Page: 2/11  << >>
96歳の試練

 

1921年(大正10年)生まれ、この3月に96歳となった母が3週間前に脳梗塞となり、脳神経外科病院にてカテーテルとステントを使った手術で血栓を取り除き、ようやく退院できました。右半身の麻痺は略解消できましたが、右手は少し使いにくそうです。

 

3週間の入院で筋力が大分落ちたようで、これからのリハビリの目標は、先ずは一人でベッドから立ち上がること、続いて歩くこととし、マイペースで進めてもらえたらと思います。老人ホームに戻ってすぐの昼食を完食できたので、そのエネルギーを使って体力を回復できたら最高です。

 

退院


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
母が入院

 

母がお世話になっている老人ホームから電話で、朝から様子がおかしいので救急車を呼ぶとの連絡があり、農作業から急遽戻って病院に駆けつけました。右手と右足が不自由だったので検査したところ脳梗塞と診断されていて、発症推定時刻から判断して血栓を溶かす薬は使えないので、カテーテルの先に取り付けたステントで血栓を回収する処置をすることとなり、待つこと数時間。無事に終わりました。

 

鼠径部から入れたカテーテルが胸の途中の血管が曲がっていて先に進めなくなり、首の動脈に切り替えての処置だったようで、術後の医師の説明も分かりやすく、人々のチームワークと最新医療のお蔭で大事に至らずにすみました。一晩あけたところで止血も確認でき、今後しばらく高圧酸素のタンクに入り血中酸素量を高めることで脳細胞のダメージを減らすという治療を続けるそうで、大きな後遺症が残らないことを祈ります。

 

入院


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ケガ2017 その後

 

近くの整形外科に通うこと8日目で傷口からの出血が止まり、「後は自分で管理してください」と無罪放免の一言と共に、絆創膏が取れないように看護婦さんがネット包帯を被せてくれました。これが優れものだったので、近くの薬局、横浜駅のHACドラッグ、マツモトキヨシなどで探したものの見つからず、片倉にある Fit Care DEPOT で「切れるネット包帯(長さ60cm、409円)」をようやく入手。後は、指先の肉の盛り上がりと爪が伸びるのを待つだけですが、硬いものに触ると未だ痛く、ギターは暫くお預けです。

 

切れるネット包帯


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ケガ2017

 

木工にケガは付き物ということで、2010年5月に続いて7年ぶりの大ケガ。使っていたのは昇降盤で、材が動いたので材を押さえていた左手を動かしたら回転中の刃に噛まれてしまいました。拙宅近くの整形外科でレントゲンまで撮られて、暫くは毎日処置に来なさいと言われたので、木工、ギター、農業全て休場となります。拭漆くらいはできそうですが。

 

昇降盤は怖い


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【動画】晴君、7歳

 

この4月から1年生となった孫の晴君が7歳となり、渋滞の環八を芦花公園まで往復2時間かけて関係者をお迎えにあがり、2か月前1か月前と同じような誕生パーティーが開かれ、前回は一部が潰れたシフォンケーキも今回は上手くいったようで、イチゴと生クリームでいただきました。晴君は算数が好きだと言うし、2歳のすずちゃんも語彙が増えてきて、世代交代は略完了と言っていいと思います。

 

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
OVS型3語文

 

3月末に2歳になった孫の「すずちゃん」はバイキンマンが怖いそうで、「ばいきんやん、こわい、しゅじゅ」てな3語文(語順はOVS型、目的語、動詞、主語の順)を口にします。普段の会話では主語が省略される場合が多いですが、伝えたいことの重要さの順に主語を最後に持ってくるのは案外妥当な方法ではないかとネットで調べてみると、次のようにOVS型の言語があることが分かりました。世界は広い。

 

世界の1377言語を調べたDryerさんによれば、SOV型が一番多く565言語(日本語など)、次いでSVO型が488言語(英語など)、VSO型が95言語(ヘブライ語など)、VOS型が25言語(フィジー語など)、OVS型が11言語(アマゾン川河口周辺で使われるヒシカリヤナ語など)、OSV型が4言語(シャバンテ語など)で、よく使われる語順が複数ある言語も189あったそうです(以上Wikipediaより)。

 

ばいきんやん


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【動画】68歳と13日

 

娘家族が13日目遅れの68歳の誕生日を祝ってくれました。豚カツ好きの小生らしく勝烈庵の馬車道総本店で昼飯にして、家に戻って、手製のちょっと潰れたシホンケーキとモンブランを前に家内のギターと孫たちの歌。本当に幸せな68歳です。

 


(この他の記事はこちらから検索できます)

 

| すうさん | 08:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
今度は耳が

 

今年1月に突然起きた左耳の耳鳴りは、近くの耳鼻咽喉科で処方された突発性難聴用の薬を5日間飲んだらほぼ収まったのですが、2か月半後に再び同じような症状と相成り、前回と同じリンデロン(ステロイド剤)を飲むことになりました。

 

先生によれば、突発性難聴が再発することは珍しく、聴神経腫瘍あるいはステロイド依存性感音難聴が疑われるので、大きな病院でMRI検査を受けてはどうかと勧められましたが、最近前立腺関連の検査を受けたばかりだし、同じような症状が再発したら検査を受けますと約束して耳鼻咽喉科を辞した次第。先生曰く、年齢と難聴は関係ないとのことですが、歳を重ねるにつれて病院のお世話になる回数が増えているのは事実です。

 

耳鼻咽喉科

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
嬉しいプレゼント

 

68歳の誕生日プレゼントにと、友人との台湾一周旅行から戻った家内が鉄道の切符を持ち帰ってくれました。券面を見ると、東海岸の花蓮12時11分発(北部の台北14時20分着)、自強(特急列車)219次(号)の8号車、座席番号27を利用したことは分かったものの、乗った車輛が太魯閣(タロコ)号だったのか普悠瑪(プユマ)号だったのかは非鉄の家内が知る由もなし。ネットで調べると太魯閣号と分かりましたが、台湾の鉄道を利用する機会が今までなかった乗り鉄としては家内に先を越されて残念至極の気持ちです。

 

さて、台湾は中央が山岳地帯なので鉄道は島の周囲をぐるっと一周しているという単純な線形ですが、周遊券でも手に入れて散策してみたいものです。中でも軌間762mm(ナローゲージ)の阿里山森林鉄道(台風で被災したため一部運休中)は外せない路線で、全面復旧の報に接したら台湾旅行を具体化しましょう。

 

台湾鉄路局

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
市民病院送り その5

 

いよいよ運命の日を迎えるのだと、家を出る際に少々神妙になりましたが、泌尿器科の先生からは「腹部から胸部に至るCT写真の中で唯一肝臓部分に小さな影が見えるものの、腫瘍マーカー検査が陰性となっているので、問題なしでしょう」との説明。これで暫くの間、病気で死ぬ確率は低くなったようです。

 

病院からの帰りに桜満開の三ツ沢公園で新しいコンデジに挑戦したところ、風が強いこともあってボケてしまいました。シャッター速度を早くすればボケはなくなるのでしょうが、その他にも絞り、ISO感度、ホワイト・バランスなど変数が多すぎて現場では即応できず、余生の一部を写真技術の習得に割くこととします。

 

三ツ沢公園の桜

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ピカピカの1年生

 

孫の晴くんの入学式の間、妹のすずちゃんの面倒をみて欲しいと頼まれ、家内と二人で早起きして娘のところへ。すずちゃんは家内に一任して小生は入学式に潜り込んできましたが、男性は全員がネクタイ姿、子供もおめかししていたので、チノパンにパーカーは場違いな存在に映ったものと思われます。

 

さて、入学式そのものは上手くアレンジされていたものの、起立、礼などやや軍隊調で堅苦しかったこと、来賓挨拶などに対して子供たちに、小生としては好きになれない言い回し「よろしくお願いします」を何度も言わせていたことが気になりました。「よろしくお願いします」は、具体性を持った言葉を絞り出せない輩が苦し紛れに使う表現だと思うので、表現能力を育成すべき時期に使うことは望ましくないですね。

 

入学式の朝

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
市民病院送り その4

 

救急病院だけあって急患のCT検査が割り込んできたりして予約時刻を超えて大分待たされましたが、市民病院でCTによる造影検査を受けてきました。造影剤に起因する副作用もなく、マーカー検査も踏まえて胸部と腹部の癌の有無が来週後半には明らかになる予定で、「その5」で結果をお知らせします。

 

CT造影検査

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
はるくん、もうすぐ7歳

 

コンデジで接写したために、この4月に小学生となり5月に7歳となる孫「はるくん」には大変申し訳ない写真となりましたが、彼の前歯6本の変身の瞬間です。内訳は上2本が生え変わり中、下2本は既に永久歯、その左右2本が生え変わり中。

 

60数年前の小生といえば、東横線反町駅近くの神奈川幼稚園にバスで通っていました。幼稚園初日は母の顔が見えなくなると泣き叫んだそうで、昔も今も新しい環境に馴染めない性格は変わりません。幼稚園に1年間通い(当時は1年通園が一般的だったと記憶します)、松本通りで洋裁店を営んでいた叔母の家に「寄留」して幼稚園の隣にある青木小学校に入学しました。

 

新しい生活が始まる小学校で、「はるくん」には新しい友人たちと素晴らしい体験をして欲しいものです。入学、おめでとう。

 

永久歯

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【動画】すずちゃん、2歳

 

孫娘のすずちゃんが2歳となり、家内手製のアンパンマン形チーズケーキ、鼻と頬はミニ・トマトという特製ケーキで誕生会。その後、一家でみなとみらいにあるアンパンマン・ミュージアムに出かけるという、アンパンマン一色の日となりました。すずちゃんは館内を歩いていた着ぐるみの「ばいきんまん」が怖かったそうで、帰ってくるなり「ばいきんやん、ばいきんやん」と大騒ぎ。2歳にして女心は微妙です。

 

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
市民病院送り その3

 

血液検査とMRI検査の結果を聞きに行ってきました。前立腺癌の疑いは晴れたものの、MRI検査で右腸骨に白い影が見つかり、医師としては「非特異的ではあるが、この小さなHot Spot(白い影を指す)が気になるので胸部腹部CT造影検査をお勧めします」ということで3月末に追加検査と相成り、その結果は4月初の「その4」をお待ちください。なかなか A happy end とはならず、今回も To be continued.

 

さて、地域拠点病院である横浜市立市民病院は1960年(昭和35年)に開院し今年が57年目。老朽化により同じ三ツ沢公園内のニッパツ三ツ沢球戯場(サッカー場)隣に2020年(平成32年)移転開院予定で、通院には便利になりそうです。

 

市民病院

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

Profile + Power Search

Search

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode