Entry: main  << >>
神奈川区生涯学級運営委員会 (17) テイラー

講座に向けての作業はいろいろあって、今回はニンジン畑の準備作業のご紹介。前作を抜いた畑を除草、耕運して5月初めにエンバク(燕麦)の種まき。エンバクはネグサレセンチュウ防除効果があるようで、6月末に高さ50cmほどに育ったところで土の中に鋤き込みます。そのまま1か月おいて今度は元肥として化成肥料、苦土石灰、米糠を撒いて耕運。その後の作業が写真の鎮圧で、使う機械はテイラー。これが重くて約200屬鮹甘したところ大汗をかきました。

調べてみると「テイラー」とは英語のティラー(tiller、耕運機)のことで、他にも「三角ホ」は英語のホウ(hoe、長い柄がついた鍬)あり、明治大正時代の農家が西洋式農法を取り入れる過程でできあがった日本式英語が今でも使われてることを知りました。農業は奥が深い。

鎮圧

(この他の記事はこちらから検索できます)
| すうさん | 08:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

Profile + Power Search

Search

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode