Entry: main  << >>
新々あらく農園日記 (13) 今度は山鍬

 

先日の唐鍬(とぐわ)に続いて今度は開墾に使ったと思われる刃先が丸く重たい山鍬(トンビ鍬とも)。唐鍬と同じく樫の丸太を削って作った柄と刃の間の隙間には楔状の木片を挿し込み、木が乾燥して縮んだら柄に作った割れ目に鉄の楔を打ち込みますが、大きな力がかかるので、刃と柄を固定するのに更なる対応が必要になりそうです。

 

山鍬

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Profile + Power Search

Search

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode