Entry: main  << >>
フォークギター教室 (2) 2回目


ギター教室は2回目も基礎的なコードの練習ですが、40数年前は弦をしっかり押さえられたのに、今では指が言うこときかず苦労しています。昔と比べ楽になったのは、音叉に代わって調弦にチューナーを使うこと。

さて、2012年11月22日の日経新聞朝刊文化欄で、ピッチ(音高)は時代と共に変化してきたという、ある調律師による次の文章を見つけました。ベルリンフィルなどは444〜445ヘルツを基準としているそうで(Wiki情報)、音楽の世界は案外自由なんだなと驚きますね。

『戦争を挟んで、調律の基準となるA音のピッチが435ヘルツから440ヘルツに上がった。・・・ちなみにバッハの時代はもっと低くて410ヘルツほどだ。』

チューニングメーター

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Profile + Power Search

Search

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode