Page: 1/13   >>
曲木に挑戦 (2) 装置完成

 

HCで手に入れた鍋のつまみを取り外し、そこに耐熱ホースを取りつけ、ホースの反対側をコンパネで作った蒸し器に挿して完成。カセット・コンロに火をつければ高温の蒸気が蒸し器に送られ、セルロース(植物繊維の主成分)をつないでいるリグニンという物質を柔らかくするので木を曲げられ、温度が下がると再びリグニンは硬化し曲木が完成ということらしい。

 

ところで、リグニンやセルロースを分解できる白色腐朽菌(木材腐朽菌、スギヒラタケなど)が現れたのは石炭紀(約2億9千万年前)で、それまでは腐朽菌がいなかったために木は腐りにくく、地中で圧力を受けて石炭へと変質したそうです。このスギヒラタケと石炭の関係は面白い。

 

装置完成

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
保育園プロジェクト (13) 列車作り

 

保育園への出前木遊び、7月から9月の3回は「街作り」、7月には街の「土地(3x6のパイン集成材)」にペンキを塗りました。8月はその上に建てる家を作ったり列車を塗装したりする予定で、その列車がようやくできあがりました。園児1人が1輌にそれぞれ色を付けるので、どんな10輌編成になるのか、今から楽しみです。

 

列車完成

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
曲木に挑戦 (1) 始まりました

 

メンバーの一人が小箱の持ち手を曲木して作りたいとのことで、是非実現しようと蒸し器の部材を集め始めました。木を高温の蒸気にさらし、柔らかくなったら型に当てて所定の形に整形するのが、今回の曲木の手順です(他にもやり方はありそう)。木を蒸す仕掛けは、蒸気発生装置、木を高温にする蒸し器、蒸気を送るパイプの3点で構成され、写真はHC他で手に入れた内径20mmの耐熱パイプとパイプ両端に付ける継手。鍋で発生させた蒸気をパイプで蒸し器に送り込むことにしますが、このパイプを上手く鍋に取り付けられるのか、乞うご期待。

 

耐熱パイプ

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
保育園プロジェクト (12) 7月は街作り

 

7月の保育園での「出前木遊び」は「街作り」の初回。2週間ほど前に集成材で作り仮塗装した「土地」に園児たちに本塗装してもらうのが中心で、5~6歳児のことなのでペンキがあちらこちらにはみ出しました。この「土地」は一旦木遊びに持ち帰って、はみ出した塗料を削り取りラッカー塗装し8月に再び保育園に登場する予定です。

 

今回は鋸の使い方も練習してもらいました。万力に挟んだ角材を切るという単純な作業でしたが、彼らとしては初体験だったようで大騒ぎ。これからも鋸を使ったプログラムを考えましょう。

 

塗装中

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
大家さんからトマト

 

木遊びの大家さんがトマトを手に現れて「豊作なのでどうぞ」と。大家さんはサラリーマンを卒業してから家業の梨畑を継いだと聞いていましたが、トマトも作っておられるようで、ありがたく頂戴しました。お宅の隣にある梨畑は昨年末に整地されコンビニが建つとの話があり便利になると喜んでいたものの、進展していないとのこと。不動産業も中々大変です。

 

大家さんのトマト

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
保育園プロジェクト (11) 街の土台作り 仮塗装

 

川、線路、道路を掘り下げた土地に色をつけるのが次なる作業で、これを全て保育園児に任せると時間もかかろうし、塗り間違いもおきるだろうということで、仮塗装しました。所要時間は約2時間。保育園指定の川は水色、線路は黄色、宅地は緑色としたものの、線路は赤にしたかったというのが、この時点での小生の感想です。

 

仮塗装

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
保育園プロジェクト (10) 街の土台作り

 

保育園の夏のお題は「街づくり」で、土地の上に手づくりの家を建てて遊ぼうという趣向です。木遊びの高齢者としては宅地に線路や川も加えようと3x6のパイン集成材にトリマーで溝掘り。中央から左上に伸びるのは深さ6mmの川で上流には池が、また手前を横切るのは深さ3mmの線路、川の右に作った道路も深さ3mmで線路と平面交差しています。

 

7月は園児たちがこの街に色をつけ、8月には家と列車を作って、9月に全て集めて街をつくって楽しもうという算段ですが、各1時間の中でどこまでできるのか、準備をどこまで進めておけば良いのか、なかなか悩ましい3か月となりそうです。

 

溝掘り完了

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
看板再塗装

 

3年半前に作った木遊びの看板が大分疲れてきたのでサンデイングしてから耐候性塗料Sikkensを塗ったところ、ケヤキ特有の色に戻りました。3年半後の木遊びはどんな人々が集まる場所になっているのか、楽しみです。

 

再塗装

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Triton 2000 Workcentre

 

木遊びメンバーの一人が、10数年前に手に入れながら一度も使わなかった電動工具を一緒に組み立ててくれということで、ショボい取説を見ながら頑張ったのですが使途不明の部品やネジが出てきたため、Tritonユーザーにも参加してもらってようやく完成。

 

オーストラリア製のこの製品、丸鋸縦切り、横切り、ルーターなどなど複数種の電動工具で使えるように設計されているものの少々凝りすぎの感ありで、取説無しでは組み立てられないくらい複雑だし、加えて作りが華奢でした。

 

唯一面白いと思ったのは、丸鋸で材を薄く切る際に怪我しないようフェンスに取付けて使う「Guided Push-stick」なる部品(フェンスに乗っている黒と赤の樹脂部品)。しかしながら実際使ってみると、長い材の場合には邪魔になって期待外れ。高齢者の木工には単純な電動工具が一番です。

 

Triton 2000 Workcentre

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
「3年後」の2年目

 

2年前の2016年夏に始まった、木遊び近くの早淵川に橋を架けるノンビリ工事が進んでようやく橋の形が見えてきました。近くに設置してある看板には「平成28年7月から3年間程度、橋台新設工事のため、現在ご利用の歩道が通行止めとなります」とあり、後1年で完成と見込まれますが、地権者との交渉が遅れているのか前後の道路の一部が未完成で、金をかけた社会インフラの活用までには暫く時間がかかりそうです。

 

橋の形が

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
HTTP400

 

木遊びのHPの「管理人のブログ」の記事の殆どは「木遊びギャラリー」と称するメンバーの作品紹介記事で、週に1回ほど更新していますが、最近の投稿で記事の写真部分に小さなアイコンが表示され、それをクリックすると「HTTP400(Bad Request)」エラーとなるというが問題が発生しました。

 

ネットで調べると「HTTP400は端末かブラウザーの問題」とあったので、IEのCookieを削除したり、Android(スマホ)で見てみたりしたものの解決せず、友人のIT専門家に問い合わせたところ、写真のファイル名を日本語で登録したことが原因かもしれないということで、アルファベットに替えて登録し直したら、これがBingo。世の中は広いし、ITの世界は深い。

 

木遊びGallery

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
成田の別世界

 

木遊びメンバーのKさんと管理人幸兵衛さんの3人でKさんの友人Oさんを訪ねて成田までドライブ。Oさんが沢山持っているという材木を頂戴することが目的だったのですが、針葉樹が多くて少々残念でした。使いやすい材としてOさんに見せていただいた「イシビ」なる針葉樹は、その後調べてみると「千葉県ではヒノキのことをイシビ、サワラのことをヒノキと称することがある」とのことで、ヒノキの臭いの理由が分かりました。

 

それにしても、広い庭に点在する倉庫にこれほどの材木と木工機械を所蔵しているだけでも信じ難いことですが、他にもクラシック・カーや1000cc級のバイクが何台も庭に置いてあったり、別世界を体験できました。昼は成田山近くの「川豊」で上鰻重をご馳走になり、恐縮しながら帰途についた次第。ありがとうございました。

 

豪華ランチ

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
保育園プロジェクト (9) 6月は時計作り

 

6月は8名の園児による腕時計とペンダント時計作り。5歳ともなれば時計を見て時刻も言えるし、一部が鏡文字となりますが数字は書けるし、来春の小学校入学が楽しみです。

 

さて、7月からは3か月かけての「街作り」で、3尺6尺のパイン集成材の上に、道路、川、線路などを描いて、そこに家を建てたり列車を走らせたりする予定。保育園には、万力と鋸、ボール盤、家の窓作りのための小型角ノミ盤などを持ち込んで木の加工から体験してもらおうと考えていますが、どうなることやら。

 

腕時計完成

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
保育園プロジェクト (8) 腕時計など準備中

 

保育園への「出前木遊び」、4月の積み木遊び、5月の花壇の柵作りに続いて6月は時計作りで、腕時計10個、ペンダント時計10個を食卓で塗装中。「出前木遊び」では盤面にポスカなどで数字と針を描き、ベルトや紐をつけて完成となります。先生方に好評だった腕時計の試作品を園児が目にした時の反応が楽しみです。

 

時計準備中

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
保育園プロジェクト (7) 花壇の柵完成

 

保育園での「木遊び」第2回目は花壇の柵作り。木遊びで作った柵84枚にポスカで思い思いの絵を描き、庭に設えた小さな花壇の縁に挿し込んで完成。5歳ともなると、持ち込んだ木槌で柵を叩いて花壇に挿すくらいは朝飯前だったので、いずれ鋸、金槌、ドライバーなどの使い方も教えてみたいですね。

 

さて、来年3月まで続く保育園の「木遊び」における唯一の心配は高齢者の体力。園児たちと一緒に柵に絵を描き、柵の枚数を何回も数え、スコップで花壇の土を一旦どけて、柵を土に挿すのを手伝い、最後に再び土を花壇に入れてと、64歳下の若者と一緒に1時間も遊ぶと昼寝が必要なほどに疲れるんです。トホホ。

 

柵に絵を描く

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Profile + Power Search

Search

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode