Page: 1/23   >>
超大陸 その2 パンゲア

 

地球誕生以来の超大陸の変遷の中で、5億年前まで存在したパノティア超大陸については「いつ存在したどの大陸を指すのか、研究者間で統一見解はない(Wikipedia)」とのことなので、次なる関心は2億5千万年前ごろ存在したパンゲア超大陸。

 

パンゲア超大陸を現在の国ごとに色分けしたこの地図を見ると、北側にユーラシア大陸、西側には南北アメリカ大陸、その東側にはアフリカ大陸の存在が確認できます。更に、地図上部の赤丸で囲んだ部分は日本、右下の白は南極、黄色はオーストラリア、薄赤はインド、薄緑はチベットの2億5千万年前の所在地であったことが分かり、この状態から現在に至る大陸の動きを想像するだけでワクワクします。

 

パンゲア超大陸

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:28 | comments(0) | - | pookmark |
超大陸 その1 変遷

 

半径6370kmほどの地球は、半径1300kmほどの個体金属の内核、厚さ2200kmほどの液体金属の外核、それを取り巻く厚さ2800kmほどのマントル、厚さ70kmほどの地殻で構成されています。地殻はいくつかのプレート(日本列島付近では太平洋プレート、フィリピン海プレート、北アメリカプレート、ユーラシアプレートの4枚のプレートがぶつかり合っている)と呼ばれる板に分かれていて、対流するマントルに乗るプレートはマントルの動きに応じて移動している訳です。

 

地球誕生以来のプレートの離合集散の結果誕生した超大陸(いくつかの大陸が集まってできあがった大陸)の変遷を表したのがWikipediaから拝借したこの図であり、30億年前にはバールバラ超大陸が形成されたという仮説から始まって、10億年前にはロディニア超大陸が、5億5千万年前にはパノティア超大陸が、3億年前にはパンゲア超大陸が、2億年前にはローラシア・ゴンドワナ超大陸が生まれたことを表しています。

 

しかしながら、Wikipediaによれば「5億年前、三葉虫、ウミユリ、アノマロカリスなど骨格をもつ無脊椎動物が大発生した古生代カンブリア紀に存在したとされるパノティア超大陸以前の大陸移動の様子について研究者の間で意見の一致をみておらず、パノティア超大陸についても、いつ存在したどの大陸を指すのか統一見解はない」とのこと。当然のことながら、2000万年前にアジア大陸から分かれ始めた日本列島がパノティア超大陸のどこにあったのか、5億年以上は遡れません。日本で見つかった最古の化石も大体5億年前だそうで、そのころの日本列島は海の中だったんでしょう。

 

超大陸の変遷

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:30 | comments(0) | - | pookmark |
2020年十大プロジェクト

 

明けましておめでとうございます。「行く場所があって、やることがあって、人に感謝されることは素晴らしいことだ」と昨年書きましたが、今年も同じ気持ちで「暇つぶし」に邁進します。

 

さて、昨年は家内の体調が優れないこともあり年後半の列車旅はお預けでしたが、今年は春休みの再開が期待できそうで、それも含めて2020年の十大プロジェクトを選んでみました。

 

1. 家内の病気平癒支援

2. 柔軟体操、筋力アップ体操などによる腰痛改善(2019年と同じ)

3. 青春18きっぷによる列車旅(3月、7月、9月を予定)

4. 東白楽駅前のスナックMeetsの安定運営

 

5. 木遊びの情報発信強化による会員数増加(2019年と同じ)
6. 庭のウッド・デッキ作りとツリーハウス第2期工事(2018年積み残し)
7. 保育園と小学校への出前木遊び(保育園へは3年目となるか、小学校は初めて)


8. フォークギターの上達と演奏会出演(2019年と同じ)

 

9. 町内の防災委員会活動(防災マニュアル作成と防災計画策定)

10. 町内会館前での野菜販売(野菜調達先の拡充)

 

手押し鉋の上ですが

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:28 | comments(0) | - | pookmark |
2019年十大ニュース

 

古希となった2019年が終わろうとしています。今年もいろいろあった中で、本人はいやがるでしょうが、家内の病気をトップ・ニュースにしました。お陰様で治療の効果は出ていて、年明けの治療を終えれば後は筋力と体力をつけることに専念できます。

 

数日前、弟家族と一緒に総勢11名で野毛の七福で鰻重の会。老人ホームの母は今回参加しなかったものの、8歳と4歳の孫の生意気な会話を肴に芋焼酎をいただき、姪の一人も来年5月が予定日という話を聞けば、世代交代が粛々と進んでいるのだと諦観するしかありません。

 

さて、2019年の「十大ニュース」は次のとおりですが、今年は10件揃えるのが大変でした。2020年が良い年でありますように。

 

1. 家内の病気(7月から治療開始)

2. JR北海道&東日本パスを使った東北列車旅(3月。それ以降は機会を作れず)

3. 東横線東白楽駅前の和酒バル「醇」の定休日にスナックMeets開店(11月から)

 

4. 木遊びにベルト・サンダー(1月)、ドラム・サンダー(11月)導入
5. 保育園への出前木遊びで園児と遊ぶ(2年目となり、6月から毎月1回)
6. 某区社会福祉協議会向けに人形劇舞台と紙芝居木枠制作(9月)

7. 木遊び安定運営の初年度(5年目にして初めての通年「少額」黒字化)

 

8. 地域ケアプラザ、町内会館などでのMMC(ギター・クラブ)の活動

 

9. 町内の防災委員会メンバーとして防災施策立案中

10. 町会会館前で毎月第3金曜に野菜販売
 

七福の鰻重

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:27 | comments(0) | - | pookmark |
怪しいファックス その2

 

スペイン発の怪しいファックスに続いて今度はシリアからのファックスで内容は次のとおり。このような連絡に反応する人がいるからこそ発信するんでしょうが、世に暇人は多い。

 

・発信者: シリア在住の Nabil Ahmed Quasim。

・ファックス発信電話番号: 不明。

・内容: 小生はシリア石油相の個人的アシスタントだった者だが、石油会社など

 から得た報酬約59百万米ドル(63億円)を小生の娘に代わって貴国の適当な不動産

 などに投資して欲しい。受諾してもらえるなら上記金額の30%(19億円)を貴君に

 進呈する。

 スペイン発と違ってファックス番号は記載されておらず、電子メールのアドレスが

 連絡先となっているので、電話代をせしめるという手口ではないことは確か。

 適当なアドレスを作って連絡してみたい気もするものの、触らぬ神に祟りなし。

 

怪しいファックス

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ホワイトボード・マーカーとは

 

台所にある小さなホワイトボードで使っているマーカーのインクが切れたということで、西口のダイソーで手に入れたのが5本100円の水性マーカー。早速使ってみた家内から「これ消せない」とクレームあり、ホワイトボード・マーカーと一般のマーカーの違いを古希にして初めて知りました。

 

・ ホワイトボード・マーカーは油性インク。使っている溶剤はアルコールが多い。

  水性塗料も油性塗料も溶剤が揮発すれば塗料は剝れなく訳で、ホワイトボード・

  マーカー=水性インクと考えたことが恥ずかしい。

・ ホワイトボード・マーカーが一般のマーカーと異なる点は「剥離剤」を含むという

  こと。ボードとインクの間に挟まれる形で剥離剤が残るために拭き取ることが可能。

  但し時間が経過して剥離剤が揮発してしまうとインクを拭き取りにくくなる。

 

水性マーカー

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
怪しいファックス

 

夜中2時ごろ子機が鳴るので老人ホームの母に何かあったのかと受話器を取り上げてみるとファックスを受信中で、翌朝印刷したのがこれ。中身は以下のとおり至って怪しく、ネットでも同じ出所のファックスが話題になっていました。世の中には暇人がいるもんだ。

 

・発信者: スペイン、バルセロナ在住を思わせる Abadia Siko Villa。

・ファックス発信電話番号: +34 932 205 446。

・内容: 貴君が、2008年に事故で亡くなった David Sunaga の法定相続人である

 としたら、彼の遺産約€7.5百万(9億円)の相続手続きを進めないか(2008年と

 いうのは少し古い気がしますね。2018年のタイポなのか、以前からの怪しい

 詐欺ファックスを使い回しているからなのか)。

 その気があるなら、記載のメアド、電話(+34 603 184 583と記載あり、ここに

 電話した相手に高額な通話料を請求するというのが先方の魂胆だろう)、あるいは

 ファックス宛に連絡が欲しい。

 

怪しいファックス

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
「小さな列車」の小さなファン

 

十数年前に北海道十勝のプロジェクトで一緒だった本格的な「鉄」が幼稚園年長の「子鉄」を連れて隣の弟宅に遊びに来るということで、小生は木工で会えなかったことから、「小さな列車」の横浜市電400、500、1000型、箱根登山鉄道モハ1形103-107号編成、江ノ電302+353号車、東横線5050系などをプレゼントしたところ、大いに喜んでもらったようです。

 

小生へのお礼のカードには東急田園都市線で走る伊豆急カラーの8500系が即興で描かれていたり、帰りに横浜市電保存館まで遠征するほどの「鉄一家」。「鉄分」たっぷりな環境で「子鉄」がどのような「鉄」に成長していくのか、壮大なる実験を見るような気がします。

 

小さなファン

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
循環小数

 

循環小数についてネットで興味深い記事を見つけました。1÷7は0.142857 142857 142857···と6桁の循環節を持つ循環小数となり、これの6倍までが以下のように1→4→2→8→5→7の順に巡回させた数、「巡回数(ダイヤル数)」になるという記事でした。

 

142857x2=285714

142857x3=428571

142857x4=571428

142857x5=714285

142857x6=857142

 

続く142857x7は999999となりますが、これは0.142857 142857 142857···x7=0.999999···=1となることから何となく分かります。更に続く142857x8=1142856となり、先頭の1を最後の桁に足すと142857となるし、142857x9=1285713の先頭の1を最後の桁に足すと285714となり、乗数10以降も同じように続くと聞いては、恐れ入るばかりです。

 

以上の循環小数と巡回数については次のルールが存在するようで、再び恐れ入りました。

 

1. 2、5以外の素数pにおいて1÷pは(p-1)の約数桁の循環節を持つ循環小数となる。

  例えば、1÷13は076923という6桁(13-1=12の約数)の循環節を持つ。

2. 素数pが(p-1)桁未満の9の列で割り切れなければ循環節は巡回数となる。

  例えば、1÷13の循環節は999999÷13=76923と割切れるので巡回数とならない。

 

さて、循環節が(p-1)桁の巡回数となる100以下の素数pは、7に続いて17、19、23、29、47、59、61、97で、1÷17の循環節は0588235294117647(16桁)、1÷19は052631578947368421(18桁)、1÷23は0434782608695652173913(22桁)、1÷29は0344827586206896551724137931(28桁)、1÷47は0212765957446808510638297872340425531914893617(46桁)、1÷59の場合は0169491525423728813559322033898305084745762711864406779661(58桁)と続くとのこと。

 

本当だろうかと、暇潰しの一つとして、1÷59の結果が巡回数なのか否かExcelで確認しようとしたものの、Excelでは15桁以上の数字を扱えないということで、58桁を6つに分割して計算した結果が下の写真。数時間費やして巡回数であることを確認できた時には、血圧はかなり高くなっていたことと思います。

 

循環小数の例

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
電話が不調 その後

 

電話の雑音はメタルケーブルの不調が原因で、NTT職員が電柱の上であっという間に解決してくれましたが、その後電柱下の草むらでこんなコネクタを見つけました。調べてみると3M製Scotchlok「U Element Connector」なのか、被覆を剥かずに電線を差し込んで色のついた部分を専用ペンチで押下すると結線できるという優れもので、内部には金属部分の絶縁・防湿・防食のための混和剤が入っているとのこと。

 

しかしながら、コネクタ部分は防湿混和剤のお蔭で長持ちしても、コネクタから出た部分の電線、特に白い電線の被覆はボロボロになっており、これでは混線已む無しと思う。これを見れば、電線を張り巡らした通信網はいずれ無線に置き換わるものと思いますね。NTT職員が拾い忘れたコネクタで数時間の暇つぶしができました。

 

CCPコネクタ

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
久しぶりのトホホ

 

最近お邪魔した友人宅に車をとめる際に、ガレージの片持ち屋根を支えていたポールに擦らないようハンドル操作していたところ、後ろにあった門柱が30cmほど車庫の中に出っ張っていて、その門柱にこすってしまったという次第。久しぶりのトホホです。

 

友人宅からの帰りに三菱自動車販売店に寄って修理費用について聞いたところ、この面積だと4万円ほどと高齢者には痛い出費だったので自力で直すことにしました。近い内にオートバックスで専用塗料を手に入れ、キズの修理状況については続編でご報告します。

 

トホホ

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
PayPay

 

ソフトバンクとヤフーが運営するPayPayなるスマホ決済アプリを初めて使ってみました。場所は木遊び斜め向かいのオーケー、買ったのは昼食と菓子の合計808円。買物で溜まっていたPayPayポイントから808円をアプリ経由で支払うと、来年6月末までの期間限定ながら「キャッシュレス・消費者還元事業」という国の施策で購入金額の2%(フランチャイズチェーンの場合)がポイントとして還元されるという仕掛けによって12円が付与された模様。

 

しかしながら、808円の2%は16円であり、何故12円と計算されたのかは理解できません。PayPayが還元ポイントをピンハネしていないことを祈ります。

 

PayPay

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
電話が不調

 

最近めっきり使わなくなった固定電話、台風19号の影響なのかADSLが時々使えなったり、電話中に雑音が聞こえたりするのでNTTに電話したところ、建物までの回線トラブル解消は無料だが、宅内設備に問題がある場合には出張基本料金7500円を申し受けますとの説明だったので、木遊びに転がっていた電話機を持ち込んでテスト。結果は電話機の問題ではないと分かり、それ以外の設備といえば電話線とADSLスプリッタくらいなので自信を持ってNTTの職員に来てもらいました。

 

やってきた職員が電柱にスルスルっと上ってクロージャ(端子函、黒い樹脂製の箱)を確認したところ、割れていて雨が吹き込んだようだとのことでクロージャを交換。その後何やら作業をしていましたが、暫くして受話器を上げて確認したところ雑音は消えていました。

 

「ご苦労さまでした。いずれは有線から無線に切り替えるんですよね」と聞いたところ「有線の方が安定しているので無線への切替えは簡単ではない」との答。過疎地の固定電話を無線化する検討が進んでいるようだし、大地震による電柱倒壊の後始末という気が遠くなるような作業をきっかけとして大都市でのSIM内蔵電話機への移行(固定電話の無線化)が進むのではないかと思います。でも、そうなると携帯電話に加えて固定電話を持つ意味がなくなるかも。

 

電話機のテスト

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
新しい家族

 

9月22日(日)夜に全損したCOLT君の後釜を探す旅に出てほぼ1か月。15年以上前のデザインとは思えない格好良さから同じCOLTを探していたところ、走行距離が短く、ターボ付きでCVTという条件を満たす車がようやく見つかりました。三菱自動車直営の販売店によると、ブレーキ・ホース、ブレーキ・パッド、ブレーキ・ディスク、バッテリーなどなど20万円相当の部品を交換したとのことで、町の中古車店で買うよりは大分お得だったようです。

 

ところで、事故の翌日9月23日(月)から27日間借りていたレンタカーにはお世話になりましたが、軽自動車の割には燃費が悪く、504km走って平均15.8km/L(COLTの場合は13〜14km/L)。そうなると軽自動車のメリットは自動車税と高速の通行料金が安いことくらいなんでしょうかね。発進時の加速や高速走行が今一つというデメリットを考えると、軽自動車の良さを実感できませんでした。

 

COLT

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
横浜市敬老特別乗車証

 

横浜市の場合、70歳以上の住民が「横浜市敬老特別乗車証」を購入することができます。金額は過年度の収入に応じて決まっていて、小生の場合年間9000円。ひと月あたり750円なので、地下鉄で横浜駅を2回往復すると元がとれます。

 

ありがたいことではありますが、紙幣、硬貨、カードいろいろ、免許証などを入れて持ち歩いている写真の小銭入れには定期入れのような窓がないために特別乗車証を毎回取り出して駅員に提示する必要があります。特別乗車証用に定期入れを買うか、そうするとポケットに小銭入れ、定期入れ、スマホ、筆記用具を押し込むこととなり悩ましい。特別乗車証機能を持ったSuicaがあればいいのにね。

 

横浜市敬老特別乗車証

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

Profile + Power Search

Search

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode