Entry: main  << >>
三ツ沢商店街サービス通りの思い出 (32) 西11番:助産院


やっとわが家に辿り着きました。戦局が厳しくなり祖母がこの土地に建っていた小さな家を疎開先として買ったものの、1945年5月の空襲で焼けてしまい、戦後になって配給の材料で家を建て助産院を開業したそうです。

当時は向かって右側に玄関、左側には車2台をとめられる車庫がありました。今の家は1980年に建て替えたもので、右側が父のアトリエのため、北側以外には窓がありません。わが家はこの家の奥にあります。

駐車場には左に我が愛車、右は弟の車。前の道路が横浜駅への抜け道のため交通量が多く車の出し入れが大仕事で、特に家内の場合には時々交通渋滞の原因となっているようです。

わが家

| すうさん | 08:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Profile + Power Search

Search

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode