Entry: main  << >>
青春18きっぷ2012 (4) 水郡線・水戸線・両毛線


三日目は会津若松駅を7時36分発の磐越西線で郡山に向かい、東北本線、水郡線、常磐線、水戸線、両毛線と乗り継いで高崎に至り、最後は湘南新宿ラインで横浜に着いたのが19時38分。営業キロ約508kmでした。

この三日間の感想は?と問われれば「可もなく不可もなし」でしょうか。何かを見てみたいといった目的があれば列車に乗る楽しみもありますが、ただ単に乗るというのは小生にとって、それほど楽しいことではありませんでした。訪れた先々についての勉強不足が理由だったかもしれませんが。特に、水戸線、両毛線といった平地をただ走る列車は全く楽しくないですね。高校生がうるさいし。

さて、旅の目的の一つに「思い出を再確認すること」があげられると思いますが、今回は信濃平スキー場の思い出に触れることができました。

飯山線信濃平駅近くのこのスキー場へは、学生時代に少なくとも10回は通ったはずですが、どんなふうにしてそこまで行ったのか思い出せません。上野から夜行列車で長野まで行って、飯山線で信濃平というのが一般的だったと思うのですが、当時は列車に乗るということに興味を持っていなかったのでしょう。

スキー場はといえば、スキー客の減少から2001年に閉鎖されたそうで、列車からスキー場を探したところ、閉鎖後の10年でゲレンデは林に戻りつつあるようでした。当時お世話になった「鈴荘」という民宿はどうなったのかとネットで調べると「ヒュッテ鈴荘」が見つかり、夏を中心に営業しているのかもしれません。そうあって欲しいですね。

青春18切符

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Profile + Power Search

Search

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode