Entry: main  << >>
器2013 (4) これに限る


チェリーとクリに続いてウォールナットとカバザクラ(樺桜)の粗彫りを試みたのですが、今まで使ってきた直径30mmのフォスナービットでは時間がかかるので、普通の木工用ビット(直径18mm)を使ってみたところ、こちらの方が何倍も早く彫れることが分かり、今までの苦労は何だったんだろうかとの気持ちです。

彫ったところが平らになるよう丁寧にもフォスナービット先端の三角錐をグラインダーで削りとっていましたが、その意味が殆ど無いことにも気づきました。試行錯誤の連続です。

それにしても屋外での作業は寒いですね。木もボール盤のハンドルも冷たく、時々家に入って温まっています。

木工用ビット

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Profile + Power Search

Search

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode