Entry: main  << >>
木旋美術倶楽部1リットル展2011 (10) 講評


ギャラリー坂のオーナー中川さんによる作品の講評があり、藤沼さんの作品は別格として、作者や作品のレベルを見てとられたのでしょう、その他の作品については総じて暖かい講評でありました。

講評が終わって個人的に厳しい講評をお願いしたら、世の中を広く見まわした上で作品のオリジナリティーが必要とのアドバイス。それは分かっているのですが。発想を得るために脳みそを絞るような時間抜きでは、そのような作品は生まれないのでしょうね。

講評

| すうさん | 08:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Profile + Power Search

Search

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode