Entry: main  << >>
青春18きっぷで関東、東北落穂拾い (3) 横浜から郡山へ

 

初日はわが家を出て、水郡線の上菅谷 - 常陸太田間、日光線、烏山線と未乗区間、路線を制覇して、最後は東北本線で郡山まで。乗車した523kmの内で初乗り区間合計は70kmと落穂拾いは効率が悪い。

 

さて、初日の特記事項は烏山線で出会った列車 EV-E301系電車で、架線からパンタグラフで得た電気をリチウムイオン蓄電池に貯め、非電化区間(宝積寺 - 烏山間)はパンタグラフを畳んで蓄電池でモーターを回して走るという車輌。

 

車内に設置された情報装置を見ればパンタグラフから、蓄電池へ、蓄電池から、モーターへ、モーターからの電気の流れを知ることができて飽きません。写真は回生ブレーキ時にモーターから蓄電池へ電気が送られる様子を表しています。

 

エンジンを搭載していないので、乗用車でいえば日産リーフ。エンジン車なのか、ハイブリット車なのか、電気自動車なのか、水素自動車なのかという自動車の将来を託す技術の競争が、鉄道車輌でも起きているということなんでしょう。

 

EV-E301

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Profile + Power Search

Search

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode