Entry: main  << >>
小学館 全日本鉄道バス旅行地図帳

 

断捨離中にも拘わらず積読の習性は改めようもなく、小学館「全日本鉄道バス旅行地図帳2019」(A4版100頁程で1620円)を手に入れました。この手の正縮尺鉄道地図帳は何といっても2008年から2009年にかけて発行された新潮社「日本鉄道旅行地図帳(全線・全駅・全廃線)」をもって嚆矢とし、乗り鉄による暇つぶしの旅には欠かせない存在となっていて、最近は「時空間望遠鏡」と称して、巻末記載の駅名、駅間距離、開業年月日などを使い開業、廃線の流れを可視化できないか模索中。

 

しかしながら新潮社版は毎年改訂される訳ではないことから、北海道の場合、2014年に一部廃止され2016年に残りの区間が三セク転換された江差線、2016年廃止の留萌本線の一部、2019年廃止の石勝線夕張支線の情報が更新されていないということが(小さな)問題です。

 

ネットを見ていたら、この小学館版が目にとまり、A4版とやや大き目ながら1冊で全国カバーに魅かれて購入したのですが、廃線情報は無し、路線や駅の開業などの歴史情報は無しと、新潮社版が中級者向けとすると小学館版は入門書の趣でがっかり。わが家に到着早々に本箱送りとなりました。

 

小学館 全日本鉄道旅行地図帳

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Profile + Power Search

Search

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode