Entry: main  << >>
残夢三昧・日没閉門

久しぶりの内田百里如峪通柑伊罅ζ没閉門」を読みました。多くの篇が1968年(昭和43年)、1969年(昭和44年)ごろ月刊誌に掲載された作品で、1971年(昭和46年)に81歳で亡くなる数年前、左ひざの調子が悪く外出もままならず、家で寝ていることが多かった時代のものです。

書名のとおり寝床で「残夢」を見たり、客との面会が億劫なので「閉門」したり、でも人生で蓄積した経験や知恵を素材にして小さくとも玉のような作品に仕立て上げる、内田百里覆蕕任呂両己圓任△佞譴討い泙后C罎任盖い貌ったのは「白日の夜襲(P.256)」。亡くなる略1年前の百里篭瓩の床屋に家まで来てもらって散髪してもらうのですが、その様子をユーモアたっぷりに描く。ブロガーにとっては理想とすべき姿で、寝床から出なくても毎日ブログを投稿できるよう、経験と知恵を積みあげなくては。

残夢三昧・日没閉門

(この他の記事はこちらから検索できます)
| すうさん | 08:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Profile + Power Search

Search

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode