Page: 1/15   >>
味噌2018 (1) 仕込み

 

一昨年昨年の味噌作り会で農業ボランティア仲間は免許皆伝となり、今年は一人ぼっちの仕込みでした。米糀3升、麦麹4升に大豆7升はいつもと変わりませんが、大豆1升あたりの塩の量500gを今年は減塩味噌を狙って400gとしたので、夏場を乗り切れるかやや心配。大豆も昨年までのトヨマサリからトヨムスメに代わったようで、茹でた豆の味はトヨマサリに軍配が上がるものの、トヨムスメがどんな味にしてくれるのか楽しみです。

 

大豆7升

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
味噌2017 (3) 完成

 

2017年3月5日に仕込んで10月5日に天地返しした味噌、米、麦併せて約33kgが完成しました。毎年のことなので特記事項無し。今年は農業ボランティアに声掛けしていないので、2日後の仕込みは静かな半日作業となりそうです。

 

完成

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ネスカフェ ゴールドブレンド

 

木遊び斜め向かいのオーケーで昨年11月に手に入れた妙に安い3瓶のゴールドブレンド(写真左から2番目)を飲んでしまったので再びオーケーで買ったのは10g少なくなった80g瓶(写真左端)。中型瓶も以前の135g瓶(写真右側)から120g瓶(写真右から2番目)へと量が減っていていました。

 

ネスカフェは何故同サイズの瓶で値上げすることを選ばずに瓶を小さくして価格を据え置いたのだろうか。瓶を作り替えるコストも馬鹿にならないだろうし、今後の値上げではどうするのか心配になりますが、この調子なら更に小さな70g瓶と105g瓶が登場するかもしれませんし、ギフト・セットに見られる65g瓶やネットで販売している30g瓶に、将来的には合流させる作戦かもしれません。

 

ゴールドブレンド

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
仔豚の鼻

 

カテゴリー:Foods(食べ物)ですが、今回はお犬様の食べ物の話。息子が秋田犬の「あきちゃん」用に買ってきたのが「仔豚の鼻」という名前そのままの代物で、袋には「国産の仔豚の鼻を無着色で乾燥し、発泡処理をして食べ易くしました。嗜好性が良く、歯と歯茎の健康に最適です。1日当りの給与の目安:体重5kgに対して1個(約10g)です。天然の為多少黒い部分が出ますが品質に問題ありません」と書いてありますが、「発泡処理」とは何だろうか。

 

中国では豚の鼻は立派な食材のようだし、沖縄にはミミガーがあるし、ホルモン料理屋も増えましたが、小生にとっていずれも食欲が全くわかない代物で、新しく珍しいものを食べるために投じるエネルギーについては、他の暇つぶしで活用したいと考えております。

 

子豚の鼻

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
アーモンド・チョコレート

 

小生の大好物の一つがアーモンド・チョコレートで列車旅のお供にしたりしていますが、最近、小鉋をお譲りした木工女子からお礼にいただいたり、年末になるとお出ましになる漆器作家がロッテと明治を比べてみようと買ってきてくださったりして、木遊びの食卓が華やいでいます。

 

さて、写真のロッテと明治とを食べ比べてみると、(1) 内容量はロッテが95g、明治が88gとロッテの勝ち、(2) 味は明治の方が甘めと、ロッテのパッケージに書いてある「甘すぎないおいしさ」「10%増量」がいずれも対明治の比較メッセージのとおり。個人的にはロッテの方が好きですが、以前食べたRoyceのチョコには勝てないし、ドイツの空港で手に入れたGodivaのアーモンド・チョコレートも捨てがたく、再会を期するばかりです。

 

アーモンド・チョコレート

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
こんな酢豚もあります

 

木遊びでの昼食は最寄りのオーケーの弁当、中でも酢豚弁当、カツ丼と豚カツ弁当で95%を占めますが、ある日、酢豚弁当が見当たらないので店員に聞いたところ「今日はお休みです」と説明され、仕方なく酢豚とご飯を手に入れた次第。弁当に入っているエビ、シューマイ、卵焼きは食べられませんが、酢豚の量が弁当より多い感じがして、また料金も弁当358円(税抜き)に対して酢豚247円、ご飯100円と略同じで、酢豚好きとしてはこれで十分です。写真上に見えるのはDoleのフルーツミックス・ヨーグルト、これまた毎回のデザートして定着していて、変われない高齢者なんです。

 

今日の昼食


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
好物のことを知る

 

小生は豚肉好きで、寒い時期のわが家では鍋が多いことについては既に触れたとおりですが、10月28日付日経プラス1の何でもランキングに「お肉の基本 知っている?」との興味ある記事があり、備忘録として以下に書きとめます。

 

【牛肉】

  • 牛肉は、国産牛と輸入牛に分けられ、飼育した期間が最も長い場所を原産地として表示できるので、外国のアンガス種などでも素(もと)牛として輸入して日本国内で最も長く飼育されれば国産牛と呼ぶ。
  • 国産牛はさらに(1)和牛、(2)乳牛(ホルスタイン)、(3)交雑牛(和牛とホルスタインの掛け合わせ)に分かれる。
  • 和牛は日本にもともといた農耕用の牛を欧米の肉牛と交配して改良した品種で(1)黒毛和種、(2)褐毛(あかげ)和種、(3)日本短角種、(4)無角和種の4種類があり黒毛和種が98%を占める。
  • 流通している牛肉全体の半分が和牛、3割が乳牛、2割が交雑種で、国産牛と表示している肉の多くはホルスタイン(和牛を国産牛とは表示しない)。

【豚肉】

  • 三元豚とは、繁殖性に優れたランドレース種と大ヨークシャー種を掛け合わせた交配豚に、肉質の優れたデュロック種を掛け合わせたものが主流で、国産豚の75%が三元豚。外国産の豚の中には四元豚もある。
  • 黒豚とは肉質、脂肪質ともに優れたバークシャー純粋種のみをいい、国産外国産を問わず黒豚と表示できるので、米国産黒豚ロースといった表示ができる(和牛は国産に限るので米国産和牛とは表示できない)。黒豚は、日本では鹿児島地方で多く飼育されている。
  • 豚は生後6か月で出荷される(1.5kgで生まれた子豚は出荷時には100kgを超える。和牛は出荷まで豚の5倍の30か月)。北海道ホエイ豚協議会の認証基準はウエイを肥育期間に135L以上飲ませるのだそうで、肥育期間180日の間、毎日平均で0.75L飲むことになる。

ところで、小生が美味いと感じる豚肉を生産する山形県平田牧場のHPを見たところ、育て方について次のような特徴があるようですが、これで味に大きな違いが出るものだろうか。(1) 飼育日数:200〜240日(一般的豚舎では150〜180日)、(2) 飼育環境:全面開放型豚舎で1頭あたり面積1屐米院¬閉型(窓無し)豚舎で1頭あたり0.75屐法(3) 給餌内容:NON-GMO&ポストハーベストフリーの指定配合飼料、飼料米(同、トウモロコシ中心の飼料(遺伝子組み換え不分別))。

 

平牧ロース


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
安くなるには訳がある

 

木遊びでの昼食は斜め向かいのOKの弁当と決まっており、買い出しのついでにコーヒーを探していたら税込441円(90g瓶)のゴールド・ブレンドを見つけました。ゴールド・ブレンドは開封した時の香りのよさに魅かれて飲み続けているコーヒーで、一般の店なら700〜800円、OKで500円少々と高めなので、感激して3瓶手に入れわが家に帰ってネットで調べたら安い訳が分かりました。

 

今年は1967年に発売開始されたゴールド・ブレンドの50周年にあたり「香り、味わいを進化させた」新製品が9月末に発売されたとのことで、OKで買ったのは在庫処分品ということになります。この3瓶を飲み干したら新製品を買うことになりますが、90gではなく80gと量が減ったようで、OKでいくらで売ることになるのか気になるところです。

 

ゴールド・ブレンド


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ウエイ豚

 

寒くなるとわが家の夕食における「鍋率」は高くなり、鍋の種類と回数では豚肉がダントツの1位、続いて時々見かける牛肉が2位、魚は年に数回といったところで、鳥は殆ど出てきません。

 

今冬の初鍋は「10月中旬の都心の最高気温が15℃を下回ったのは46年ぶり(毎日新聞)」だった10月16日で、木遊びの隣にある OK で豚肉と野菜を買って帰るよう沙汰があり出かけてみると、そこには懐かしい北海道産のウエイ(whey、乳清、チーズを作る際に出る絞り汁。ホエイ、ホエーと発音するが英語圏ではwayと同じくウエイと発音するそうです)豚が。

 

2005年から2006年にかけて十勝支庁の仕事で毎月のように帯広に出張しましたが、打ち合わせに出かけた芽室町では SPF豚(Specific Pathogen Free、指定疾病不在)を、帯広市や中札内村ではウエイ豚(ウエイを肥育期間に135L以上飲ませるのが「北海道ホエイ豚協議会」の認証基準)を使った豚丼を食べ歩くことが楽しみのひとつでした。

 

期待して左のもも肉を鍋にしてみたのですが、残念ながら十勝で感激した味は戻って来ず、一緒に食べた生活クラブの平田牧場産肩ロースの勝利でした。平田牧場ではどんな方法で豚を育てているのだろうか。

 

ウエイ豚


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
味噌2017 (2) 天地返し

 

今年の天地返しも仕込みから7か月後の10月となってしまいました。夏に行うのと大きな違いはないようだし、汗をかかずにすむので、高齢者としてはどうしても遅れがちとなります。写真左は麦味噌、右は米味噌、重石とラップを取り除いたところですが、周辺部分以外に大したカビは見られず、所要時間30分の簡単天地返しでした。試食したところすでに大した味でしたが、さらに熟成が進む来春が楽しみ。

 

天地返し


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
芋焼酎 Kugilla

 

わが家での情報交換会にボランティア仲間のMさんが持ってきてくれたのは、Kugilla と書いて「くじら」と読むそうな、鹿児島は大海酒造の軽めでさっぱりした芋焼酎。2人で1本あけながらの話題の中心は、農業関連情報を地図上に工夫して表示することにより地産地消に貢献できないかという案件で、地図の活用に関心がある小生としては今後とも情報共有したいものです。

 

芋焼酎くじら

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ザンガラ煮@Per Favore

 

帰宅が遅かったので久しぶりに外食しようと反町駅に向けて歩き始めたところ、国道1号ガーデン下バス停近くに「Per Favore」なる洒落た店を発見。店主が久里浜沖で釣ってきたハナダイとアジのカルパッチョ、カプレーゼ、ピザ、ラザーニャ、最後は写真のイカとアサリのザンガラ煮(アクア・パッツァ)。

 

イタリアンなのでさすがに芋焼酎は置いてありませんでしたが、これまた久しぶりの白ワインを結局はカラフェ2杯飲んで大満足。歩いて10分程と至近距離にある良店との出会いに感謝ですが、料理をもう少々薄味にしていただければ、店主との楽しい会話を加点して★3つとなります。

 

ザンガラ煮

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
味噌2017 (1) 仕込み

 

昨年に続いて畑仲間がわが家に集まっての味噌作りでは、3日間で13名が、麹26升、大豆も26升、塩14kgの材料を使って合計126kg程の味噌の仕込みを終えました。

 

特に最終日は横浜崎陽軒のシウマイ弁当を食べながらの作業となる中、参加者の一人から辛子をシウマイの上に丸く乗せ、その中に醤油を注げば醤油をつける皿が不要という技術の披露もあったり、和菓子や手作りケーキを食べたり、更に仕込み終わってから3時間もお喋りしたり、終わってみると3日連続のどんちゃん騒ぎ後のような疲労感をおぼえています。味噌作り方法の簡単な説明書を手渡し、わが家での味噌作りは今年が最後ですよと皆には念を押したのですが、来年どうなるのか、今から心配です。

 

シウマイ弁当

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
味噌2016 (4) 完成

 

2016年2月27日に仕込み、10月12日に天地返しした味噌を、2017年仕込みの前日になってようやく甕から出しましたが、天地返し以降にカビは殆ど無く、上出来だったのではないでしょうか。左の米味噌13.6kg、右の麦味噌19.1kgはいずれも柔らかめで、それぞれ半分は知人へのプレゼントとなる見込み。

 

完成

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
第二の朝食

 

7時半の朝食から2時間半、家から車で第三京浜を通って木遊びに到着する10時頃にはお腹もすいてくるので、途中のセブンイレブンでホットLとドーナッツ、あるいはリンゴのデニッシュを手に入れるのが最近の習慣となっていて、昔々のドイツ時代に現地スタッフが美味しそうに食べていた「das zweite Flühstück(第二の朝食)」と同じ。

 

ドイツ人の場合はBrötchen(ブレートヒェン、外側がバゲットのように硬い丸パン)を横半分に割って、蜂蜜、ジャムなどを中に塗って食べていたと記憶しますが、当時羨ましかったドイツ人的生活を今送ることができているということでしょうか。

 

朝食

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

Profile + Power Search

Search

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode