Entry: main  << >>
伊参スタジオ映画祭


昨年の伊参(いさま)スタジオ映画祭でシナリオ大賞を受賞した息子の友人がそのシナリオで制作した中編映画「惑星のささやき」が初公開されるということで、朝早くから群馬県中之条町へ出かけてきました。会場は若い人がほとんどで、シナリオなる表現方法を使って自己表現しようとする人々が世の中には大勢いるということを知ることができました。

さて、その中編映画、いやはや難解でした。同時に上映された25分の短編映画「悲しくてやりきれない」も併せ、上映後に受賞者が語った「言いたかったこと」が映画を見ただけでは十分に伝わってきません。

作者の頭にあるものを頭の外側に絞り出す行為を表現と呼ぶとすると、その表現の難しさや怖さを、先日の木工旋盤作品の展覧会に続いてこの映画祭でも改めて感じた次第です。

伊参スタジオ映画祭

| すうさん | 08:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Profile + Power Search

Search

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode