Entry: main  << >>
1972年7月20日

 

弟からのメールで、弟の友人のブログの1972年7月20日のところに小生の写真が掲載されていることを知りました。その年は、弟と友人たちと東京からバンコックまで飛び、そこから弟たちは直行便でアフガニスタンへ、小生はネパール、インド経由アフガニスタンへと移動して、首都カブールで再会したことについて書かれています(以下写真)。長くなりますが、当日の小生の日記は次のとおりです。

 

20 July(木)晴 Kabul(括弧内は補足説明)

 

(前日夕方蒸し暑いインドから涼しいカブールに到着し Mustafa ホテルに泊まる)6:30に前の道を通る車の音に目がさめる。(飛行機で一緒だった)インド人も起きてきて食堂で25AF(アフガニー、100円ほど)の朝食。地図を買いにSPINZER(何屋か不明)に行く途中で(ニューデリーからの飛行機で一緒だった)福田夫妻に逢う。一緒に地図(10AF、40円ほど)を買って、Tourist Informationでバーミアン方面のツアー料金を聞いた。とても高い。Information(SPINZERにある)の前でTom(アメリカ人)に会って、カイバルレストランでオレンジジュース6AF(24円ほど)。

 

三国連太郎の撮影隊が来ていて、カイバルレストランの前で撮影していた。歩いてMustafaホテル、久米さん(確か日本大使館で土木関係の国際協力業務を担当)のお宅に12時頃伺う。途中、長袖の良いシャツがあり120AFを80AFに、またナイフ売りの少年は200AFのナイフを15AFにまけるとのことだったが、いずれも買わず。

 

久米さんの家でジュースをご馳走になり、車でシャビスタンホテル(弟たちが止まっていたホテル)まで送ってもらう。弟たちは未だ(カブールの北、中国国境に近い山岳地帯で綺麗な湖があるアンジュマンへ)出発していないとのことで、助かった。

 

シャビスタンホテルで福田氏に待っていてもらって、幹と弟とでドルの両替にOldバザールに行く。1$=83AFで20$取り換える。その前にインド人と福田夫妻とで同じバザールに買い物の手伝いに行き、幹がペラペラ喋るのに驚いた。幹は散弾銃とピストルを買う。

 

20時頃、久米さんのお宅に招かれてギョーザ、味噌汁を味わう。10:30頃ホテルに帰ってパッキングしてからハッシッシパーティー、1時頃寝た。明日はいよいよバーミアン(タリバンが破壊した摩崖仏で有名)へ出発。タクシー4400AF(3泊4日の旅で17000円ほど。運転手の飯代、宿泊代を含む。これを3人で折半。17000円は運転手の数か月分の収入に相当と記憶する)。

 

1972年7月20日

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:25 | comments(0) | - | pookmark |
Comment








Calendar

Profile + Power Search

Search

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode