Entry: main  << >>
重力とは何か


大栗博司さんによる「重力とは何か」。2012年7月4日にCERNがヒッグス粒子を発見したらしいと発表したこともあって、この本を買ったのですが、ニュートン力学、マックスウェルの電磁気学、アインシュタイン理論、量子力学に続く超弦理論の説明の中で「重力とは何か、重力はどのように振舞うか」について書かれてはいるものの、ヒッグス粒子について殆ど触れられていません。発行が2012年5月30日なので仕方ないんでしょうか。

小生としては、ヒッグス粒子とは他の素粒子とこんな点で違う、ヒッグス粒子はこんな働きをするので重力を感じることができるのだ、ヒッグス粒子は宇宙を満たしているにも拘わらず何故見つけにくいのか、光子は何故ヒッグス粒子の影響を受けず質量がゼロなのか、といった諸点を素人にも分かるように説明してくれる本を期待したのですが。

重力とは何か

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Profile + Power Search

Search

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode