Entry: main  << >>
思い出の小物たち (29) 横浜助産院のおむつ


祖母が友人と戦前運営していた横浜助産院。確か平沼のあたりにあったと記憶します。

写真のおむつはそこで使われていたもので、小生、弟、それぞれの子供たちの股間を包んでくれましたが、木工作品のオイルを拭き取る役目をもって長い人生を全うすることとなりました。

それにしても小生の母親(89歳)はモノを捨てられない人で、5月の初孫誕生にこのおむつを引っ張り出してきました。他にも琺瑯(ほうろう)のおまる、寝る時に使った豆炭(まめたん)使用の小型行火(あんか)などが車庫の一角を占有しており、いずれ本カテゴリーで紹介します。

おむつ

| すうさん | 08:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Profile + Power Search

Search

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode