Entry: main  << >>
青春18きっぷで九州周遊 (4) 指宿枕崎線

 

三日目は指宿まで初乗りの指宿枕崎線で鹿児島中央から枕崎へ、続いて鹿児島交通のバスで伊集院、更に鹿児島本線、肥薩オレンジ鉄道を乗り継いで新八代まで。

 

肥薩おれんじ鉄道は2004年に鹿児島本線の八代から川内までをJR九州から引き継いだ三セク鉄道で、何処の三セクも同じでしょうが、全区間交流電化されているにも拘わらずコストの安い気動車を走らせるなど経費削減に終われていて、川内からの車輌はファミマ色にラッピングされていました。

 

さて、一部を三セクに譲った鹿児島本線の博多以南の歴史を車中で調べたところ次のように「鹿児島本線が現在の肥薩線と日豊本線を経由して鹿児島に至っていた時代が18年続いた」という面白いことが分かりました。列車の旅も案外忙しいのです。

 

1889年(明治22)博多、久留米間開通

1896年(明治29)八代まで開通

1908年(明治41)人吉まで開通(この路線は現肥薩線)

1909年(明治42)門司から人吉、隼人経由鹿児島まで全通

1927年(昭和2)  八代から鹿児島まで全通し、海岸回りが鹿児島本線となる

 

肥薩おれんじ鉄道

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Profile + Power Search

Search

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode