Page: 2/217  << >>
ターニング・ツール2020 (13) Segmented Project Phase 4 12角形

 

8角形は最終版とはならず、続いて12角形に挑戦。台形にした12枚の板を接着剤で貼りつけたところですが、板と板の間の隙間をなくすためにベルト・サンダが活躍してくれました。

 

さて、ぐい飲みの口径が決まれば台形の上底と下底は三角関数計算で求められるのですが、接着し終わって測ったところ、大きすぎと分かりました。ということは大き目のぐい飲みができあがることになりますが、どうして大きすぎたんだろうか。

 

接着完了

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:24 | comments(0) | - | pookmark |
バスチー

 

第三京浜都筑インターを降りたところにあるローソンでアイス・カフェラテを手に入れて木遊びに向かうのが暑い時期の習慣で、長い間カフェラテに連れ添ってきたアップルパイがいるにも拘わらず「バスチー(スペインのバスク地方風チーズケーキ)」に出会ってしまったのです。50年ほど前に友人の母上が作ってくれた極上のレア・チーズケーキを思い出しつつ、酸味が足りないのがやや残念ではあるものの、〆て385円の10時のお茶を楽しんでいます。

 

バスチー

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:26 | comments(0) | - | pookmark |
植木鉢塗装と花名板

 

最近は新型コロナの影響で家にいることが多くなり、今回は家内から頼まれて植木鉢の再塗装と花名板作り。花名部分に色をつけるかどうか迷いましたが、トリマーで彫った溝には着色せず、上から耐候性塗料のSikkensを塗ったところ渋い感じに仕上がりました。

 

植木鉢を塗装

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:27 | comments(0) | - | pookmark |
ターニング・ツール2020 (12) Segmented Project Phase 3 完成

 

8枚の板を接着したものから旋盤で掘り出したのがこれ。底の穴はトチの薄板で蓋をし、木固めエースとクルミ・オイルで仕上げました。8枚構成が最終版と考えていたのですが、この勢いで12枚構成にも挑戦します。乞う、ご期待。

 

完成

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:22 | comments(0) | - | pookmark |
World Snooker Championship, 1985

 

木遊びでの高齢者による昔話にビリヤードが出てきたものの小生経験なく会話に参加できず、代わりに1985年英国出張時の出来事を思い出しました。ロンドン支店(当時)へのコンピュータ・システムの導入を終え、帰国数日前に仲間の出張者と飲んで、地下鉄Circle LineのSouth Kensington駅近くの安ホテルに戻って一人で見たのか、仲間と見たのか、35フレームの内18フレームを取れば優勝という決勝戦が17対17まで進み、最後のフレームの最後の黒球をポケットに入れ66対62でDennis Taylor(写真右)が逆転勝利したのです。

 

YouTubeで見つけたTV番組の試合後のインタビューで、1981年、83年、84年のWorld Snooker Championship優勝者にしてその後も87年、88年、89年と優勝した王者Steve Davis(写真中央)の苦虫を噛み潰したような顔の隣でDennis Taylorが「I am the best, this year!」と叫び(今年だけは優勝させてもらったぞといったところ)、その後の賞金とトロフィー授与では優勝者に贈られる6万ポンドの小切手についてインタビューアが「A little bit of money.」といったように(当時のレートが300円ほどだったので1800万円、今のお金なら2000万円といったところ)、お金よりも名誉が大切といった英国らしい戦いを見た気がしました。

 

ネットで調べると、この決勝戦がTV放映されたのは1985年4月28日(日)の夜、ということは英国出張から戻り1か月も経たない5月末に今度は西ドイツに赴任した訳で、若かったなぁ。

 

1985 World Snooker Championship

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:30 | comments(0) | - | pookmark |
カレンダー (1) 始まり

 

木遊びの新メンバーから、アンティーク店で手に入れたカレンダーを参考に自分で作ってみたいと相談があり、検討開始しました。このオランダ製と思われるカレンダーは、薄板の裏と表に、最初の日付の位置、1列目なのか2列目なのかを書き分けています(写真の6月の場合、最上段の板の7日は2列目で、裏側には7日が1列目に書かれている)。この方法だと各月の最後の日付がいつも31日となることが要改善点で(カレンダー上部の「JUNI 30」の「30」が最終日を示しているようです)、いろいろと考えたのですが上手いアイデアは浮かばず、それならば作りながら考えようと、新たな暇つぶしを始めました。

 

カレンダー

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:26 | comments(0) | - | pookmark |
パンのアウトレット

 

強力粉を手に入れられなくなったことをきっかけに、近くにできたパンのアウトレット店「BREAD BOX」に食パンなどを仕入に出かけることが多くなりました。サンジェルマンというパン屋が売れ残ったパンをここで売っていますが、賞味期限前のパンばかりなので問題は無く、これだけ買って530円というのは驚き。自宅でパンを焼かなくなるかもしれません。

 

BREAD BOX

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:25 | comments(0) | - | pookmark |
ターニング・ツール2020 (11) Segmented Project Phase 3 8角形

 

寄木の最終版もウォールナットとブナで、ぐい飲み外側の縞の幅を同じにするために台形に加工した棒を8本接着したところです。多角形はクランプで押さえにくく、今回は紐で締めつけたものの隙間が少々できた模様で、加工中に壊れないことを祈ります。

 

最終回

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:28 | comments(0) | - | pookmark |
久しぶりの果物 (19) ブドウの果梗改善

 

ブドウの果梗は真鍮と決めているため、部材調達と加工はなかなか大変。写真中央は直径5mmの真鍮丸棒に挿すM6の真鍮ナット、そこに挿した3mmの丸棒には直径10mmの丸棒から切り出した円盤をはめ、円盤にあけた直径2mmの穴に真鍮丸棒を挿し、その先端にブドウの実を取りつけるという構造で、いずれも「メタルロック」なる強力接着剤で固定しています。実のつき方が自然に見えるよう丸棒の長さを調整したり、ここに至るまでにかなり時間がかかりましたが、完成までもう一息です。

 

果梗制作中

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:29 | comments(0) | - | pookmark |
滑るもんで

 

新しいコルト君のハンドルが滑るのでテニス・ラケット用のグリップ・テープを巻いてみました。車体の色に合わせて赤を注文したのですが少々色違いで、巻いて見ると高齢者としてはやや恥ずかしい感じ。黒にすればよかったかなぁ。

 

巻いてみました

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:22 | comments(0) | - | pookmark |
ターニング・ツール2020 (10) Segmented Project Phase 2完成

 

Phase 2として準備した寄木のブロックからぐい飲みを作りました。右側がPhase 1、左側がPhase 2。Phase 2はゴチャゴチャし過ぎと感じるので、スッキリしたデザインのPhase 3に挑戦しますが、それで今回のSegmented Projectがお開きとなるかどうか。

 

Phase 2完成

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:30 | comments(0) | - | pookmark |
ルバーブ・ジャム

 

路地奥に生えているルバーブの葉が大きくなったので収穫し、家内が孫娘のすずちゃん(5歳)と一緒に大瓶1瓶と小瓶3瓶のジャムを作ってくれました。茎は1kg、それに対して砂糖300gとレモンの絞り汁をスプーン5杯加えて、あとは煮るだけ。持参のエプロンをしたすずちゃんは茎を刻む際に包丁で指先を切ってしまったそうで、貴重な体験と勉強になったようです。これで暫くは朝食でルバーム・ジャムを楽しめます。いただきます。

 

ルバーブ

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:26 | comments(0) | - | pookmark |
河津桜2020 (5) スープ・カップに挑戦

 

オンラインスナック仲間からスープ・カップが欲しいのだけれどと相談があり、河津桜で作り始めました。直径13cm、高さ5cmほど。依頼者の希望は持ち手つきですが、カップの薄い壁にどうやって持ち手をつけるのかが難問です。持ち手無しなら、乾かして拭漆で完成なのですが。

 

スープ・カップ

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:34 | comments(0) | - | pookmark |
久しぶりの果物 (18) ブドウ完成間際の設変

 

組立終わった果梗にケヤキで作った実を取り付け、じっくり観察すると、特に上の方の実の付き方が不自然に感じられて、設計変更已む無し。そもそも果梗はどのような構造になっているのか、基本的な部分から改めて観察しなくては先に進めません。自然は複雑だ。

 

完成間際

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:26 | comments(0) | - | pookmark |
ターニング・ツール2020 (9) Segmented Project Phase 2

 

寄木のパターンに変化をつけてみようとPhase 2を始めてみたものの、考えるのと作るのは大違いで、構想した形にするまでかなり時間がかかることが判明。例えば手前のパターンでは、先ず1辺4cmほどの板11枚を白黒交互に重ねて接着、できあがった角材の2面を整形し接着、更に接着できた角材を再び整形して接着。各工程で1日待たなくては接着剤が固まらないので都合4日かかりました。後は旋盤で丸棒にしてトリマーで見込みを掘り下げますが、どんなぐい飲みが出現するのか、楽しみです。

 

接着完了

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:25 | comments(0) | - | pookmark |
グラインダーの砥石新調

 

ターニング・ツール用6インチ・グラインダーでは粒度60のWA砥石と粒度80のSG砥石(写真左側)を使ってきましたが、WA砥石に引退してもらい粒度80のSG砥石を新調しました(写真右側)。厚い砥石に見えますが、実は厚さ13mmを2枚合わることで大幅にコスト削減できた次第。砥石の幅が26mmと広がったので砥ぎやすくなるでしょう。

 

砥石新調

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:26 | comments(0) | - | pookmark |
居間のカーテンを新調

 

1985年春に住み始めたわが家は築35年。新築した時から使っている居間のカーテンに綻びが目立つようになったので小窓のカーテンを新調しました。併せて椅子のカバーをカーテンと同じ生地で家内が作ってくれたので、居間の雰囲気がガラリと変わりました。

 

さて、35年前のカーテンは横浜高島屋で作ってもらったスイスのフィスバ社(Christian Fischbacherなのでフィッシュバッハあるいはフィッシュバと呼んだ方が良さそうですが)のもので、今回のカーテンは新横浜駅近くのニトリ。35年間で買い物スタイルが大きく変わったものです。

 

カーテン新調

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:25 | comments(0) | - | pookmark |
ターニング・ツール2020 (8) Segmented Project #4完成

 

拭漆とすると色合いがガラリと変わってしまうため「木固めエース」というウレタン塗装をして、その上からクルミ・オイルを塗って完成です。箱根細工の寄木で使われる模様はゴチャゴチャしていて五月蝿いと感じるので、小生としてはシンプルな寄木を追求しつつ、暫くはSegmented Project三昧してみます。

 

完成

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:24 | comments(0) | - | pookmark |
COVID-19点描 (15) 行動変容2020

 

COVID-19の感染拡大を防ぐために、手洗い、マスク、三密回避を中心とする「行動変容」が求められていて、小生の場合は格安切符による列車旅も自粛中です。加えて7月からレジ袋が有料化されるとのことで、今後は折り畳み可能な買い物袋をポケットに忍ばせて外出することが「行動変更」に加わります。でも慣れればそれほど大変ではなさそう。

 

レジ袋有料化

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:27 | comments(0) | - | pookmark |
久しぶりの果物 (17) ブドウの果梗作り

 

教えてもらったロウ付けに挑戦すること数回、ロウ付けした場所の隣でロウ付けを始めると元の場所のロウが溶けてしまうことを防ぎきれず、結局は断念しました。

 

となれば接着するしかないということで、真鍮製のナットをAliExpressで取り寄せ、適当な場所に穴をあけ、瞬間接着剤で仮組立したのがこれ。果梗の先端にブドウの実を取りつけ、ナットの位置を調整するのに半日かかるという「立派な暇つぶし」に成長してくれました。

 

仮組立

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:31 | comments(0) | - | pookmark |

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Profile + Power Search

Search

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode