Page: 2/12  << >>
六十八肩

 

腰痛に加えて最近右肩が痛く手を高くあげられません。米国駐在時代の50歳前後に五十肩となり元に戻るのに何か月もかかったと記憶しますが、今回は六十八肩。2年もすれば「もみじマーク」の年齢となる訳で、もう若くはないのだと体が発するサインなんでしょう。

 

さて、日経夕刊の「あすへの話題」で龍谷大学の伏木亨教授の「老人を育てる」というコラムに出会い、小生が目指すべき作文のお手本であると拝察しましたので、1953年1月生まれ、64歳の伏木さんの名文を以下長々とご紹介します。

 

  • 老人は気楽と思われているらしいが、そうではない。超うるさい長老が去ってせいせいしたとたんに、厚顔の年寄り予備軍連中が突き上げてくる。因果はめぐる。
  • 反応の鈍さと判断の遅さは老人の武器である。反応の鈍さをひとは重厚と感じる。決断の遅さは深い思慮を漂わせる。情報機器には疎いので余計な情報や雑音がない。だからブレる余地がない。言語の不明瞭さは神秘的ですらある。
  • 重厚な爺は会議の空気など読まない。熱い議論も平気で鎮静化させる。若手の斬新なアイデアには思わぬ欠陥があるので、冷静なご判断に救われましたと後で感謝されることもたまにはある。老人のKYにもめげない若手の熱意は、よくわからなくとも貴重なので、一転して深く頷く。これも爺のたしなみである。
  • 私のような新米爺は取り扱いに注意が必要だ。冷たくしすぎると本格的な頑固爺に育つ。過度に甘やかすと勘違いして使えないちょいワル爺になってしまう。尊敬できる爺に仕立てるには最低限の思いやりが必要だ。昔の成功体験の記憶しかないので、昔話は優しく聞き流す配慮も必要とされる。子供を育てるより骨がおれる。

ところでこの記事からリスト表示できるようにCSSを改善しました(それまでエディタ上は表示されたのにCSSで表示設定されていなかったのが不思議ではあります)。今までは行頭記号を入力、文章を適当に改行し行頭にインデント用のスペースを加えていたのですが、これで入力が楽になります。体は動かないものの、脳味噌はまだ少しばかり動いているようです。

70歳

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
腰の不調 その後

 

9月末から特に起床時の背中の痛みに悩まされていて、NHK「ためしてガッテン」で取り上げていた腰痛体操を2週間続けたものの大きな効果は現れず、改めて横浜市スポーツ医科学センターで診てもらいました。

 

レントゲン画像を見た医師から、骨や軟骨に異常はないが太もも裏側のハムストリングスという筋肉が固くなっていることが原因と告げられ、院内でリハビリを受けてきました。腰痛の原因は運動不足と筋力不足だそうで、痛みが発生するプロセスを次のように理解しました。

 

運動不足により筋肉が徐々に固くなり、固くなることで筋内圧が上昇、同時に血管も収縮して虚血状態となると、そこから発痛物質が拡散し痛みの原因となる。その収縮が長期間に亘ると脊髄反射によって持続的に緊張が継続する状態(これを筋攣縮(れんしゅく)、筋スパズム(spasm)と呼ぶそうな)となり、発痛物質が継続的に発生する。従って先ずは時間をかけてこの「筋スパズム状態」を解消しないことには腰痛は解消しない。

 

リハビリ施設で教えてもらったテニスボールを体の下に挟んで左右に動く体操や腹筋を鍛える体操やらを毎日自宅で実践して2週間後に来てください、でも臀部や背中の筋肉もカチカチなので簡単には治りませんよとの美人理学療法士の見立てで、この腰痛との付き合いは長くなりそうです。

 

リハビリ表


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
腰の不調

 

ここ数年悩まされてきた腰痛がいよいよ本格化しつつあり、ベッドから立ち上がるのがやっとの状態となりました。何年か前に患ったぎっくり腰の症状と似ていますが、立ち上がって暫くすると傷みが和らぐという点で原因は別物のようです。

 

このままでは普通の生活ができないと考え朝一番で反町駅近くの鍼灸院で針治療を受け、一旦家に戻り、ギター仲間に教えてもらった横浜市スポーツ医科学センター(横浜スタジアム内)に出かけたのですが、以前MRIを受けたなら撮影した画像を先ずは持ってきてくれということで診察は無し。

 

その合間に5か月前に出かけた Per Favore に入って昼食を頼んだところ、小生は店主の名字を忘れていたものの、「木工のすうさんですよね」と覚えていてくれたのには感激しました。いただいたのは写真のポテトグラタン・セット、コーヒーがついて1,150円也。食べ歩くためにも早く腰を直さなくては。

 

ランチ


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
家内もスマホ

 

裏の電池の蓋が取れてしまったようなガラケーを使ってきた家内がとうとうスマホに切り替えました。SIMはIIJ、機種はASUSのZenfone、8月末までの割引があって初年度は通話料を除いて月額1300円、通話も「みおダイアル」を使えば30秒で10円と超格安。

 

Androidの先輩として、いろいろなアプリを入れて写真のような画面に整理しつつありますが、孫の写真を壁紙にしたい、LINEのプロフィール画像を登録したい、PC用メールもスマホで見たいなどのリクエストもあり、暫くは遊べそうです。

 

スマホ画面


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
好物は豚カツと鰻重

 

7月13日に脳梗塞を発症、血栓を取り除く手術を受け8月2日に無事退院した96歳の母を、10年ほど前まで毎年出かけていた八ヶ岳山麓の山小屋に弟が連れていってくれたので、帰りは小生が担当することとなり、茅野駅で母たちと落ち合って創業38年となるお馴染みの「勝味庵」へ。母は「勝味庵定食(ミックス・フライ定食)」を約7割、小生は写真の「ロースカツ定食」を勿論全部いただいて、それぞれ幸せを感じつつ雨の中、山小屋に向かいました。翌朝は8時半に出発、渋滞にも殆ど巻き込まれず11時半過ぎには老人ホーム着で、古い友人にも会えたし、母にとって思い出深い旅行になったと思います。

 

さて、スーパーあずさで茅野に向かう途中、富士見駅手前の山側に鉄道遺構と思しき橋梁が見えたので調べたところ、1904年(明治37年)に完成し、複線化による線路付替えで1980年(昭和55年)に廃橋となった中央本線立場川橋梁と分かり、乗り鉄の目は節穴ではないことを実感しました。富士見駅は山小屋の近くなので、いずれ散策してみます。

 

勝味庵


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
96歳の試練

 

1921年(大正10年)生まれ、この3月に96歳となった母が3週間前に脳梗塞となり、脳神経外科病院にてカテーテルとステントを使った手術で血栓を取り除き、ようやく退院できました。右半身の麻痺は略解消できましたが、右手は少し使いにくそうです。

 

3週間の入院で筋力が大分落ちたようで、これからのリハビリの目標は、先ずは一人でベッドから立ち上がること、続いて歩くこととし、マイペースで進めてもらえたらと思います。老人ホームに戻ってすぐの昼食を完食できたので、そのエネルギーを使って体力を回復できたら最高です。

 

退院


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
母が入院

 

母がお世話になっている老人ホームから電話で、朝から様子がおかしいので救急車を呼ぶとの連絡があり、農作業から急遽戻って病院に駆けつけました。右手と右足が不自由だったので検査したところ脳梗塞と診断されていて、発症推定時刻から判断して血栓を溶かす薬は使えないので、カテーテルの先に取り付けたステントで血栓を回収する処置をすることとなり、待つこと数時間。無事に終わりました。

 

鼠径部から入れたカテーテルが胸の途中の血管が曲がっていて先に進めなくなり、首の動脈に切り替えての処置だったようで、術後の医師の説明も分かりやすく、人々のチームワークと最新医療のお蔭で大事に至らずにすみました。一晩あけたところで止血も確認でき、今後しばらく高圧酸素のタンクに入り血中酸素量を高めることで脳細胞のダメージを減らすという治療を続けるそうで、大きな後遺症が残らないことを祈ります。

 

入院


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ケガ2017 その後

 

近くの整形外科に通うこと8日目で傷口からの出血が止まり、「後は自分で管理してください」と無罪放免の一言と共に、絆創膏が取れないように看護婦さんがネット包帯を被せてくれました。これが優れものだったので、近くの薬局、横浜駅のHACドラッグ、マツモトキヨシなどで探したものの見つからず、片倉にある Fit Care DEPOT で「切れるネット包帯(長さ60cm、409円)」をようやく入手。後は、指先の肉の盛り上がりと爪が伸びるのを待つだけですが、硬いものに触ると未だ痛く、ギターは暫くお預けです。

 

切れるネット包帯


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ケガ2017

 

木工にケガは付き物ということで、2010年5月に続いて7年ぶりの大ケガ。使っていたのは昇降盤で、材が動いたので材を押さえていた左手を動かしたら回転中の刃に噛まれてしまいました。拙宅近くの整形外科でレントゲンまで撮られて、暫くは毎日処置に来なさいと言われたので、木工、ギター、農業全て休場となります。拭漆くらいはできそうですが。

 

昇降盤は怖い


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【動画】晴君、7歳

 

この4月から1年生となった孫の晴君が7歳となり、渋滞の環八を芦花公園まで往復2時間かけて関係者をお迎えにあがり、2か月前1か月前と同じような誕生パーティーが開かれ、前回は一部が潰れたシフォンケーキも今回は上手くいったようで、イチゴと生クリームでいただきました。晴君は算数が好きだと言うし、2歳のすずちゃんも語彙が増えてきて、世代交代は略完了と言っていいと思います。

 

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
OVS型3語文

 

3月末に2歳になった孫の「すずちゃん」はバイキンマンが怖いそうで、「ばいきんやん、こわい、しゅじゅ」てな3語文(語順はOVS型、目的語、動詞、主語の順)を口にします。普段の会話では主語が省略される場合が多いですが、伝えたいことの重要さの順に主語を最後に持ってくるのは案外妥当な方法ではないかとネットで調べてみると、次のようにOVS型の言語があることが分かりました。世界は広い。

 

世界の1377言語を調べたDryerさんによれば、SOV型が一番多く565言語(日本語など)、次いでSVO型が488言語(英語など)、VSO型が95言語(ヘブライ語など)、VOS型が25言語(フィジー語など)、OVS型が11言語(アマゾン川河口周辺で使われるヒシカリヤナ語など)、OSV型が4言語(シャバンテ語など)で、よく使われる語順が複数ある言語も189あったそうです(以上Wikipediaより)。

 

ばいきんやん


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【動画】68歳と13日

 

娘家族が13日目遅れの68歳の誕生日を祝ってくれました。豚カツ好きの小生らしく勝烈庵の馬車道総本店で昼飯にして、家に戻って、手製のちょっと潰れたシホンケーキとモンブランを前に家内のギターと孫たちの歌。本当に幸せな68歳です。

 


(この他の記事はこちらから検索できます)

 

| すうさん | 08:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
今度は耳が

 

今年1月に突然起きた左耳の耳鳴りは、近くの耳鼻咽喉科で処方された突発性難聴用の薬を5日間飲んだらほぼ収まったのですが、2か月半後に再び同じような症状と相成り、前回と同じリンデロン(ステロイド剤)を飲むことになりました。

 

先生によれば、突発性難聴が再発することは珍しく、聴神経腫瘍あるいはステロイド依存性感音難聴が疑われるので、大きな病院でMRI検査を受けてはどうかと勧められましたが、最近前立腺関連の検査を受けたばかりだし、同じような症状が再発したら検査を受けますと約束して耳鼻咽喉科を辞した次第。先生曰く、年齢と難聴は関係ないとのことですが、歳を重ねるにつれて病院のお世話になる回数が増えているのは事実です。

 

耳鼻咽喉科

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
嬉しいプレゼント

 

68歳の誕生日プレゼントにと、友人との台湾一周旅行から戻った家内が鉄道の切符を持ち帰ってくれました。券面を見ると、東海岸の花蓮12時11分発(北部の台北14時20分着)、自強(特急列車)219次(号)の8号車、座席番号27を利用したことは分かったものの、乗った車輛が太魯閣(タロコ)号だったのか普悠瑪(プユマ)号だったのかは非鉄の家内が知る由もなし。ネットで調べると太魯閣号と分かりましたが、台湾の鉄道を利用する機会が今までなかった乗り鉄としては家内に先を越されて残念至極の気持ちです。

 

さて、台湾は中央が山岳地帯なので鉄道は島の周囲をぐるっと一周しているという単純な線形ですが、周遊券でも手に入れて散策してみたいものです。中でも軌間762mm(ナローゲージ)の阿里山森林鉄道(台風で被災したため一部運休中)は外せない路線で、全面復旧の報に接したら台湾旅行を具体化しましょう。

 

台湾鉄路局

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
市民病院送り その5

 

いよいよ運命の日を迎えるのだと、家を出る際に少々神妙になりましたが、泌尿器科の先生からは「腹部から胸部に至るCT写真の中で唯一肝臓部分に小さな影が見えるものの、腫瘍マーカー検査が陰性となっているので、問題なしでしょう」との説明。これで暫くの間、病気で死ぬ確率は低くなったようです。

 

病院からの帰りに桜満開の三ツ沢公園で新しいコンデジに挑戦したところ、風が強いこともあってボケてしまいました。シャッター速度を早くすればボケはなくなるのでしょうが、その他にも絞り、ISO感度、ホワイト・バランスなど変数が多すぎて現場では即応できず、余生の一部を写真技術の習得に割くこととします。

 

三ツ沢公園の桜

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Profile + Power Search

Search

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode