Entry: main  << >>
【動画】北海道縦断の旅 (11) トロッコ王国

北海道二日目のハイライトは、いずれも予定していなかったもので、暗い方はオホーツク海沿いを走る国道238号線でパトカーに捕まって罰金を払ったこと、明るい方は「トロッコ王国」でトロッコ(エンジン付保線用軌道自転車)に乗れたことで、その明るい方の話を少々。

宗谷本線の美深(びふか)駅から北東に向かって約21kmの仁宇布(にうぷ)駅まで美幸線なる路線があって未成線のまま1985年に廃線されたこと、美幸線の「美」は勿論美深駅から、「幸」は今は無き興浜北線の北見枝幸(きたみえさし)駅から取ったもので、この二つの駅を鉄路で結ぼうという時代があったこと、1935年から1963年までは軌間762mmの美深町営仁宇布線なる鉄道があったこと、美深駅から途中の仁宇布駅まで開通したのが1964年と最近のことだったこと、1972年の時刻表によれば1日5往復の列車が運行されていたことなどを、罰金支払い後の混乱する頭で運転しながら仁宇布駅跡に到着したのが15時50分。駅跡に「トロッコ王国」の看板を掲げた小屋があり、入ってみると16時発最終のトロッコを運転できると言われ、何と幸せな男だろうと感激して乗ったのがこれなんです。

片道なんと5kmもの軌間1067mmの美幸線の線路を走ること約20分、ということは平均15kmで走ったことになりますが、瞬間的には30km近く出ていたんではないでしょうか、折り返し地点に車で先回りしたトロッコ王国の方が待っていてポイントの切り替えをしてくださるという演出で、最後のループ部分は素人製作の凸凹の線路で「アクセルを緩めてゆっくりと走って、ただし緩めすぎると止まってしまいます」と微妙な運転となりましたが、無事に通過し、またゴトゴトゴトと楽しく帰路についたのでありました。因みに正式な鉄道の扱いではないので、農道と交差する所では、トロッコ側が一旦停止となります。



(この他の記事はこちらから検索できます)
| すうさん | 08:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

Profile + Power Search

Search

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode