Page: 2/25  << >>
スツールをいただきました

 

木遊びメンバーのKさんからペーパコードで座面を編んだスツールをいただきました。多作のKさん、この椅子を友人へのプレゼントとすることが多いそうで、友人たちの喜ぶ顔が目に浮かびます。ありがとうございました。

 

早速、居間にある古いYチェアの横に置いてみましたが、こうして見比べると、ペーパコードの編み方を勉強してYチェアの座面を新しくしたいものです。その際には木部に拭漆はどうかなど、夢は広がります。

 

スツール

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:26 | comments(0) | - | pookmark |
鬼滅の刃

 

昨年のピタゴラスイッチ的夏休み工作に続き、今年も孫の「はる君」の下請けとなって「鬼滅の刃」なる漫画やアニメに出てくる煉獄杏寿郎の刀を作りました。刀身はナラ、鍔はトチとケヤキで手作りした直交合板、柄は多分アサメラ、全長70cmほど、今後の仕上げは孫に任せます。

 

前日、二人で設計図を書いて確認したものの、当日早速設変が入り刀身を反らせることとしたので柄のつき方が不自然となったこと、加えて日本刀フェチだった木遊びメンバーから鍔の固定方法が本物とは違うとの指摘があったことなど、反省の多い下請けとなりました。

 

鬼滅の刃

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:25 | comments(0) | - | pookmark |
トリマー集塵システム (3) Mark 完成

 

試作品第1号(写真右側)に少々問題があり、今度はL字型の継手をトリマー・ベースに取り付けてみたところ(写真左側)、削り屑をきれいに吸い取ってくれましたが、深く削ろうとトリマーを低くセットするとL字継手と干渉してしまいます。帯に短し襷に長し。世の中なかなか上手く行きません。

 

マーク

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:22 | comments(0) | - | pookmark |
ケヤキの山

 

木遊び若手メンバーの友人がケヤキをくださるということで横浜駅西口でトラックを借り、利根川近くの材木屋まで遠征してきました。カバ数本を加えた山のような材木を木遊びまで運び、大汗をかきながら荷下ろしし適当な場所に桟積みしたころにはフラフラとなり、材木の積み下ろしが高齢者向きの作業ではないことを悟りました。こんなに材木をため込んでも使いきれないでしょうし。

 

ケヤキとカバ

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:39 | comments(0) | - | pookmark |
トリマー集塵システム (2) Mark 完成

 

トリマー・ベースの後ろ側に穴をあけ、そこに塩ビパイプを接着して完成。接続した電動工具の電源を入れると集塵を開始するという優れものの集塵機を使ってテストしたところ、結果は上々。ただ、ぐい飲みの見込みのように深い部分に溜まった削り屑をきれいに吸い上げるところまでは至らず、器の底に向かう空気の流れを作り出す必要があるということで、試作は続きます。

 

試作完成

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:22 | comments(0) | - | pookmark |
トリマー集塵システム (1) こんなアイデア

 

トリマーでぐい飲みなどを作る時、器の中に溜まる削り屑を取り出すために集塵機が必要となるのですが、案外手間がかかります。トリマーの純正部品として集塵アダプタが売られているものの、ぐい飲み加工には使えそうもないので諦め、トリマー・ベースに集塵ホースを繋げられないか検討中です。

 

思いついた仕掛けは簡単で、写真のベースの背中にあけた穴に写真右側の塩ビパイプ(外径24mmの一部を旋盤で細くしたもの)を挿しこみ、塩ビパイプに集塵機から伸びるホースをつなぐというもの。どうなりますか。

 

準備完了

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:29 | comments(0) | - | pookmark |
自動鉋集塵フード改良 調子出ず

 

自動鉋の場合は刃の回転と共に大鋸屑が後ろ側に吐き出されることから、木遊びにあったフードを取りつけてみたものの調子出ず。フードの幅が足りないことが不調の原因でしょうか。

 

大型集塵機がカバーするのが手押し鉋、自動鉋、バンドソー、昇降盤2台の計5台であることが吸い込み能力不足の原因だろうということで、大型集塵機を鉋2台専用とし、残る工具用にもう1台集塵機を調達することとしました。勿論この集塵フードの改良も続けます。

 

改良版

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:29 | comments(0) | - | pookmark |
木口はドラム・サンダーに限る

 

杉丸太を輪切りにしたものから、食材なり料理を乗せるトレイというかプレートを何枚か作りたいという木遊び新メンバーのお手伝いをしていた時に、年輪の間の細かな窪みを解消するにはドラム・サンダー君が適任かもしれないと試したところ、見事に仕上がりました。持つべきものは電動工具ですな。

 

ドラム・サンダー

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:24 | comments(0) | - | pookmark |
自動鉋集塵フード改良

 

木遊びで利用中の集塵機は6台。大型、中型各1台と小型が3台、残る1台はバッファー専用です。中型集塵機は2019年末のプロジェクトで導入し、現在ドラム・サンダー、バンド・ソー、小型自動鉋、ベルト・サンダーの4台からの集塵を担当していて、今のとろこ大きな問題は無し。

 

今回取り組むのは、手押し鉋、自動鉋、バンド・ソー、昇降盤2台の計5台を担当中の大型集塵機の改善。中でも写真の自動鉋の集塵ダクト部分に問題があり、使用中に大鋸屑が自動鉋前面から飛び出してきます。集塵機のパワー不足もあるので集塵機の増設が必要と思うものの、先ずはこの集塵ダクトを改良してみようと作業開始しました。乞うご期待。

 

自動鉋集塵装置

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:25 | comments(0) | - | pookmark |
グラインダーの砥石新調

 

ターニング・ツール用6インチ・グラインダーでは粒度60のWA砥石と粒度80のSG砥石(写真左側)を使ってきましたが、WA砥石に引退してもらい粒度80のSG砥石を新調しました(写真右側)。厚い砥石に見えますが、実は厚さ13mmを2枚合わることで大幅にコスト削減できた次第。砥石の幅が26mmと広がったので砥ぎやすくなるでしょう。

 

砥石新調

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:26 | comments(0) | - | pookmark |
木工旋盤の修理

 

木遊びでは最近、木工旋盤愛好家が増えてきましたが、高齢者が木工機械を力任せに扱うことが原因でしょうか、2台の内1台のテイル・ストックがベッド(テイル・ストックやツールレスト・ブラケットを固定する旋盤本体部分)に固定できなくなってしまいました。

 

分解してみて驚きました。ボルトの先端が写真のように曲がってしまい、その結果、金属円盤が傾いていてベッドを挟めません。これではいくら力を入れても固定できない訳です。修理は簡単でボルトを真っすぐにするだけ。専用工具もなく無理矢理外したスナップ・リング(写真左下)が変形してしまい使えなくなったので針金でリングを作って代用しましたが、1時間ほどで修理完了。目出度し、目出度し。

 

修理中

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:23 | comments(0) | - | pookmark |
スライド丸鋸到着

 

木遊びではスライド丸鋸の稼働率は高く、加えて45度とか60度の切断用に角度を変えた後で正確に元に戻さない場合があるため、直角に切ろうとしたら直角ではなかったという悲劇が時々起きます。それを解決するには直角専用の丸鋸が必要ということで少し大きめのスライド丸鋸を手に入れました(写真奥)。設置して暫くしたら、使い慣れないメンバーが切断した材が飛んで可動式フェンスを割ってしまうという事故がありましたが、まぁそれは気にせずに活用しましょう。

 

2台目登場

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:23 | comments(0) | - | pookmark |
回転ヤスリ (4) これで行きます

 

ドリル・ビット用チャックの後ろ側にM10のネジを切ったものをAliexpressで見つけました。代金は送料込みで$5.99。ディスク・グラインダーにもビタっと収まり、期待できそうですが、別件で忙しいため、この組み合わせでのテストは暫く先になりそう。

 

これで行きます

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:25 | comments(0) | - | pookmark |
再びスイッチ修理

 

先日の小型集塵機に続いて木工旋盤の1台が動かなくなり、購入先のオフから送ってもらった修理用参考資料を見ながらスイッチを分解したところ、接点としてシーソーのように動く金属片(写真下の2個)が外れていました。金属片を所定の位置に戻したところモーターは回るようになったのですが、回転数表示は「0」のまま。そうなると小生には理解不能の回路の問題と思われるため、回転数が表示されなくても大きな問題ではないと、修理はこれにて終了。木工機械の台数が増え、使用期間が長くなると色々なことを経験できます。

 

スイッチ分解修理

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:26 | comments(0) | - | pookmark |
強力な助っ人となる筈です

 

静岡市にあるオフ・コーポレイションまで買い物に出かけたメンバーのKさんが「置いておくので使ってくれ」と Arbortech のボール・ガウジとそれを装着できる2万円以上する無段変速ディスク・グラインダを提供してくださいました。何と太っ腹な高齢者なんでしょう。これを使えばカヌーの船体作りのような加工は捗るように思います。テスト使用が終わり次第、結果をご報告しますので、暫しお待ちください。ルンルン。

 

助っ人

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:27 | comments(0) | - | pookmark |

Calendar

Profile + Power Search

Search

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode