Entry: main  << >>
青春18きっぷで四国周遊 (2) 牟岐線、鳴門線

徳島駅前で夜行バスを降り、牟岐線、鳴門線路のどちらに乗るか少々思案しましたが、待ち時間が短い牟岐線に。80kmに2時間20分かけ着いた海部(かいふ)駅で阿佐海岸鉄道に乗り換え8km、到着したのが甲浦(かんのうら)駅。新しい鉄道の常として、駅舎は地上ですが右側の階段を上がったプラットホームは地上三階あたりで、高知県の奈半利(なはり)駅までつながる計画でした。

徳島にはいろいろと思い出があり、昨年亡くなったM君のご実家を学生時代に訪ねたこともその一つ。和歌山からフェリー、小松島港に着いて小松島線、牟岐線と乗り継いで到着した桑野駅にはM君の父上が迎えに来てくれていました。そんなことを考えながら汽動車に揺られていたら昨晩の疲れで桑野駅は寝過ごしてしまい、中田(ちゅうでん)駅で遊歩道になった小松島線の線路跡を見ることができたのが牟岐線の収穫。それにしても涼しい一日で、冷房のきいた車内ではウインド・ブレイカーを着ていました。

甲浦駅

(この他の記事はこちらから検索できます)
| すうさん | 08:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Profile + Power Search

Search

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode