Entry: main  << >>
東京 消える生き物 増える生き物


デザイン・フェスタVol.36の会場で、隣のブースの陶芸家のご主人、川上洋一さんから著書「東京 消える生き物 増える生き物」を譲っていただき早速読みました。

近所で見かける生き物の子供のころからの変化はこのブログでも度々書いてきましたが、その理由が丁寧に説明されていて、大いに参考になりました。例えば、ニイニイゼミが減ってきたのは温暖化だけが理由ではなく、都市化による土壌の乾燥が主因だとの部分(P.63)。

三ツ沢公園の人工的なせせらぎの中ほどにある小さな池は外来生物であるミシシッピアカミミガメに占有されていて、昔はいたはずの小型の亀の姿はありません。誰かがペットとして飼っていたものをここに捨てたとしか考えられませんが、生態系を保護するためには「何をすればよいのか、何をしてはいけないのか」を分かりやすくまとめて子供のころから教育するしか方法はないと思います。

東京 消える生き物 増える生き物

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Profile + Power Search

Search

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode