Entry: main  << >>
秋田犬とは

 

昨年12月に弟宅の一員となった秋田犬の「あきちゃん」は御年1歳2か月となり体重は25kg超。昼間は庭に出されていることが多く、路地に入ってくる郵便屋さんなどに吠えかかるので、信頼感ある番犬であり近所迷惑な存在でもあります。

 

2008年までわが家の末っ子だったケビン(ビーグル犬)と比べ、愛想が無いこと、体を使った感情表現が少ないことが秋田犬(や柴犬)の特徴だと感じますが、同じような違いが日本人と西洋人の間にもあるようなので、秋田犬の愛想の無さは、日本の気候風土のなせる業なのか、あるいは愛想の無い日本人が主人であったことが理由なのか考えていました。

 

ところが、ネット情報によれば、オオカミとオオカミから進化した犬の違いは「人とコミュニケーションする能力」と「人に対する依存度」だそうで、犬の中でも秋田犬と柴犬は遺伝的にオオカミに近いことから、あきちゃんが人にベタベタしないということは自然なことと思われます。

 

とすると日本人の愛想の無さ、というかコミュニケーションが不得手なことはどこから来るものなのか。長期間に亘る島国での生活の中で以心伝心によるコミュニケーション法を育んできたからであって、遺伝的に旧人に近いことが理由とは決して思いませんが、積読中の「わかりあえないことから コミュニケーション能力とは何か(平田オリザ)」を読めば糸口が見つかるかもしれません。

 

あきちゃん

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Profile + Power Search

Search

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode