Page: 2/15  << >>
味噌2016 (4) 完成

 

2016年2月27日に仕込み、10月12日に天地返しした味噌を、2017年仕込みの前日になってようやく甕から出しましたが、天地返し以降にカビは殆ど無く、上出来だったのではないでしょうか。左の米味噌13.6kg、右の麦味噌19.1kgはいずれも柔らかめで、それぞれ半分は知人へのプレゼントとなる見込み。

 

完成

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
第二の朝食

 

7時半の朝食から2時間半、家から車で第三京浜を通って木遊びに到着する10時頃にはお腹もすいてくるので、途中のセブンイレブンでホットLとドーナッツ、あるいはリンゴのデニッシュを手に入れるのが最近の習慣となっていて、昔々のドイツ時代に現地スタッフが美味しそうに食べていた「das zweite Flühstück(第二の朝食)」と同じ。

 

ドイツ人の場合はBrötchen(ブレートヒェン、外側がバゲットのように硬い丸パン)を横半分に割って、蜂蜜、ジャムなどを中に塗って食べていたと記憶しますが、当時羨ましかったドイツ人的生活を今送ることができているということでしょうか。

 

朝食

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
大きいことは良いことか?

 

パンを作れなかった時の朝食は生活クラブのホットケーキとなることが多いのですが、大き目1枚と小さ目1枚が焼きあがった場合、それを3人でどう分けるかが、子供のようで少々恥ずかしいものの、悩ましい。

 

この日、定規で測ってみたところ、左側は直径20cmなので半円の面積は10*10*3.14/2=157㎠、右は半径7cmなので面積は7*7*3.14=154㎠と、違いは無視できる範囲約2%と判明、心安らかに朝食を始めることができました。

 

どっちが大きい

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
味噌2016 (3) 天地返し

 

味噌を仕込んで半年後の8月頃から天地返しをしなくてはと考えていたのですが、なかなかその時間を作れず、10月も中旬になってようやく天地返し。カビは甕の周囲にかなり繁殖していましたが中身は全く問題なく、あと4か月ほどお休みいただけば、最高の味噌になると思います(写真は麦味噌)。

 

麦味噌

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Royce' Amande Salee

 

頂きもののフェア限定チョコレート、中には香ばしいアーモンドがゴロゴロ入っていて裏側にまぶされた塩との組み合わせが絶品でした。北海道だけなのか、同社ブルターニュ・フェアのCMが流れていたようで、来年も食べてみたい一品です。

 

ところで、このパッケージで気になったのがアルファベットの大文字と小文字の使い方。正解は分かりませんが、単語2個の場合、Amande Salée のように先頭を大文字とするか、amande salée のように小文字とするか、あるいはAMANDE SALÉEと全て大文字とするのが自然だと思うのですが。ネットで探してみても大文字と小文字の混在は見つかりません。社名のROYCE'と製品名の一部にあるRoyce'の混在も、落ち着かない気持ちにさせてくれます。

 

昨年手に入れたショルダー・バッグの Virtual trip 社も同様で、Virtual Trip とするか、virtual trip とするか、1語にまとめて Virtualtrip とするかのいずれかだと思います。

 

ROYCE Amande Salée

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
坑道熟成大吟醸「地底の神秘」

 

尾去沢鉱山の坑道の一部は日本酒などの貯蔵庫として利用されていて、そこで1年寝かされた坑道(みち)熟成大吟醸「地底の神秘」を手に入れました。箱には尾去沢鉱山の歴史が次のように寂しく書かれていましたが、お客さんを沢山呼び込んで、新しい歴史を作っていってほしいですね。味については、確認でき次第コメント欄にてご報告します。

 

『尾去沢鉱山の歴史は古く、和銅年間(708〜714年)に始まり、当時は主として金鉱を採掘し、奈良東大寺の大仏造営や藤原三代の繁栄に貢献したと伝えられています。その後寛文の初期(1663年)に金山が衰退し、銅山として再生しました。以降南部藩の経営を経て明治、大正、昭和の三菱時代に近代的な非鉄金属鉱山として日本の産業振興に関わって来ました。やがて、銅価の低迷と鉱量の枯渇により昭和53年5月末、千有余年にわたる鉱山の歴史を閉じたのです。』

 

地底の神秘


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
インスタント鯛

 

友人Aさんの親戚Bさんのご主人は釣りが趣味、中でも鯛釣りがお好きなようで、今回は体調30cmほどの中型をいただきました。何故気前よく鯛を下さるのか、それが不思議なことに、ご主人は奥様から「釣りに行くのは結構だけど鯛だけは持ち帰らないで」と言われているそうで、鯛が釣れれば帰りにAさん宅に鯛を届け、Aさんが鱗と腸を取ったものをわが家がいただき、後は塩をふってオーブンで焼くだけという、インスタント食品のような朝採り超新鮮な鯛なんです。Aさん、Bさん、いつもいつもご馳走さまです。

 

鯛


(この他の記事はこちらから検索できます)

 

 

| すうさん | 08:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
男の料理

 

ギター仲間に誘われて地域ケアプラザで開催の「男の料理」に参加してきました。講師は妙齢のご婦人と勝手に妄想していたので、朝9時に高齢者男性5名が集まって作り始めた時には少々力が抜けましたが、麻婆豆腐、チキンサラダと、煮たリンゴにアイスクリームを乗せた「りんごサンデー」の3品を制作。

 

買い忘れた鶏肉を買いに出かけたり、電気釜の使い方を間違え、炊き上がったころには麻婆豆腐は冷めていたり、男の料理は大変。ステンレスの大型調理台の上で、鶏肉を蒸す時に使った白ワインの残りを飲みながら、というかグラスに注いだワインの残りで蒸した鶏肉のサラダをいただきながら、地域交流ができました。次回は8月末だそうで、楽しみです。

 

完成


(この他の記事はこちらから検索できます)

 

 

| すうさん | 08:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
小野路ハニー

木遊びメンバーのrioさんが仲間と作る蜂蜜には混ぜ物がなくて美味しいという評判で、600g瓶を譲っていただきました。名付けて「小野路ハニー」。ハニーの響きがやや軽いですが、味は濃密。瓶には「小野路ハニー」と印刷されたラベルが貼ってあるはずなのですが、ラベル係のrioさんによれば「貼り忘れ」とのこと。

生活クラブのレバー・ペイスト、クリーム・チーズ、手作りジャム、(写真には無い)ピーナツ・バター、それに蜂蜜が揃うとなると、パン1枚を5つに切って全ての味を楽しむことになるのか、あるいは4つに切るのか、3つに切るのか、毎朝悩むことになりそうです。

小野路ハニー

(この他の記事はこちらから検索できます)
| すうさん | 08:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ボリューミィとんかつ定食@かたおか

神奈川区役所に戸籍抄本を取りに出かけた際に近くの「かたおか」で昼食。豚カツ好きが頼んだのは、前回はメニューに無かった「ボリューミィとんかつ」と銘する900円の定食。店主によれば180gはある豚肉は高齢者には食べきれないほどでしたが、満足感は今一つで、満点を★3つとすると★2つあたり。生活クラブ平田牧場の肉を使い、ソースと衣を改善すれば★2.5になると思います。こうやって豚カツめぐりの旅は続くのでした。

ボリューミィとんかつ定食

(この他の記事はこちらから検索できます)
| すうさん | 08:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
「極」@寿司清

芝刈りのお礼にと娘家族と一緒に横浜駅西口モアーズの寿司清へ。小生がご馳走になったのは「極(きわみ)」なる特上寿司で、昼から贅沢をさせてもらいました。ご馳走さまでした。3,086円也。

去年は家内が香港に出かけ不在だったので寂しい誕生日でしたが、今年は5歳の孫が玉子しか食べないことや、1歳が茶碗蒸しを美味しそうに食べることを観察したり、Top'sのチョコレート・ケーキを前にわが家で歌を唄ってもらったり、人生とはやはり家族や社会無しでは楽しくないものだということを再認識しました。ありがとう。

寿司清

(この他の記事はこちらから検索できます)
| すうさん | 08:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
文化さば焼き焼き定食@反町かたおか

区役所での打合せの帰りに寄った「かたおか」で、いろいろある定食の中から選んだのがこれ。血液検査で問題が見つかり、薬を追加で飲みたくなければ動物性脂肪を避けて魚類を食べるようにとの医者の一言がいまだにトラウマとして残っていて、豚カツ定食ばかりではないのです。

一緒に出掛けた仲間は刺身定食でしたが、生魚を白飯で食べるのは苦手な小生としては、この日は豚カツがなかったこともあり、鯖に落ち着いた次第。半身であるところに寂しさを感じつつ美味しくいただきました。やればできるんです。800円也。

さば定植

(この他の記事はこちらから検索できます)
| すうさん | 08:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ロースかつ定食@きたはち

味噌作りの日は都合が悪いので自宅で作りたいと仰る「きたはち」のご主人に麹と大豆を届けたのですがお留守で、ちょうど昼時でもあるし奥様お手製の豚カツを注文して待つこと暫し。あらく農園のダイコンで作った沢庵、具沢山の味噌汁、(写真にはない)湯豆腐をお供に引き連れてお出ましになった豚カツを手作りソース2種で美味しくいただきました。★3つを最高とすると★2.5で1,000円也。

食欲旺盛な前期高齢者としては、肉のボリュームをアップした「大ロースかつ定食」をメニューに加えていただけるとシアワセなのですが。

ロースかつ定食

(この他の記事はこちらから検索できます)
| すうさん | 08:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
かつ丼@反町かとう

青木小学校の同級生4人が反町駅近くの昭和レトロ風の店「水戸」でたらふく食べて飲んでお開きかと思いきや、続いて近くの「反町かとう」に繰り込んで再び食べ飲み、最後は特注のかつ丼、但しご飯少な目で〆ました。

漏れはあると思いますが、イカ刺、シシャモ、ニシンの塩焼き、川エビのかき揚げ、串カツ、鶏のから揚げ、野菜サラダ(以上水戸)、出汁巻き卵、ミルガイ、塩焼きそば、最後はかつ丼(以上かとう)と、食べてる自分自身が恐ろしくなるような食欲で、小生は芋焼酎のロック5杯でできあがりました。

さて、かつ丼は「反町かとう」のメニューに無く特別に作ってもらったのですが、ヒレ肉がやや堅めで満点を★3つとすれば★2つといったところ。料金は不明。

かつ丼@反町かとう

(この他の記事はこちらから検索できます)
| すうさん | 08:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
味噌2016 (2) 味噌づくり初日

味噌作り初日は3人の仲間と一緒に彼らの合計4升の味噌を作り、続いて一人になって小生用の麦4升、米3升を作って、後片付け、二日目の準備と、全作業が終わったのは19時半。朝9時頃から10時間ほど昼飯も食べずに立ちっぱなしだったので腰に来ました。二日目は6名で9升なので15時頃には終わるでしょう。

さて昨年リフォームした台所のガスコンロが吹きこぼれを察知すると火を消す仕様になっているようで、圧力釜から吹き出る煮汁のせいで度々火が消えてしまうのです。昨年までの旧式ガスコンロ時代は大豆を煮る20分間が「忙中閑」だったのですが、今年は吹きこぼれをコンロに落とさないように出口を覆った布巾を頻繁に交換する作業が追加されたので「閑」が無くなりました。数日後に三日目も控えていて、仲間に楽しんでもらうのも大変なことです。

味噌作り

(この他の記事はこちらから検索できます)
| すうさん | 08:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

Profile + Power Search

Search

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode