Entry: main  << >>
今、よみがえる幻の我谷盆 (4) 三明駅跡


昨晩はNHK番組でご一緒した福井のUさんご夫婦と会食。2日連続でやや飲みすぎ。

昨日に続いて天気は最悪で、横なぐりの雨の中、東尋坊、那谷寺を訪問後、輪島までドライブ。国道249号線に沿ってサイクリング用の道路になっている廃線跡がしばらく続いた先の少々開けた場所に三明駅跡がありました。

JR羽咋(はくい)駅と三明(さんみょう)駅間の北陸鉄道能登線は1972年に廃線となりましたが、その2年前、男性2名、女性3名のグループがおそろいのトレイナーをはおって羽咋駅に停まるキハ5301のバケットに乗っている写真が、手もとのアルバムに残っています。それから39年、その内の一人が今年4月に亡くなりました。

今回の旅のルートには、三明駅に加え、北陸鉄道山中線の山中駅、のと鉄道七尾線(旧国鉄)の輪島駅、のと鉄道能登線(旧国鉄)の蛸島駅など消えた駅も多く、鉄道も人も、消える前にもっと思い出を作らなければと感じました。

三明駅跡

| すうさん | 08:20 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
三明駅に行く前に羽咋駅の若い駅員に「昔北陸鉄道はどのプラットフォームをつかっていたのですか」と聞いたところ、何ですか北陸鉄道ってと答えられ、その不勉強ぶりに愕然としました。
三明駅の後、道の駅となった輪島駅跡、廃線後4年なので駅舎が残る蛸島駅跡にも寄りましたが、若かりし頃の旅がどんなルートだったのか細かくは思い出せず、衰えを感じた次第です。
Posted by: すうさん |at: 2009/11/07 9:18 AM
ルーツの旅すばらしいですね。素粒子になってタイムスリップをして過去に戻ってみたいですね。しかし過去に戻っても、人間ではないので見れませんが、、
Posted by: 福井のuです。 |at: 2009/11/07 8:19 AM








Trackback

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Profile + Power Search

Search

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode