Entry: main  << >>
家内が入院 (6) 半世紀ぶりの針仕事

 

この半世紀、針仕事は全て母と家内に頼んできたように記憶しますが、家内の裁縫箱から久しぶりに針と糸を取り出すこととなりました。理由は単純で、ズボンのポケットからボールペンが落ちるので確認してみると、数年前に家内に修理を頼んだ部分に再び穴があいているのを発見したからで、命の次に大事なボールペンのために何十年かぶりの針仕事となった次第。

 

しかしながら、布という柔らかい素材の加工は、木工に馴れた小生にとって繊細過ぎて難しく、針仕事を暇つぶしの一つに加えることは無さそうです。

 

針仕事

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Profile + Power Search

Search

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode