Entry: main  << >>
宇宙的時間

 

先日の「ブラタモリ」で、ユーラシアプレート(Wikipediaから拝借した以下写真で西日本が乗っている緑色のプレート)のはずれにある紀伊半島の下には、生まれてから数百万年しかたっておらず地熱が残っているフィリピン海プレート(写真で赤色)が潜り込んでいるために熊野周辺には温泉が多く、対して太平洋を8cm/年ほどの速度で1億年以上かけて横断してきた太平洋プレート(写真で黄色)は冷えているために非火山性温泉を生み出すことはない、といった説明がありました(不正確かもしれません)。

 

数百万年たっても温泉を作れるほどの地熱が残っていることは驚くべきことですが、太陽中心の核融合により生成されたエネルギーは輻射による熱輸送によって放射層の中を20万年かけて運ばれ、その外側の対流層へ到達するそうで、我々ホモ・サピエンスが進化の系統樹から分岐、出現したころの核融合の光を今見ていることになります。嗚呼。

 

プレート


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Profile + Power Search

Search

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode