Page: 2/183  << >>
退任展

 

弟が来春芸大を退任するにあたり以下の要領で退任展が開催されます。1989年からの多摩美時代、2015年からの芸大時代のいろいろな試みをまとめて見ることができそうで、楽しみ。

 

日時:2018年10月4日(木)〜10月9日(火)、午前10時〜午後6時

場所:東京芸大 大学美術館 陳列館

住所:〒110-8714 東京都台東区上野公園 12-8

 

退任展

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
同期会2018夏

 

学生時代の悪友7名の内、目まいの1人を除いた6人が今回は野毛の中華料理屋に集合し恒例となった昼の宴会。小生は生ビール2杯でしたが、山のような上海料理を平らげ紹興酒2本を空けるなど、皆まだまだ元気でした。

 

ただ、依然として現役の2人以外は時間を持て余しているようで、毎日読書なので書籍代がかさむという仁、ゴルフに明け暮れる仁、夫婦で旅行三昧など、暇つぶしの形は多様です。旅行三昧組からオーストリアの岩塩とラオスのラム酒をお土産にいただきました。みんな、暇つぶし頑張ろう。

 

お土産


(この他の記事はこちらから検索できます)

 

 

| すうさん | 08:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
小さな列車2018 (5) 箱根登山鉄道モハ1形 設計変更

 

Nゲージのパンタグラフなら安いし「小さな列車」に使えるかもしれないという情報を学生時代の友人から教えてもらったので、彼と別れて早速横浜駅西口の鉄道模型専門店 Models IMON へ。ありました、ありました、いろいろなパンタグラフやビューゲルが。現物を見せてもらったのですが、どのパンタグラフがモハ1形に最適なのか判断できず、近い内に列車を持って再訪することとしました。

 

という訳で、塗装を始めたモハ1形でしたが、屋根の上の放熱器を鑿で取外し、パンタグラフに合わせ放熱器を小さくすることとしたので、塗装は暫し中断です。念願のパンタグラフを乗せた列車たちは、どんな表情を見せてくれるのだろうか。

 

設計変更

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Greenwood Turning 2018 (12) 続いてぐい飲み

 

9月初めの拭漆講座で使う木地として、4か月前に角材にしたコナラからぐい飲みを作り始めました。丸太のまま放置しておいたものは白太部分が腐朽菌にやられてボソボソになってしまいましたが、早めに角材にしたものには腐朽菌がつかず、白太と赤身のナラらしいぐい飲みができそうです。

 

ぐい飲み

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
MMC (45) 「あかつき デイサービス 横浜北」で歌う

 

母がお世話になっている「あかつき デイサービス 横浜北」から演奏の依頼があり、彼らの夏祭りで歌ってきました。場所は都筑区。民家を利用したこじんまりした建物で、演奏は4名。ギター2台、キーボード、エアロフォンとマイク3本、加え歌詞カード映写用のパソコンと新調したプロジェクター。全て電気仕掛けで、停電の場合はどうするのでしょうか。

 

さて、集まったのはデイサービスのお年寄、スタッフ、スタッフの子供達合計30名ほど。子供向けに「ドラえもんの歌」「となりのトトロ」「南の島のハメハメハ大王」「サザエさん」を準備、お年寄には1960年代、70年代の曲を演奏しましたが、広い年齢向けの演奏会の難しさを学びました。この歳になって新しいことを経験できるのは素晴らしいことです。

 

混線


(この他の記事はこちらから検索できます)

 

| すうさん | 08:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Greenwood Turning 2018 (11) 器になります

 

半割した丸太を挽き始めてみたものの小さなひび割れがあちこちで現れ、結局は予定していたものよりかなり小さめの、直径24cm、高さ6cmほどの器になりつつあります。生木を伐採直後に挽けば器にした後のひび割れが、また丸太のまま置いておけば丸太そのものにひび割れが生じる訳で、Greenwood Turningは難しい。

 

略完成

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
保育園プロジェクト (15) 街作り 8月

 

近くの保育園への出前木遊びの8月は、7月に塗装した3x6の集成材の「土地」に乗せる家、列車、自動車、船などの塗装。子供達の色遣いはものすごく大胆で、10輌編成の列車がこんな感じになりました。

 

さて、「君の列車は何」と聞いた男の子から返ってきた「かがやき E7系」が分からなくて、その場でスマホで調べたら北陸新幹線と判明。5歳児の常識を知らなかったと、普通列車にしか乗らない高齢者乗り鉄としては少し落ち込んだ次第。

 

塗装中

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
昭和24年生まれ その5 完成

 

集成材にクルミ・オイルを塗り、錆を落とした黄銅貨3種類をはめ込んで完成ですが、面白い作品ではないですな。これを家内に見てもらったところ「1949年生まれ、2018年没という意味かしら」と言われ、愛犬ケビンの墓標を連想してドキリとしました。そうならないよう気をつけます。

 

昭和24年記念プレート

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
マホガニー

 

木遊びメンバーのKさん、年老いてもなお好奇心が強いお方のようで、知人の事務所で見かけたハワイのお土産、長さ60cm以上の丸木舟に大いに感激され、新木場の「もくもく」で早速手に入れたマホガニーの角材をくり抜いて丸木舟を作るのだと、角材を加工しているところに小生が通りかかってしまったのです。

 

マホガニーといえば世界三大銘木(ウォールナット、チーク、マホガニー)の一つで、見たことも触ったこともなかったので、衝動的にその内の1本、51x12x6cmほどを譲っていただくことになりましたが、その後、ハワイのお土産屋のHPを見たところ、Kさんが見たであろう丸木舟はKoa(コア)と呼ばれる木でできていて、マホガニーではないことが分かりました。しかしながら初めて手にしたマホガニーを前に心ときめく小生としては、何か素晴らしいものを作れそうでシアワセなのであります。

 

マホガニー

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
名作

 

よく喋るし昼間はお姉さんパンツへと成長し一人でトイレに行けるし、将来が楽しみな3歳5か月の孫娘「すずちゃん」、夏休みの数日わが家に逗留してお帰りになったと思ったら、こんなランチョンマットが残されていました。3歳児のいたずら書きとは思えないような出来栄えで、油絵を愛した小生の父親の血を受け継いでいるのかもしれません。

 

すずちゃん作

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Greenwood Turning 2018 (10) 久しぶりの旋盤

 

春にいただいたコナラの丸太2本目の半分で作った器にはひび割れが入ってしまいましたが、それから3か月、ビニール袋をかぶせていたために木口がカビに覆われていた3本目を割ってみました。致命的な割れはなさそうなので、ボソボソになっていた白太部分を切り取って直径27cmほどの器を目指します。今回は「薄さ」に挑戦してみたく、乞うご期待。

 

次なる丸太

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
野菜販売用値札改良

 

2016年春に始めた地域の野菜販売会は今も続いていて、8月を除く毎月第三金曜日、三ツ沢南町会館前で開催しています。野菜の名前と売値をチョークで書く値札が足りなくなり追加制作することになったので、値札をコンテナーに取り付けられるようクリップを付けてみました。9月の販売会でデビューです。

 

値札追加制作

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
昭和24年生まれ その4 錆落とし

 

黄銅貨の家作りが進みつつあるので、そろそろ黄銅貨の錆を落とそうと、先ずはピカール(希塩酸)に漬け、更にクレンザーで磨いてみました。結果はこんなもので、小さな錆や溝の中の汚れは落ちそうもありません。左から無孔5円黄銅貨、有孔5円黄銅貨、1円黄銅貨と全て昭和24年(1949年)生まれ、来年には古希となる面々です。

 

錆落とし

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
小さな列車2018 (5) 箱根登山鉄道モハ1形 続いて塗装

 

この列車の特徴は屋根の上にありと考え、アルミパイプの中に木工パテを詰め込んだ前照灯を作ってみました。前照灯は直径0.8mmの真鍮棒で屋根に固定するという仕掛けで、芸が細かいですな。

 

これから塗装

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
青春18きっぷで第2回九州散策 (1) こんな感じ

 

8月末から6日間の乗り鉄の旅、今回は2017年3月に続く九州。広島まで飛んで、あき亀山まで延伸された可部線、JR唯一の航路である宮島連絡船、小野田線を制覇しながら九州に入り、今回で中国と九州のJR完乗かと思われたのですが、被災中の以下路線の一部がバス代行となり、「第3回」がいずれ必要となります。

 

・ 豊肥本線 宮地 - 肥後大津間:2016年4月の熊本地震で被災、現時点ではバス代行

・ 久大本線:2017年7月九州北部豪雨での橋梁流失を乗り越え2018年7月14日に全線復旧

・ 日田彦山線 添田 - 夜明間:同上豪雨で被災、現時点ではバス代行

・ 筑豊本線 桂川 - 原田間:2018年7月豪雨で被災、現時点ではバス代行

 

九州での初乗りは北から順に、日田彦山線、後藤寺線、筑豊本線、篠栗線、香椎線、筑肥線の山本 - 伊万里間、久大本線、筑肥本線の大分 - 阿蘇間、吉都線。この機会に三セクの松浦鉄道、くま川鉄道にも挑戦してきます。

 

なお、JR九州の社長は、盛土流失やトンネルへの土砂流入など63か所で被害を受けた赤字ローカル線日田彦山線について、「今回のような大きな災害があった場合、ゼロから鉄道を造るようなもの。今の客数で鉄道、バス、タクシー、どれが良いのかといった議論が始まると思う」との見解を示したそうなので、添田 - 夜明間は廃線となる可能性もあります。

 

九州

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
保育園プロジェクト (14) 家作り

 

列車作りに続いては家作り。平屋、二階建て、集合住宅などを2x4から切り出したところで、これ以上の細工は保育園で園児たちの好きなようにしてもらいます。軒数が多いので、サンディングと塗装は1時間で終わらないかもしれません。

 

家作り

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
昭和24年生まれ その3 設計変更

 

1円黄銅貨の場所が確保できなかった前作から大胆に設計変更し、IKEAの集成材に「1949」の溝を彫り、「9」に作った穴に5円黄銅貨を2種類、後ろの穴に1円黄銅貨を挿すことにしました。裏返すと「2018」が現れるのですが、こちらの数字はやや不細工。完成次第、裏側をお見せします。

 

設計変更

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
曲木に挑戦 (3) 曲木その1

 

最初の曲木は1.5x2cmほどのケヤキの角材。30分程蒸し、帯鉄を添えて型(フォーマー、formerと呼ぶそうな)にあて、力を入れて帯鉄の両端を引き寄せると材が型に沿って曲がりました。予想していたよりも簡単。続いて同サイズのナラも問題なく曲がりましたが、針葉樹のヒノキは内側が座屈してしまい失敗と曲木には向き不向きがありそう。曲木その2で挑戦したいことは次のとおり。

 

1. 太い角材を曲げる:そのためには材の1辺よりも背の高い型が必要。

  また長時間蒸す必要もある。

2. 丸棒を曲げる:今回丸棒の片方が帯鉄から外れ、外側に割れが入って

  しまいました。次回は外れないように。

3. 大きな型作り:型から外れた部分の曲がりは予期できないため、十分に

  大きな型を準備する必要がある(型からはみ出た材は切ればよい)。

4. 蒸す前に水に浸ける:曲木の成否は材木中の含水率が関係するようで、

  次回は水に浸けた材を曲げてみます。

5. 帯鉄の改良:曲木の長さに応じて帯鉄の長さを変える必要があり、その

  ために帯鉄の持ち手部分を移動可能にすることで様々な長さの曲木に

  対応できるようにする。

 

曲木その1

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
MMC (44) プロジェクターを奢りました

 

演奏会では、歌詞を紙で配らず、プロジェクターでスクリーンや壁などに映すのがMMCの作法ですが、プロジェクターを地域ケアプラザあるいは区役所から借りるのが面倒なので、廉価版を手に入れました。これで機動性はグンと高まるでしょうが、演奏力と歌唱力は簡単には手に入れられないようです。

 

プロジェクター

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
昭和24年生まれ その2 こんな方向で

 

手に入れた昭和24年(1949年)製黄銅貨を飾る方法を考えた末に、「1949」と切り出した薄板に硬貨を挟んではどうかと作り始めました。5円黄銅貨は「9」の上の丸の中に飾れるのですが、1円黄銅貨の場所が見つからず、もう少し考えます。

 

5円用

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Profile + Power Search

Search

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode