Entry: main  << >>
青春18きっぷで春の山陽・山陰周遊 (4) 大阪から広島へ

横浜を夜行バスで出発し、翌朝大阪駅にて青春18きっぷ#1を利用開始。山陽本線の各駅停車に揺られ、広島手前の海田市で呉線に乗り換えて三原まで戻って再び山陽本線で広島へ。約9時間の乗車を楽しみました。

広島では生カキをやっと見つけて、生まれて初めてのカキの塩辛と芋焼酎。この塩辛、なんでも三年漬けだそうで、クサヤ、シュールストレミングには勝てませんがかなりの臭いで、美味かった。その後、生カキ、カキのリゾットと広島の夜は更けていったのであります。

広島で思いだすのは、若かりし頃の出張で、広島駅から呉駅に向かおうとして乗った列車が山の方に向かって走り始め、トンネルを過ぎた駅で慌てて下車して次の列車を待って広島に戻ったこと。当時は携帯電話などなく、出張先の呉出張所に連絡できずに遅刻して、その後所長に飲みに連れていってもらえたのかどうか記憶にありません。その事件より大分前になりますが、1972年9月の時刻表では呉線が16時15分発、芸備線が16時16分発と1分差だったので、その後同時刻になったかもしれません。現在の時刻表によれば、14時30分など同時刻発が何本かあるので、今でも同じような体験をする慌て者がいると思います。

生カキ

(この他の記事はこちらから検索できます)
| すうさん | 08:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

Profile + Power Search

Search

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode