Entry: main  << >>
青春18きっぷで春の津軽海峡線、改め北海道&東日本パスで春の津軽海峡線 (8) 函館から盛岡、最後はバスで横浜へ

最終日、先ずは函館から青森に移動するのですが、ここで青春18きっぷと北海道&東日本パスで違いがあります。

1. 青春18きっぷ
  「普通列車が走っていない木古内、蟹田間だけは特例として特急に乗れるが、
  それ以外の場合は特急券に加えて普通乗車券が必要」というのがルール。
  普通乗車券を買いたくなければ、函館から普通列車で木古内へ、そこで海峡線を
  走る特急に乗り換えて青森県の蟹田へ、更に再び普通列車に乗り換えて青森へと
  なり、要はJRによる青春18きっぷ利用者へのイジメです。

2. 北海道&東日本パス
  「新青森〜函館間相互発着の場合は、別途自由席特急券の購入で特急列車の
  普通自由席が利用できる」というのがルール。

つまり、北海道&東日本パスの場合は特急券を買えば函館から青森までスーパー白鳥に乗れるということで、前期高齢者としては1,730円也の自由席特急券を買って函館から青森までゆったりと移動した次第。

その後、青森から青い森鉄道で八戸、八戸線で久慈、三陸鉄道北リアス線で宮古までは順調でしたが、昨年末の土砂崩れによる脱線事故の山田線が依然として一部不通と分かり、振替バスで盛岡へ忙しく移動して、最後は盛岡駅前で一杯やってから夜行バスで横浜へ。5日間の慌ただしい旅が終わりました。

さて、この貴重な写真は、揺れるバスから撮ったのでボケていますが、ブルー・シートで覆われているところが山田線の土砂崩れ現場。ネットによれば、上部にもひび割れが見つかりボーリング調査中とのことで、2018年に三陸鉄道に移管予定の同線宮古、釜石間に続く災難です。

現場写真

(この他の記事はこちらから検索できます)
| すうさん | 08:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Profile + Power Search

Search

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode