Entry: main  << >>
三ツ沢商店街サービス通りの思い出 (14) 東11番:酒屋


薬局の右隣りは遠洲屋酒店で、ご主人の佐藤さんが27歳の1959年(昭和34年)に、並木酒店の土地と建物を譲り受けて開業されたもの。

時代は移り変わり、数年前まで店の奥に入っていた肉屋は不景気なのか商売をやめてしまい、最近近くに深夜11時まで開店のミニ・スーパーができて影響を受けていると思います。画一的な品ぞろえの価格勝負は大手系列に任せて、差別化できる商品やサービスを補強して、末永く商売を続けて欲しいですね。

40年ほど前、わが家の秋田犬ケン君の子供タロウ君が遠洲屋の店番として活躍していましたが、今と違って何もかもがのんびりしていたように記憶します。これまた昭和は遠くになりにけりですか。

酒屋

| すうさん | 08:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Profile + Power Search

Search

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode