Entry: main  << >>
続あらく農園日記 (3) 再び足踏み式脱穀機

 

ボランティア仲間から古い足踏み式脱穀機の修理を頼まれ、木遊びに運んで破損状況調査したところ、木の台が腐って分解寸前であること、足踏み板がなくなってることが分かりました。簡単木工で治せそうです。

 

足踏み式脱穀機に会うのは2台目。1台目の脱穀機正面には「ミノル式 新親玉号」、今回は「建国式 優勝号」とあり、1台目は大正時代、2台目は「建国」という名前からして昭和に入って作られたものと思われます。いずれも大げさな商品名との印象ですが、片仮名を中心とする現在の名前を見て100年後の人々はどう感じるのか知りたいもので、漢字が多用される時代になっているかもしれません。

 

足踏み式脱穀機


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Profile + Power Search

Search

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode