Page: 2/8  << >>
1972年世界一周旅行 (47) 完


2011年4月5日から掲載してきた世界一周旅行もとうとう最終回を迎えることとなりました。旅行期間は257日間だったのに、本掲載は2年半もかけて昔の日記を読み返したり、アルバムを眺めたり、本人が一番楽しめたと思います。

日本に帰って4年生に復学していざ勉強なのですが、世界旅行の余熱で就職する気にはなれなくて、そのまま修士課程に進むこととなりました。以下は日記の要約です。

1973年3月7日(水)    バスが寒くて眠れず。朝5時半にオアハカ着。ホテルベラクルスに入る。1泊40ドル。ホテル近くの朝市を眺め、10時半発のバスでモンテアルバンへ向かう。モンテアルバンのピラミッドの裏にいた怪しげな男たちから指輪を買ったが、ホテルで聞いたら亀の甲羅で作った新しいものとのこと。

1973年3月8日(木)    朝7時半のバスでメキシコシティーへ。立派な道路を飛ばすバスからは、車にはねられた犬やロバの死骸が沢山見えた。ホテルで少々休んで中華を食べに行く。酢豚に海老スープとご飯。

1973年3月9日(金)    昼まで寝てTolucaまでバスで1時間半。バザールを見物するも面白いものは無し。

1973年3月10日(土)    午前中バスで土曜バザールへ。チキンで昼飯。夜は日本人とエビとビールの後でマリアッチを聴きに行く。

1973年3月11日(日)    8時半に起きてバレーを見に行く。原色の衣装をまとっての激しい踊りとマリアッチが良かった。

1973年3月12日(月)    バスに1時間乗ってテオティワカンのピラミッド見物。暑くてTシャツ1枚で歩く。夕方5時にメキシコシティーに戻る。夜は日本人と中華料理屋でラーメンとする。

1973年3月13日(火)    朝8時バスで出発。

1973年3月14日(水)    Santa Anaまで一日中バス。

1973年3月15日(木)    朝4時半ティワナ着。San Ysidroへは朝5時半着。バスを乗り継いでサンフランシスコへは22時半着。故郷へ戻ったような気がした。

1973年3月16日(金)    昼はF君と市内観光。夜、彼のバイト先(キャナリーのレストラン)で仕事を手伝う。

1973年3月17日(土)    昼ごろ起き出して映画を見てフィルムを現像する。

1973年3月18日(日)    F君のアパートの近くでタクシーをつかまえ値段交渉の上、空港まで。

1973年3月19日(月)    羽田に戻り、架空の人物を呼び出してもらうようF君宛にコレクトコールして無事の帰国を伝える。

ピラミッドの前で

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
1972年世界一周旅行 (46) メキシコ旅行


サンフランシスコの日本料理屋の皿洗いで稼いだ資金でメキシコまで出かけることとしました。ただし、飛行機ではなく片道70時間近くかかるバスで。メキシコ・シィティーではアフガニスタンに続いて二回目の下痢。いずれも半熟卵が原因だったようです。以下は日記の要約です。

1973年3月2日(金)    22時15分発のバスでサンディエゴに向かう。首が痛くて良く寝られず。

1973年3月3日(土)    11時33分サンディエゴ着。バスを乗り換えてSan Ysidroへ。歩いて国境を越えてバスターミナルで昼食。16時にメキシコシティー行きのバスが出発。夜中の23時にメキシコ側の税関で荷物検査。袖の下を目の当たりにする。

1973年3月4日(日)    朝8時半に朝食。14時半にLos Machiosで昼飯。18時クリアカン、20時マサトラン。

1973年3月5日(月)    朝7時にグアダラハラで朝食。ハムエッグ、豆、コーヒー、ドーナツで20ドル。17時にメキシコシティー着。サンフランシスコから合計67時間のバスの旅が終わる。歩いて探したモンテカルロホテルはシングルで30ドル。シャワーを浴びて近くの中華で夕食。半熟の卵があたったのかホテルへ戻ると下痢。

1973年3月6日(火)    朝10時ごろホテルで日本人と会って一緒に朝食。暑い。宝石屋でオパールとトルコ石を買う。21時バスデポでオアハカ行きのバスに乗る。

バス券

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
1972年世界一周旅行 (45) サンフランシスコ滞在


サンフランシスコでは美術学校留学中のF君のアパートに泊めてもらって、午前中は市営の英会話教室、夜はダウンタウンの日本料理屋で皿洗いといった毎日で、皿洗いを終えて時々は市電でFisherman's Wharfまで出かけて、そこの喫茶店で後片付けのアルバイトをしていたF君の手伝いをしたり、高校同級だったT君に教えてもらったHPの関数電卓を、両親から送金してもらって買ったことが懐かしい思い出です。

写真はFisherman's Wharfでの一コマで、右端の男性の胸にサインがありますが、今となっては誰だったのか記憶がありません。

忙しかったのか単調だったのか、1か月半で日記にはこれだけです。

1973年1月18日(木)    朝9時ごろサンフランシスコ着。タクシーでF君のアパートへ。友人のO君を紹介される。

1973年1月19日(金)    F君と、高校の同級でUCバークレー校に留学中のT君に会いに行く。

1973年1月20日(土)〜2月11日(日)    (記載無し)

1973年2月12日(月)    2月12日から3月1日まで松屋レストランで1時間2ドルの皿洗いを4時間。オーナーはインドネシア出身、奥さんは日本人の店だった。

1973年2月13日(火)〜3月1日(木)    (記載無し)

Fishermans Wharfにて

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
1972年世界一周旅行 (44) 西海岸への旅


当時若者の間で流行っていた「1か月$99」の券を使って、グレイハウンド・バスで東海岸から西海岸へ移動。ヨーロッパで知り合った酒元君と落ち合って、彼の知人宅を転々としましたが、日記をつける時間はなかったようです。以下は日記の要約です。

1973年1月1日(月)    夕方ビルさんにボストンのバスターミナルまで送ってもらい、ニューヨークを目指す。

1973年1月2日(火)    朝3時に到着したものの行く場所もないので、バスでフィラデルフィアまで往復して時間をつぶし、ニューヨークでは美術館巡り。

1973年1月3日(水)    夜行バスで朝の3時にシカゴ着。生憎の雨でバスターミナルから出られず、9時間以上待ってバスに乗る。

1973年1月4日(木)    朝8時ごろCeder Rapidsに到着。バスで酒元がお世話になっているソーンさん宅の近くまで行く。家が分からないのでバーに入って電話したらタクシーで来いということになったが、近くにいた人が親切にも車で送ってくれる。地下室でプールを楽しむ。

1973年1月5日(金)〜17日(水)    (日記に記載無し)イリノイ州から以下のルートでサンフランシスコに到着。Ceder Rapids---Marion---Sioux City---Wray---Denver---Santa Fe---Grand Canyon(写真)---Las Vegas---San Francisco

Grand Canyon

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
1972年世界一周旅行 (43) 米国へ


年末の忙しい時にボストン郊外に住むターナーさん宅に転がり込んで年内一杯逗留。着ているものがひどかったのでしょう、到着早々ショッピングセンターでセーター、ズボンなどを買っていただきました。

楽しくて忙しくて日記をつける暇がなかったようで、書かれているのは食べ物のことばかり。それから30年ほどして米国駐在中に両親とターナー家を訪れ、ご主人(ビルさん)のお墓参りができました。以下は日記の要約です。

1972年12月24日(日)    午前2時半にニューヨーク着。ホテル代が助かった。アメリカ人とタクシーでマンハッタンのバスターミナルへ(1人4ドル)。4時発のバスでボストンへ。ボストンのバスターミナルで時間をつぶして10時30分ごろビルさんに電話して迎えにきてもらう。クリスマスの前で子供たちはソワソワ状態。

1972年12月25日(月)    一日中子供たちのゲームの相手。七面鳥を生まれて初めて食べる。

1972年12月26日(火)    ターキーサラダサンドイッチ。

1972年12月27日(水)    Hilltop Steak Houseで1ポンドのサーロインステーキをご馳走になる。

1972年12月28日(木)    日本料理「大阪」レストランでご馳走になる。

1972年12月29日(金)    (記載無し)

1972年12月30日(土)    2時半からパーティー。

1972年12月31日(日)    (記載無し)

ビルさん家族と

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
1972年世界一周旅行 (42) イギリスへ


最後にイギリスへ出かけました。パリへ戻って、12月23日に学生向けの安いフライトでニューヨークへ向かいます。以下は日記の要約です。

1972年12月1日(火)    夜中に船に乗り換え再び列車に乗り換え、朝9時にVictoria駅着。美術館を何か所か回ってYHに落ち着く。地下鉄の最低料金が5ペンス(35円)と高いと日記にはある。

1972年12月20日(水)    朝からテイト美術館へ。山田の泊まっているYHへ行ってラーメン。その後パリにもどる飛行機の予約。YHやホテルが一杯だったのか、女の子のアパートに1晩1ポンドで泊めてもらう。

1972年12月21日(木)    8時15分発のバスでAshford空港へ。霧で遅れたプロペラ機でパリ着。弟に頼まれた製図道具は高くて諦める。夕方雪がちらつき、寒波が来ているようだと日記にあり。

1972年12月22日(金)    昼過ぎに起きてルーブルへ。女の子から香水をプレゼントされる。少々買物をして最後の晩餐は「金泉」の中華料理。

1972年12月23日(土)    午前中女の子と会って、山田とワインで乾杯してバスで空港へ。チェックインに時間がかかり18時半出発の予定が21時近くなった。

バス乗車券

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
1972年世界一周旅行 (41) 再びパリへ


スペインから列車でパリに戻りました。日記からは、毎日のようにいろいろな友人と会ったり食事をしたりしていたことがわかりますが、携帯電話もない時代にどうやって連絡したのだろうか不思議です。以下は日記の要約です。

1972年12月9日(土)    13時頃Pacifico(中華料理屋)で再び酢豚を食べる。パリまでの切符がなかなか手に入らず、夕食も同じPacifico。22時発の列車でスペインに別れを告げる。日記には「さらばマドリッド。さらばスペイン。そんな感じのするNorte駅だった」と感傷的な文章が。

1972年12月10日(日)    朝8時に国境で寝台列車を乗換え17時半ごろパリ着。ホテルバルコンは一杯で近くの安ホテルに落ち着く。「東方」なる中華料理屋で酢豚とご飯2杯。

1972年12月11日(月)    JALで世界史の本を受け取る。学生組織でニューヨーク行きの飛行機を予約する。12月23日18時発、ニューヨーク21時半着。ホテルのマダムが1週間いるなら(1泊30フランを)25フランにするというので、このホテルに滞在を決める。

1972年12月12日(火)    喉が痛み熱っぽい。友人たちが食料を買ってきてくれる。ありがたい。火曜日は多くの美術館が休みなので、明日から美術館巡りとする。

1972年12月13日(水)     JALに行くも例のマフラーは届かず。印象派美術館で女の子に出逢い、明日待ち合わせることとする。友人の一人のお別れパーティーあり。

1972年12月14日(木)    昼に女の子と待ち合わせてルーブルへ。どこにいるのか分からなくなるほど広かった。夕方中田君の家まで出かける。

1972年12月15日(金)    今日も女の子とブラブラする。ホテルにいたら山田が帰ってきて皆で肉野菜炒めで夕食。彼女を送って帰る。

1972年12月16日(土)    風邪が抜けず。山田と近代美術館へ出かける。

1972年12月17日(日)    体調悪し。ノミの市を散策。

1972年12月18日(月)    昼に女の子と待ち合わせてアンバリッド、ロダン博物館へ。22時Nord駅発のロンドン行きの列車に乗る。

コンコルド広場

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
1972年世界一周旅行 (40) ポルトガル散策


スペインからポルトガルに入って3日間の旅を楽しみました。以下は日記の要約です。

1972年12月3日(日)    ノミの市へ出かけ14時頃「森の家」という安レストランで昼食。懐かしの酒元君に再会する。アトチャ駅22時30分発のリスボン行きの列車に乗る。

1972年12月4日(月)    リスボンは生憎の雨。電車でナザレへ向かう。白い壁とオレンジ色の屋根(写真)。ペンションを見つけて久しぶりに湯船につかる。

1972年12月5日(火)    昼まで寝る。近くのレストランでの昼食で食べ過ぎ、夕食を残してしまう。ケーブルカーで上の街までいってみるものの、土産物は高くて手が出ず。

1972年12月6日(水)    バスで鉄道駅まで行くがリスボン行きの14時まで列車はないとのことで、別の列車で少し先の街まで往復する。リスボン駅前で夕食後、マドリッド行きの列車に乗る。空いていたので横になれた。

1972年12月7日(木)    朝マドリッド着。YHに入ったら山田がポルトガルで買った煙草を列車に忘れてきたと言う。良く忘れる奴だ。午後プラド美術館、大学の学生食堂で夕食、雨の中をYHへ戻るとプロのギター弾きがいて夜中まで聞き惚れる。

1972年12月8日(金)    朝寝坊して12時の列車でトレドへ。グレコの家、教会などを見て、16時45分の列車でマドリッドへ戻り、山田に中華料理を奢ってもらう。24時からフラメンコ見物。4時半過ぎにYHへ帰って寝る。

ナザレ

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
1972年世界一周旅行 (39) スペイン散策


イタリアから列車に乗ってスペインに入ったと記憶していたのですが、イタリア、オーストリア、ドイツ、スイスと回って11月末になってスペインにたどり着いたようです。初冬のヨーロッパらしく冬用のジャケットを着た写真が残っていました。以下は日記の要約です。

1972年11月29日(水)    バルセロナに朝到着。ピカソ美術館、聖家族教会、動物園と歩きまわって、アジのような魚のフライを食べる。22時35分の列車でマドリッドに向かう。

1972年11月30日(木)    朝アトチャ駅に到着。プラド美術館を見て食料を買い出して22時15分の列車でグラナダへ向かう。

1972年12月1日(金)    駅からYHへ直行し、昼飯を食べて、16時頃からアルハンブラ宮殿を見学。ピンポン球とワインを買ってYHで卓球と酒盛り。

1972年12月2日(土)    午前中再びアルハンブラ宮殿を見学。食料を買い出して列車でマドリッドへ向かう。22時過ぎにマドリッド着。夜中の1時過ぎにYHに入る。ペルー人の痴漢騒動あり。

マドリッドにて

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
1972年世界一周旅行 (38) スイス他


忙しかったのか、旅に飽きてきたのか、日記には年月日だけ記載されています。移動距離が長いということは学生用のスチューデント・レイル・パスを利用したのかもしれません。スイスへは9月に続いて今回が二度目で、雪景色を見に行ったのでしょうね。以下は日記から。

1972年11月20日(月)    Muenchen
1972年11月21日(火)    Stuttgart
1972年11月22日(水)    Wiesbaden
1972年11月23日(木)    Duesseldorf
1972年11月24日(金)    Amsterdam
1972年11月25日(土)    Zurich
1972年11月26日(日)    Bern
1972年11月27日(月)    Grindelwald(写真)
1972年11月28日(火)    MilanoからBarcelonaへ移動。

グリンデルバルト

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
1972年世界一周旅行 (37) 再びウィーンへ


ギリシャから戻ってイタリア巡り。ローマではYHに近いおなじみとなったMario's(写真)で毎晩食事をしたようです。安いながらも前菜、パスタ、肉料理、デザートと何時間もかけて食事をするのは、さすがイタリアです。

ウィーンの女の子に頼まれたスパゲッティを作る機械を持ってウィーンに戻りますが、作ると約束してくれたマフラーはできていなかったようで。以下は日記の要約です。

1972年11月14日(火)    朝食後にポンペイ見物。続いてナポリを歩いて夕方ローマへ。YHに入って行きつけのMario'sでカメラ販売記念として山田にフルコースを奢る。

1972年11月15日(水)   両親が送ってくれた本「私のヨーロッパ」を JALで受取る。ボルゲーゼ美術館訪問。雨の中、スペイン広場、ベネチア宮、トレビの泉と散策。夕方、山田たちと再びMario'sで食事。

1972年11月16日(木)    朝から市内見物で19時20分の列車でフィレンツェに23時着。目指した安ホテルが見つからず1,250リラのペンションに泊まる。

1972年11月17日(金)    ウフィツィ美術館、ピット美術館などを巡り、夕方、ベッキオ橋のたもとのセルフサービスの店で晩飯。

1972年11月18日(土)    駅で両替してウィーンの女の子用にスパゲッティを作る道具を買い、15時9分の列車に飛び乗ってウィーンへ向かう。

1972年11月19日(日)    ウィーンの朝は寒かった。スパゲッティの道具を女の子に渡すも、マフラーはできていないということで、パリに送ってもらうこととした。夕方、オペラ「売られた花嫁」を一緒に見て24時15分発の列車でMuenchenに向かう。

Marios

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
車の歴史


閑話休題。今までに乗ってきた車を備忘録として書いておきます。写真は2000年から乗っていたVWビートル同型と現在のコルト。黄色が好きなんです。

1970年頃:ホンダN360(弟が屋根にユニオンジャックを描いた)
1973年頃:ブルーバードU
1976年:ホンダアコード(入社して買った。西ドイツ赴任時に廃車)
1985年:ベンツ280TE(赴任先の西ドイツで買った。帰国時に後任に譲る)
1987年頃:VWゴルフ(家内用のボロ車。帰国時に廃車)
1991年:ホンダシビック(帰任して買った。1998年以降母親の車となる)
1998年:オールズモービル(赴任先の米国で前任者からいただく。確定申告用に寄付)
1998年:ボルボ240ワゴン(前任者から買う。スバルの下取りとする)
1998年:スバルアウトバック(3年リースで購入。家内用。帰国時に隣家に譲る)
1999年:三菱パジェロ(会社の友人から買う。ビートルの下取りとする)
2000年:VWビートルターボ(小生用。帰国以降娘用。その後友人に譲る)
2001年頃:VWゴルフIII(娘の大学通学用。帰国時に販売)
2003年:ローバーミニクーパ40周年モデル(パワステ付ける。コルトの下取り)
2005年:三菱コルトバージョンR

これから何年乗れるのか。希望はオープントップの2シーターですが、簡単ではないでしょうね。

黄色い車

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
1972年世界一周旅行 (36) 再びイタリアへ


アテネから引き返して海路イタリアへ渡りナポリなどを楽しみました。それにしても毎食パスタだったようで、若くなければできない旅です。以下は日記の要約です。

1972年11月11日(土)    第一回近代オリンピックが開催された競技場を見て14時過ぎの列車でパトラスへ向かう。船は22時にBrindisiに向けて出港。すぐにシャワーと洗濯。

1972年11月12日(日)    夕方Brindisiに着いて、ピザとスパゲッティを食べ、22時発のナポリ行きの列車に乗る。故障で電燈が消えず参った。

1972年11月13日(月)    朝7時にナポリ着。荷物を預けてカプリ島見物。ソレントへ戻って探した安ホテルで山田がお湯を使いきってしまってシャワーを浴びられず。

乗船券

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
1972年世界一周旅行 (35) ギリシャへ


ウィーンからイタリア経由でギリシャへ。北欧で一緒だった酒元君とブリンディシという港街の駅の待合室でばったり出会い、彼とはその後スペインでも再会し、更には米国でお世話になるなど、現在も付き合いが続いています。以下は日記の要約です。

1972年11月7日(火)    7時40分にBrindisi着。駅で(Stockholmで一緒だった)酒元君に偶然再会する。酒元君を誘ってギリシャ行きの船に乗る。20時出港でリクライニングシート2つを占有して熟睡。

1972年11月8日(水)    鏡のような海を一路ギリシャへ。パトラス港に17時前に到着。高い(105ドラクマ)バスを見送って安い鉄道(43ドラクマ)でアテネに向かう。コリント運河を越えて22時過ぎにアテネ着。トロリーバスでYHに。

1972年11月9日(木)    3日連続車中泊で疲れたのかYHの管理人に起こされるまで寝ている。パルテノン見物後、JALへ行ったり日本人と話したりして21時半ごろYHに戻ると山田が到着していた。夜中までシシカバブとビール。

1972年11月10日(金)    シンタグマ広場のJALの前で山田と待ち合わせ博物館見学。

酒元君

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
1972年世界一周旅行 (34) Wienを楽しむ


日記を見ると行った先々で日本人やら外国人の友人が出てきますが、今となっては顔を思い出すこともできません。その一人がウィーンで出会った女性。マフラーを編んでもらい、帰国後も何回か会う機会があったのですが、残念なことに名前も覚えていません。以下は日記の要約です。

1972年11月4日(土)    パリに似た街を歩いて国立博物館へ向かう。夕方オペラ座で並んでいたら日本人の女の子にマフラーを編んでもらうこととなり、そのお返しにイタリアでスパゲッティを作る道具を買うこととなる。写真は天井桟敷の立ち見席のチケットで、出し物はリゴレット。幕間のブユッフェで正装の紳士淑女に囲まれジーンズ姿として恥ずかしい思いをする。オペラが終わってから近くの喫茶店で持参したNikonの一眼レフを売る。

1972年11月5日(日)    昨夜の彼女から弁当(おにぎり4個、リンゴ、ピーナッツ、キュウリ、セロリ、割箸にハンカチ)をもらい12時30分発のローマ行きに乗る。途中ベニスで車輛の交換があり木の椅子となる。

1972年11月6日(月)    8時にローマ着。荷物を預けてバチカンへ。美術館などを見て、前に行ったレストランMario'sで昼食。夜21時38分発の列車で長靴の踵にあたるBrindisiへ向かう。

入場券

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Profile + Power Search

Search

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode