Entry: main  << >>
多肉植物の家 (8) 山桜登場 その2

 

山桜の丸太をバンドソーで切ったところ、虫が掘った溝の中からこんな幼虫が登場。キクイムシかなとネットで調べてみるとキクイムシの幼虫の体長は1cm以下のようで、更に調べるとカミキリムシの幼虫と判明しましたが、そういえば親に似て頭の部分に鋭い顎が付いています。大切な山桜に穴を開けた罪により幼虫君達は家庭ごみとして焼却場送りの刑と決まりました。

 

ざっと見たところ幼虫の穴は表皮から深さ2cmあたりに集中しているので、そこまでを削り取って加工を続けますが、更に深くまで潜っているかもしれず、その場合は最初からやり直しとなります。中の様子が分からない丸太は使いずらい。

 

カミキリムシ

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Profile + Power Search

Search

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode