Entry: main  << >>
小さな列車の挑戦その2 (2) 大きな違い


プラレール用の電車を孫から借りて我が「小さな列車」と比べてみました。線路幅はそれほど変わらないのに車体の大きさは大人と子供のよう。

現時点での印象は「小さな列車をプラレールや木製レールで走らせるには、車体幅と同等かそれ以上の幅の車輪、あるいはそれに代わるものを取り付けなくてはならないので、「小さな列車」の可愛らしさを損なわずには実現できそうもない」ということ。

となると、線路を作ることになりますが、1個1個トリマーで加工していたのでは日が暮れてしまうので、どうするか。そこが思案のしどころです。

プラレール用電車

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:26 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
ありがとうございます。プラレールアドバンス、娘夫婦から聞きました。その車輛を手に入れて「小さな列車」の参考にしようとは考えていますが、どうなりますか。
Posted by: すうさん |at: 2012/07/04 2:12 PM
悩ましさが続いてますね。そこが楽しいんですよね?

プラレールは、子供がバキバキと無茶な外し方をしてもジョイント部分が絶対に壊れないところがすごいです。

プラレールアドバンスはご存知ですか?
Posted by: るりすずめ |at: 2012/07/04 11:47 AM








Trackback

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Profile + Power Search

Search

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode