているようなので家具にも使われているんでしょう。色白できめ細かな肌をした美女を前に、器にするか、板にするか思案する、高齢者にとっての贅沢な悩みです。

 

無患子


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
漆風呂用ヒーター更新

 

漆風呂用に爬虫類用シート状ヒーターを手に入れてはみたものの、どうも温度が十分に上がらないということがわかり、急きょ小型オイル・ヒーターに交換しました。背が高いので棚板の改修が必要ですが、シート状ヒーターの32Wと比べて500Wは3畳部屋まで暖められる能力だそうで、漆も一晩で乾いてくれるでしょう。

 

オイル・ヒーター


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
集塵機も腰痛? その後

 

集塵袋を取りつける部分が支柱から外れてしまった大型集塵機は、木遊びの賃借契約の更新で小生が不動産屋に出かけている間に管理人幸兵衛さんの頑張りで写真のように修理完了しました。我が腰もこんな感じに修理できたら最高なのですが。

 

修理完了


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
農地から宅地へ

 

木遊びが入る建物の大家さんは元サラリーマン、現在は不動産業兼梨農家ですが、お宅の近くの梨畑の前を通りかかったら木が切り倒されているではありませんか。町の噂では宅地に転用して住宅を建てるのではないかとのことで、自然が失われることは寂しい限りですが、住宅のニーズが高い都市における農業の効率性を考えると已む無しかもしれません。

 

梨畑


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
拭漆講座兼木彫り講座 (20) ケヤキの器、木地固め

 

ようやく木地固めをしてサンドペーパを軽くかけたところです。この段階での第一印象として、丸鑿の彫り跡と漆は似合わないように感じるものの、このまま拭漆に進みます。どんな器になってくれますか。

 

木地固め


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
集塵機も腰痛?

 

三相200Vの大型集塵機の上部が右に傾いているのに気がつき良く見てみると集塵袋を取りつける鉄の輪と支柱を溶接した部分が割れていました。断面が錆びていたということは、この集塵機を松浦材木店から頂戴した時点で割れがあったと思われ、高齢の集塵機ともなれば金属疲労で割れたとしてもおかしくありません。木遊びに溶接器材は無いのでボルトで固定することになりそうで、管理人として本来の維持管理業務にありつけてシアワセな気持ちです。

 

大型集塵機


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
第2回木工旋盤講習会

 

7名の参加者を迎えて、2016年4月以来となる第2回木工旋盤講習会を開催しました。今回は説明資料を大幅に改訂し、参加者の一人が持参した新品のガウジ類の刃先形状を一緒に変更するなど、朝10時から夕方4時までの長時間労働で腰には良くありませんでしたが、久しぶりの講師役を楽しむことができました。第3回はいつになることやら。

 

講習会風景


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
拭漆講座 (14) ヤマザクラの器完成

 

丸太から彫り出した器の見込みに寒冷紗で布着せし、内側を拭漆、外側はクルミ・オイルで仕上げて完成です。8個作ったので大人数での食事にも使えますが、しまっておく場所を見つけるのが大変。この山桜、写真でもわかるように小さなキクイムシによる小穴や腐朽菌による肌荒れがそこかしこにありますが、そんな材でも手当次第で器にできることが分かったことが今回の収穫です。

 

完成


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
漆風呂用ヒーター到着

 

漆が乾く最低温度は20℃と言われており、これからの時期に備えて漆風呂用ヒーターを手に入れました。わが家の段ボール製漆風呂の場合は犬猫用のヒーター入りマット(18W)を使っているのですが、木遊びの漆風呂はかなり大きいし専用のヒーターは高いので、消費電力32Wの爬虫類用ヒーターに挑戦。

 

犬猫用と違い、この薄型ヒーターは「PTC(Positive Temperature Coefficient、自己温度制御)型」と呼ばれ、温度上昇に伴いヒーターの電気抵抗が増大する特性を持つのでオーバーヒートの心配がない、だから爬虫類にも使えるという代物で、気温が下がったら様子を見て、温度が上がらないようならもう1枚手に入れます。

 

ヒーター


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ジグがまたドゥーパに掲載されました

 

2017年2月発行のDIY雑誌「ドゥーパ!」116号に木遊びメンバーのジグが何点か掲載されたのに続いて2017年10月発行の120号に、水平XY軸微動ジグ、ディスクサンダー用面取りジグ、バンドソー用サークルカッティングジグ、ルーターテーブル用マイターゲージの4点が掲載されました(P.110〜113)。

 

こう度々取材を受けるとネタ切れとなりますが、作品作りよりジグ作りに楽しさを感じるメンバーが多いので、半年たてば取材OKと思います。しかしですよ、作品ではなくジグばかりが取り上げられるのは、やや寂しい。

 

ドゥーパ!120号


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
拭漆講座 (13) クリの器完成

 

拭漆講座で布着せし周囲に松煙を塗った器に拭漆すること5回程で完成です。右の器の右下に見えるのは、節穴に刻芋漆(こくそうるし)を詰めたところで、拭漆に覆われて目立たなくなりました。

 

今回の材は木遊びメンバーにいただいたクリの枝で、芯を含む部分を縦挽きしたために、乾燥するに従い割れが広がり、現時点でも口をつける部分のヒビが動いています。器作りの材は芯を外して使うのが鉄則のようです。

 

完成


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
初めての漆刷毛

 

拭漆仕上げするぐい飲みの見込みに赤漆を塗る時などに絵筆を使っていたのですが「抜け毛」が酷く、ネットで見つけた漆刷毛「チョイ塗りくん」を取り寄せました。人毛の根もとを糊漆で固めてあり抜けないのが自慢ということで、これで安心して塗漆を進められます。それにしても、毛幅9mmのものが税送料込みで1,000円とは、「小さな列車」の塗装でも活躍しそうです。

 

チョイ塗りくん


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ある日の昼食

 

木遊びでの昼食は愛妻弁当あるいはスーパーの弁当で、メンバーそれぞれのライフ・スタイルを観察する場となりますが、この日はお向かいのオーケー(スーパー・マーケット)産の酢豚弁当が3個勢ぞろいしました。お代はオーケーの弁当の中では高額である358円+消費税。個人的には酢豚が大好物でして、学生時代に駅近くの中華で酢豚定食ばかり食べていたことから「スブタ」のニックネームを頂戴したことを思い出します。成長していないなぁ。

 

酢豚弁当


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

Profile + Power Search

Search

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode