Entry: main  << >>
小さな列車2017 (11) 閑話休題:前照灯作りは大変だ

 

最近の車輛では、アルミパイプに樹脂を挿入したものを前照灯としており、今回は前照灯制作の苦労話をば。横浜市電江ノ電の場合は、外径4mm、内径3mmのアルミパイプに直径3mmの白い樹脂棒を挿し込んだものを前照灯に見立てていますが、何せ小さなものなので扱いが大変。ご参考までに制作手順は次のとおりで、これこそ「人生は冥途までの暇つぶし」の好例です。

 

1. アルミパイプをパイプ・カッターで長さ5〜6mmに切る。

2. 切断面が内側につぶれているのでカッターで内径3mmに削る。

3. 白い樹脂棒をカッターで長さ5〜6mmに切る。

4. 樹脂棒の片側の縁をサンドペーパで削る。

5. ジグにセットしたアルミパイプに樹脂棒を挿し込む(写真)。

6. アルミパイプの底面側に瞬間接着剤を付け、樹脂棒を固定する。

7. 同じジグを使って前照灯の前面をサンドペーパで整形する。

 

前照灯作り


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Profile + Power Search

Search

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode