Entry: main  << >>
拭漆講座兼木彫り講座 (18) ケヤキの器、さてどうする

 

見込みの彫りがほぼ終わり器の周囲をバンドソーで切り取ったところで、全体としてのイメージは4年前に作ったトチの器に似ています。バンドソー作業が終わったら最終形を見通せるかと考えましたが、なかなか難しい。胴部分に見込みと同じような丸鑿による彫りだと少々五月蝿い感じもするし、ツルっとさせると寂しいかもしれないし、最終判断は整形後に先送りします。

 

どうするか


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Profile + Power Search

Search

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode