Page: 2/69  << >>
孫用汁椀拭漆完了

 

昨年の拭漆講座の際に講師のFさんから手に入れたトチの汁椀、ようやく拭漆が完了しました。右は小3の晴君用、幼稚園年中のすずちゃん用の左側はスオウで草木染したのでやや赤みがかっています。

 

さて、先日試作した木皿について注文主全員がオイル仕上げではなく拭漆仕上げを選びましたが、人生初となる漆器を手にする晴君とすずちゃんも漆ファンになってくれるだろうか。

 

孫用汁椀

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:24 | comments(0) | - | pookmark |
コナラ三兄弟に拭漆

 

拭漆講座に向けてホローイング・ツールで作ったコナラの器がいつのまにか三兄弟になっていて、年が改まってからようやく拭漆できました。見つかった課題は、内側の削りが甘く凸凹、肉厚だし、木地の色が目立つので何か対応が必要だということ。更に、内側を漆などで保護しないと使途が制限されるということなど、今回は色々なことを発見中です。

 

コナラ三兄弟

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:20 | comments(0) | - | pookmark |
クリスマス・ツリー用パイプの継手 その後

 

年末以外はクリスマス・ツリーを買い物袋に仕舞いこんでいたのですが、家内から袋を返して欲しいと言われ、昔手に入れたバッグに入れ替えました。このバッグ、1980年代後半に赴任先のドイツから米国に出張した際に手に入れたと思われますが、詳細は忘却の彼方。メーカーは米国 Marley Hodgson 社、モデル名は The Original Ghurka Bag No.221 。肩掛けベルトがついておらず高齢者には使いにくいということで断捨離されかけましたが、ツリーのお蔭で第二の人生が始まりました。

 

懐かしのバッグ

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:24 | comments(0) | - | pookmark |
地域住民の居場所プロジェクト (13) 年末年始は拭漆

 

年末に加工した木皿の半分を拭漆に、残りをオイル仕上げとしたものが完成。左側がケヤキ、右下からペアーでナラ、イタヤカエデ、ナラ、ケヤキと樹種によって表情が大きく違います。個人的にはケヤキのように木目がはっきりしたものが好きですが、注文主たちはどれを選ぶのだろうか、1月26日(日)のスナックMeetsが楽しみです。

 

完成

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:19 | comments(0) | - | pookmark |
クリスマス・ツリー用パイプの継手

 

2年前に作ったクリスマス・ツリーには時々利用者が現れて、昨年末は三ツ沢公園でのキャンドル・ナイトの受付に飾られました。有難いことです。

 

ツリーの芯棒となるアルミ・パイプの長さは70cm近くあり仕舞っておくのに場所を取るので、パイプを半分に切り、外径9mm、内径8mmのパイプに合うM4ボルトとナットを使って継ぎ手を作りました。接着剤が乾けば省スペース作業完了です。

 

継手

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:27 | comments(0) | - | pookmark |
地域住民の居場所プロジェクト (12) 木皿大量注文

 

12月のスナックMeetsのお客様の中で、利き酒セット用に作った木皿を気に入ってくれた美女たちから纏まった数の注文をいただいたので、ケヤキ、ナラ、イタヤカエデの端材を使いサイズを変えた試作品を製作中です。

 

丸い窪みの底のサンディング用にAmazonで注文したら2日後には到着した直径1インチのサンダー(サンドペーパが100枚ついて1189円)が使える道具であることを経験して喜んでいたら、到着まで時間はかかるものの、例のAliExpressでは400円程で買えることを知り、改めて中国のパワーに脱帽です。半分を拭漆、残りをオイル仕上げにしてみます。

 

試作中

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:27 | comments(0) | - | pookmark |
植木鉢台改善プロジェクト (3) 完成

 

植木鉢台を年末になってようやく交換できました。2009年に生まれて2019年に第二の人生が始まった「自在椅子」、どこまで活躍してくれるでしょうか。この写真を撮りながら、植木鉢台の後ろの窓と網戸の水洗いが済んでいないことに気がついたので、もうひと踏ん張りします。

 

完成

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:25 | comments(0) | - | pookmark |
木臼の修理

 

今年5月頃までお世話になった「あらく農園」で今も活躍を続ける「おかってクラブ」の面々との忘年会で、最近手に入れた木臼の底に穴があいたので修理して欲しいとの依頼があり、木遊びに運んで修理開始。

 

保管状態が良かったのか、ケヤキは相当に固く60mmのフォスナービットの刃が中々立たず、ようやく深さ2cmほどの丸穴をあけ、木工旋盤で作ったケヤキの丸棒を差し込んで修理完了。木臼がグラグラするという話も聞いたので、裏側にこれまたケヤキで作った脚を3個取付けたらグラつきはなくなりました。後は、餅つきの最中に丸棒が取れないことを祈ります。

 

木臼にできた穴

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
植木鉢台改善プロジェクト (2) これが材料

 

植木鉢を乗せる台として10年前の夏に作った「自在椅子」が使えないかと、木遊びで埃をかぶっていたものをわが家に持ち帰ってきました。

 

この椅子兼テーブル、当時のNHKの番組だった「すまい自分流」の「DIYで作るマイ椅子部門」で大賞を受賞したものの、わが家の庭、木遊びと転々と冷遇され、今回久しぶりに日の目を見るという悲劇の主人公のようなもの。背の低い縁台として組立てれば植木鉢を乗せられるかなと考えた次第です。どうなりますか。

 

組立式テーブル

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
植木鉢台改善プロジェクト (1) これが現状

 

多分20年近く前から植木鉢を乗せていたSPFの2x12材が疲れてきたので、取り換えるプロジェクトを始めます。今年初めにご報告した縁台計画もあるにはあるのですが、そちらは気力が充実せずなかなか進みません。

 

これを交換

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
保育園プロジェクト2019 (20) 椅子を試作中

 

2019年春に続いて2020年春の卒園式でも園児たちに椅子をプレゼントすることとなり、楔に代えて今回はボルトで部材を止める形で試作中です。ステンレスのボルトに少々違和感あり、真鍮にしてはどうか(でも真鍮は高い)、更には金属を見せないようにできないかなど、試作品を前に高齢者として思案中なのであります。

 

試作中

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
保育園プロジェクト2019 (19) 再びクリスマス・ツリー飾り作り

 

出前木遊びの12月をどうするか保育園と打合せた結果、昨年作った大きなクリスマス・ツリーの飾りを今年の園児たちにも作ってもらうこととなり、昨年のブナから今年はケヤキに変更して作り始めました。四角、三角、丸各25個、全部で75個ともなると、半日ではできあがりません。

 

飾り作り開始

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
手摺りプロジェクト (2) 設計図

 

U字型の階段の展開図に手摺りの位置を書き込んでみたところ、64cmから173cmの手摺り5本が必要で、手摺り受けは10〜11個用意することが分かりました。手摺り受けは壁の裏にある間柱に合わせて幅を狭くすることとなり、また様々な傾斜角度を持つ手摺りをどうやって受けるのか、詳細設計が楽しみです。

 

設計図

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
保育園プロジェクト2019 (18) 椅子2019 テンプレート作り

 

今年3月に続いて来春の卒園式に向けて再び椅子を作ることになりました。今春の椅子は楔で部材を固定しましたが、楔と穴の大きさを揃えるのが難しく、また今回は15脚の大量生産となるので、部材同士を鬼目ナットとボルトで固定してはどうかと考え、その設変のため加工用テンプレートを作り直しています。杉の集成材からステンレス・ボルトが頭を出すのが可愛らしいと期待しますが、先ずは試作してみて最終判断することにします。

 

テンプレート

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
地域住民の居場所プロジェクト (11) 小看板をもう一丁

 

東白楽駅前のバー「醇」で打合せた時に、別のグループから頼まれた小看板ができあがりました。「メディカル カフェ」は全国150か所以上で開催され、HPには「生きることの根源的な意味を考えようとする患者と、がんの発生と成長に哲学的な意味を見出そうとする人との対話の場である」とありました。「多くの患者たちの気持ちを軽くして差し上げる場(同HP)」となることを期待します。

 

完成

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

Profile + Power Search

Search

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode