Page: 1/28   >>
新々々あらく農園日記 (28) 杉山神社祭礼

 

10月初めは恒例の杉山神社の祭礼で、駆けつけてくれる「鶴台会」の面々と神輿を担ぐ日となっています。今回、鶴台会の会長に教えてもらったのは、神輿の四周に回した注連縄(しめなわ)に挟む紙垂(しで)と呼ぶ紙片の作り方。神主による神輿への「御霊(みたま)入れ」といい、「御霊抜き」といい、神事は奥が深い。

 

ボランティアを中心とした祭礼支援要員の数が少なく、小生は60〜70人分の天ぷら揚げ係と食器洗い係を仰せつかり、いずれも2時間近くの激務で、神輿を担いだこともあり、いやはや疲れました。

 

注連縄に紙垂

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
新々々あらく農園日記 (27) 今度は唐箕の修理

 

今年3月に生まれて初めて「唐箕(とうみ)」を間近に見ましたが、今度は近くの農家が使わなくなった大型の唐箕があらく農園に運ばれてきて修理することになりました。

 

唐箕とは「臼などで籾殻をはずしたあと、風力を起して穀物を籾殻・玄米・塵などに選別するための農具(Wikipedia)」で、右側に見えるのは手回しの送風機。左側上部には籾殻と米を入れるホッパー、その下には一番重いコメが出てくる口、左端には一番軽い籾殻が飛ばされて出てくる口、それらの中間点には軽めの米などが落ちてくる口が裏側にあり、入れたものが3種類に分かれて吐き出される訳です。

 

先ずは水拭きか水洗い、続いてネジがとれた脚を修理し、最後はホッパーの角度調整機構を作り直すことになりますが、少々時間がかかりそうです。

 

唐箕


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
まちづくりプロジェクト (3) 地域づくり大学校#1

 

神奈川区主催の「地域づくり大学校」第1講目は朝9時半から昼食をはさんで14時半までの長丁場。色々な講師から色々な話を聞くことができましたが、中でも宇都宮大学の石井さんの話の中で「(町内会が抱える問題の一つは)一部の人の特権化を生み出している、つまり町内会役員だけの意見になっていること」と自著を参照しながら指摘されたときは、本になるくらいだから、そんな町内会は日本中に沢山あるんだろうと理解しました。

 

その後石井さんに特権化の解消策はありませんかと伺ったところ、簡単ではないもののあることはあるということで、策を教授いただきましたが、タイミング的にわが町内会では使えそうにありません。いずれにしても、若い町内会役員にも出会えたし、活性化のヒントもいくつか仕入れられたし、来年2月まで楽しい時間となりそうです。

 

地域づくり実践講座


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
まちづくりプロジェクト (2) しばらく勉強します

 

今年初めに町内の有志から「まちづくり」に誘われたものの、なかなか活動開始できないでいましたが、ようやく「防災計画策定と防災組織組成」の動きが始まりました。しかしながら、何を議論し、いつまでに結論を得るのかのスコープやスケジュールを決められずにいます。

 

そんなさ中に「第4期 神奈川区地域づくり大学校(神奈川区役所主催)」なる講座に出てみないかと声をかけられ、今月末から来年2月までの全6回を受講することに。泥縄で「まちづくり」について神奈川区役所はどう考えているのかを調べたところ、区のHPで「運営方針」なる文書を見つけました。運営方針の柱は次の4本。(1) 安心・安全なまちづくり、(2) 誰もがいきいきと暮らし続けられるまつづくり、(3) 魅力にあふれ活力あるまちづくり、(4) 地域の力やつながりをはぐくむまちづくり(神奈川区地域づくり大学校はここに仕分けられます)。

 

ということで、本講座受講の主目的を「神奈川区運営方針はこの4本柱でMECE状態といえるのか」の分析とし、併せ、上記4本柱のごとく「行政の文書では何故このように仮名を多用するのか」についても探ってみたいものです。

 

神奈川区運営方針


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
新々々あらく農園日記 (25) アカカミキリの幼虫

 

木工作業に必要となったので竹林から真竹を取ってきて、いざ鉈で割ったところ中から大量の木屑と芋虫が転がり出てきました。調べてみるとアカカミキリの幼虫で、ヤマザクラで見つけたカミキリムシの幼虫と形が似ています。

 

さて、竹を切る最中に頭から浴びてしまった木屑、実は幼虫の排せつ物。ネットによれば、これがアトピーに効くといった研究をしている仁もいるそうで、虫だけでなく人間の多様性にも驚かされます。

 

アカカミキリ

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
新々々あらく農園日記 (24) 巨大スイカ

 

炎天下の除草を終えてお茶の時間となる際に、一人では重すぎて持てないから一緒に取りに行って欲しいと浜太郎さんと生協まで出かけ冷蔵庫から取り出したのは巨大なスイカ。お客様による重さ当てクイズに生協で使ったそうで、重さは何と44kg。

 

帰ってネットで調べると、アメリカで開発されたコンテスト用巨大スイカ「カロライナ・クロス(Carolina Cross)」で間違いなし。皆で食べてみたところ甘味が少なく、ネットにあった「食用には不向き」どおりでした。埼玉にある「野口のタネ」で5粒514円で種子を売っているので育ててみたいですが、栽植密度は1株あたり5岼幣緝要という点と一人で動かせないというのが引っかかります。

 

巨大スイカ

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
猛暑の野菜販売

 

毎月町内会館で開催される「すみれカフェ」に合わせて会館前で野菜を販売していますが、今月は35℃近い猛暑の中、タープ2張りのお蔭で野菜も販売人も熱中症にならずに済みました。

 

2年前の酷い熱中症以来、暑い日の農作業にはイオンのPB「スポーツドリンク」なるスポーツ飲料を水筒に詰めて外出していますが、最近は室内での木工でも飲まずにはいられない高温が続いているので、こうなると1本500mlあたり2.5gと、ポカリスエットの約12分の1ではあるものの糖分の摂り過ぎが心配。

 

ネットによれば、糖質には水分吸収を促進する効果や運動時のエネルギー補給という役割があるそうですが、余り動かない高齢者には糖質ゼロで良かろうと考え「イオンウォーター」なるスポーツ飲料を取り寄せることにしました。どんな味がするのだろうか。

 

野菜販売会

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
新々々あらく農園日記 (23) 日除け作り

 

朝一番のサツマイモ畑の除草で大汗をかき、お茶の時間で疲労回復できたかなと思ったのも束の間、新しい作業場に朝日があたって仕事にならないということで日除けを取りつけることになりました。長さ3間の真竹3本を切り出し、半分に割って幅1間の簾3枚を挟み、それを鉄骨の梁まで持ち上げ、太紐で柱に結び付けて幅5.4m、高さ2.4mの巨大日除けの完成です。

 

日除け完成

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
新々々あらく農園日記 (22) ロッカー室のフック作り

 

女性ボランティア達から、長靴を置いたりするロッカー小屋を整理したので棚を作って欲しいと依頼があったものの、狭い部屋に棚を追加すればますます狭くなろうということで、荷物を引っかけるフックを取りつけることとしました。

 

木遊びでSPFとオークの丸棒でちょこっと作った簡単フック、合計30個。これだけあれば全員の荷物をぶら下げることができます。

 

フック

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
新々々あらく農園日記 (21) 蜜蜂の巣箱台完成

 

巣箱台を畑の斜面に設置し巣箱を載せたところです。隣の巣箱には最近になって蜜蜂が出入りしていることが確認されたので、蜜蜂誘引の可能性に期待して、キンリョウヘンの鉢をこの巣箱前に移動しました。ネットには、蜜蜂が棲みつく時期は4月末頃までとあったので、今年住人を迎えるのは難しいかもしれません。

 

完成

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
新々々あらく農園日記 (20) 蜜蜂の巣箱台塗装中

 

あらく農園指定のサカキの枝とわが家のケヤキの枝を脚にしたので重くなってしまいましたが、台はもうすぐ完成です。耐候性塗料Sikkensを塗ったものの、キノコ類などの餌になって2〜3年後には脚の交換となる可能性が高いです。

 

塗装中

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
新々々あらく農園日記 (19) 重労働の証

 

あらく農園での農作業は、2014年に開催された神奈川区役所主催の講座「畑で楽しむやさいの時間」を受講して以来5年目に突入し、重労働の証として2代目の長靴の側面が割れてしまいました。毎週火木午前中の農作業が体力維持に寄与しているのか、除草など腰の負担が大きな作業が原因で背筋痛となっているのか、いずれも正しいんでしょうが、この4年間で体力が相当に衰えたことは確かで、この「農園日記」をいつまで続けられるのやら。

 

長靴と手袋

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
新々々あらく農園日記 (18) 蜜蜂の巣箱台作り

 

農園の片隅に蜜蜂用の巣箱が2セット置いてあり、壊れてしまった1セットの台を作るのが今回のプロジェクト。巣箱の前に置かれたキンリョウヘン(金稜辺、蜜蜂蘭とも呼ばれる)の花が蜜蜂を誘うのだそうで、養蜂も奥が深そう。しかしながら、新しく出現した「面白そうなこと」にこれ以上時間を割く余裕がないので、今回は巣箱そのものには触れずに台作りに専念することとします。

 

蜜蜂用巣箱

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
のんのん三ツ沢店閉店

 

一昨年の和菓子屋、昨年の薬局に続いていて、この4月には太巻きや稲荷寿司の「のんのん三ツ沢店」が閉店しました。閉店直前に弟がご主人と話すことができて、毎日の店頭販売の他に催し物向けの何百本もの太巻きを夜中までかけて作ることが体力的に難しくなったのが閉店理由だそうで、だったら店頭だけにすれば良いのにと感じはしましたが、いずれにしても高齢化と後継者不在がいずれの商店の課題でしょうし、これは商店にとどまらず一般家庭の課題でもありそうです。

 

のんのん三ツ沢店

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
新々々あらく農園日記 (17) 看板修理

 

近くの小学生が「総合的学習の時間(総合)」を使ってあらく農園で野菜作りしていることは本日記で何回か触れてきましたが、それぞれの小学校が地域住民へ活動をアピールするためでしょうか、畑に手作りの看板を立てています。

 

脚が腐ってその看板が倒れてしまったので木工専門職の小生の出番となり、先日切った桜の丸太を脚にしました。この他にも蜜蜂の巣を乗せる台作り、竈の屋根作り、小さな小屋作りと課題山積ですが(他にもあるかもしれません)、高齢者としては今のペースが目一杯なのであります。トホホ。

 

修理完了

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Profile + Power Search

Search

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode