Entry: main  << >>
宿場街そぞろ歩き (25) 箱根宿 時間


1618年に開かれた箱根宿に至る街道は、400年間の人々の思いが詰まった空間であると感じました。

大名行列、朝鮮通信使、お伊勢参りの人々、荷物を携えた商人、飛脚や馬方や雲助、徳川吉宗所望のベトナム生まれの象、ケンペルハリスなどの外国人、箱根フリー切符を持ったアジアからの若い観光客、そして今回ウォーキングに参加した100数十人の平和な時代の人たち。

大正時代にケンペルの著書「日本誌」を紹介した英国人貿易商バーニーの別荘(現在は公園)前に佇む写真の小鳥たちが、今まで何を見、これからどのような人々と出会うのか、時間とは不思議なものだと感じます。

歴史

| すうさん | 08:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Profile + Power Search

Search

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode