Entry: main  << >>
頭の体操第1集

 

今年3月に亡くなった多湖輝さんといえば1966年に出版された「頭の体操」の著者として有名で、当時高校生だった小生も何集かは読んだ筈です。Amazonで1円で手に入れたものの、何か違うと感じ調べてみると、1966年版は新書でこの1999年版は文庫本。迂闊でした。

 

さて、「はじめに」にある例題「葡萄酒瓶がある。コルク栓がしてあるのだが、あいにく、栓抜きがない。瓶を割らず、コルクにも穴を空けないで、中の葡萄酒を飲むには、どうしたらよいか」に対して「瓶を温めて膨張した空気で栓を抜く」と考えましたが、栓を瓶の中に押し込むというのが多湖さんの答え。温める方が栓を再利用できるという点で優れていると思うのですが。

 

頭の体操

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Profile + Power Search

Search

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode