Page: 1/14   >>
家内が入院 (15) 薬の名前は濁音が多い

 

家内が世話になっている薬の名前には濁音が多く使われていますが、小生が2か月ごとに処方してもらう高血圧と高コレステロール治療薬の名前は次のとおり。「怪獣の名はなぜガギグゲゴなのか」という本がありましたが、薬の名前に濁音や半濁音が多いのは何故だろうか。

 

朝:バイアスピリン錠100mg(血の流れを良くする)

  トリクロルメチアジド錠1mg(むくみをとる、血圧を下げる)

夜:バルサルタン錠80mg(血圧を下げる)

  ピタバスタチンCa・OD錠1mg(コレステロールを下げる)

  ドキサゾシン錠1mg(血圧を下げる)

 

薬の山

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
家内が入院 (14) 可愛いお見舞い

 

野菜販売でお付き合いがあった農家の若者たちから家内への見舞いとして「となりのトトロ」のメイちゃんをいただき、添えられた手紙に「七国山病院の母さんを待っている気分です」とありました。ありがとう。早く元気になって彼らが作った新鮮野菜の買い出しに出かけたいものです。

 

メイちゃん

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
家内が入院 (13) 中間報告会

 

全8回の治療サイクルの半分が終了し体調も大分回復してきたので、お世話になっている近所のお二人とクリームあんみつを食べながらのお茶会。いただいた堂島ロールなどを前に友人と話す家内の活き活きとした顔が印象的でした。後4回の治療が上手く進むことを祈ります。

 

中間報告会

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
家内が入院 (12) 中間PET検査

 

治療の3サイクルが終わった時点で念のためにPET(Positron Emission Tomography、陽電子放射断層撮影)検査しましょうということで、4サイクル目が始まる前日に検査を受けたところ、6月末の入院前検査と比べ大幅な改善がみられると医師から説明があり、ホッとしました。この調子で治療が進んで欲しいものです。

 

PET検査

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
家内が入院 (11) 炊事と木工の違い

 

家内が入院中の食生活は、朝はいつもの自家製食パンにジャムとチーズと蜂蜜、木遊びでの昼はOKのサンドイッチ、自宅の場合は適当に、夜はカレー、ハヤシ、焼魚、野菜炒め、ラーメンあたりで、副菜などはなく時々味噌汁とお新香といった感じ。

 

この日は病院の帰りに生協に寄って牛肉とサーモンを入手。二日分の材料を揃えることは初めてで、選択肢がハヤシライスか焼魚の2種類に広がりました。勿論、焼肉にしても良い訳です。炊事と木工はいずれも何かを作るという営為であるものの、何が違うのか考えてみました。

 

1. 所要時間: 炊事は1日3回、ほぼ定刻までに終わらせる必要があるが、木工、特に

  高齢者の木工では時間制限なし。

2. 素材: 食材は基本的に時間経過とともに劣化し、腐ってしまうが、材木の場合は

  大きくは変化せず。

3. 進め方: 炊事は1汁3菜とご飯のように複数を同時並行的に調理するが、多くの

  木工の場合、何かを作り終えたら次の作品を作り始めるという逐次型である。

 

買出し

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
家内が入院 (10) 3サイクル目卒業

 

3サイクル目の治療を終えて家内が退院しました。今回の入院前に酷かった寝汗は改善したとのことで、一安心。数日後に予定される血液検査とPET検査の結果を待ちます。

 

さて、入院中は配達係として毎夕のように病院へ出かけますが、ステロイド剤の副作用で高血糖の家内には申し訳なくも、夕食前の空腹を紛らわすために院内のファミマで手に入れてデイルームで食べるカフェラテとりんごのデニッシュが通院の楽しみとなっています。ただ、デニッシュはパンの一種なので文句は言えませんが、個人的にはローソンのアップルパイの方が好みです。

 

寺家木工舎時代の鶏唐揚げ弁当、サバ塩焼き弁当、木遊びに移ってからの酢豚弁当、鮭のっけ弁当、最近のサンドイッチと、時代時代にお世話になった食べ物を思い出しますが、その一つにカフェラテとりんごのデニッシュが加わりました。平和だね。

 

これが楽しみ

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
高砂人形の修理

 

家内の母が作った木目込みの高砂人形がケースの中で後ろに倒れてしまうというので、支えとなる木片を踵の部分に接着して作業完了という簡単木工でした。

 

さて、「高砂人形」なる存在を実は今回初めて知ったのでネットで調べてみると、長寿と夫婦円満の縁起物として結納の一品目だそうで、翁が熊手を持ち媼が箒を持つのは「お前百まで(掃くまで)、わしゃ九十九まで(熊手)」と長寿の願いを表すとのこと。

 

しかしながら、結婚に際して結納の儀式をパスしたり、仲人を立てなかったり、伝統的日本文化に不寛容なる断捨離中の高齢者としては、これだけの空間を占有してまで長寿を願うという風習には馴染めません。

 

高砂人形

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
家内が入院 (9) 2サイクル目卒業

 

酷い副作用もなく治療の第2サイクルが進み、今回は6日目に一時退院、その2日後に通院で血液検査となりました。体調は良さそうで何よりです。

 

退院した日には生活クラブのデポで食材を調達、夕食は希望の和食店が満席で反町の八龍へ、翌朝には八百屋で果物などを入手。病院ではなかなか食べられないものを食べて、2週間後に始まる第3サイクルに向け、体力をつけて欲しいですね。

 

果物買出し

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
家内が入院 (8) 体温計は難しい

 

家内から短時間で測れる体温計が欲しいとのリクエストを受けてヨドバシ・コムで注文したのはオムロンのMC-171W。数日で届いたので説明書を見ると「正確な体温測定には10分間取り出さないように」とあり、販売サイトの情報開示が不親切と感じてヘルプデスクに電話で交換を申し入れたら、交換は初期不良の場合のみで、「実測式」が測定時間がかかるのは当たり前、商品説明頁の商品仕様部分に「電池寿命:約1,100回(実測約10分)」とあるではないかとの乱暴な説明でした。

 

「交換」は受けられないということで返送料自己負担で「返品」し、10分かかる「実測式」ではなく15秒で測れる「予測式」を手に入れることとしましたが、販売サイトにおいては両方式の違いについて消費者に分かりやすく説明して欲しいものです。

体温計

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
家内が入院 (7) 1サイクル目卒業

 

7月3日に入院、11日に始まった最初の治療サイクルの検査結果が出て一時退院できることになりました。しかしながら退院の期間は短く、7月31日に再入院、翌8月1日から2サイクル目の治療開始。薬の副作用が少ないことを祈ります。

 

さて、病院食が3週間を超えた家内が寿司を食べたいということで、木工の帰りに銚子丸で寿司を調達し冷蔵庫で保管しておいたものの、日が暮れて食べ始めたころには鮮度が落ちていて、感激は今一つ。治療と並行して、外食ができるくらいの体力維持が重要であることを改めて認識しました。

 

銚子丸


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
家内が入院 (6) 半世紀ぶりの針仕事

 

この半世紀、針仕事は全て母と家内に頼んできたように記憶しますが、家内の裁縫箱から久しぶりに針と糸を取り出すこととなりました。理由は単純で、ズボンのポケットからボールペンが落ちるので確認してみると、数年前に家内に修理を頼んだ部分に再び穴があいているのを発見したからで、命の次に大事なボールペンのために何十年かぶりの針仕事となった次第。

 

しかしながら、布という柔らかい素材の加工は、木工に馴れた小生にとって繊細過ぎて難しく、針仕事を暇つぶしの一つに加えることは無さそうです。

 

針仕事

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
家内が入院 (5) 1クール ?

 

抗がん剤治療は決まった日数を何回か繰り返しますが、国立がん情報センターのHPではその「回」のことを「クール」とも呼ぶとあったので調べたところ、英語の cool には「回」の意味はなく、フランス語の cours ではないかと。発音は「クール」に近く、意味は「コース」。連続TV番組の一塊もクールと呼ぶようなので、これが語源なか。和製仏語かもしれない。

 

ドイツ語の Kur ではないかとの説もありましたが、発音は「クア」であり、意味は「療治、療法」で英語の cure と同じ。日本語発音を適当に当てはめると dating machine をダッチング・マシンと呼ぶような可笑しなことになるので要注意。

 

副作用


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:25 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
家内が入院 (3) 抗ガン剤は大変だ

 

家内のベッドの前の方が抗がん剤の注射を受ける際に腕やパジャマにこぼれ、腕は消毒、パジャマは着替えと大騒ぎになったそうです。ネットで調べると「抗がん剤には、がん細胞を殺滅させる一方で変異原性(生物の遺伝情報(DNAの塩基配列あるいは染色体の構造や数)に不可逆的な変化を引き起こす性質)、発がん性、催奇性(生物の発生段階において奇形を生じさせる性質や作用)等の有害な作用もあることが知られている(カーディナルヘルス社のHPより、括弧内は筆者追記)」とあり、医療従事者が抗がん剤に曝されることが大きな問題となっているそうです。

 

そんな劇薬を注射される訳なので、「正常な細胞でも、分裂速度の速い血液細胞や口腔(こうくう)粘膜、胃腸粘膜、毛根の細胞などは、抗がん剤の作用の影響を受けやすく、感染しやすくなったり(白血球減少による)、貧血・出血・吐き気・口内炎・下痢・味覚の変化・脱毛・皮膚の障害・爪の変化などの症状が副作用として現れます。また、心臓、腎臓、膀胱(ぼうこう)、肺や神経組織の細胞が影響を受けることや、生殖機能に影響がおよぶこともある。これらの副作用のうち、最も頻繁に現れる副作用は、(1) 吐き気、(2) 脱毛、(3) 白血球減少の3つ(国立がん研究センターHPより)」も已む無しの感じがします。どれもこれもリンパ腫を治療するための試練です。

 

写真は分子標的薬リツキシマブの袋。危険な薬のようでHazardous drugsと書かれたビニール袋で覆われています。

 

リツキシマブ


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【動画】すずちゃん、4歳と3か月

 

この4月に幼稚園の年中となった孫の「すずちゃん」、赤ちゃんだと思っていたら、娘からLINE動画が届いて、幼稚園の体操教室で縄跳びを披露していました。最近まで飛べなかったそうですが、自宅での猛練習が実ったようです。子供は成長し、高齢者は不自由となる、それが生き物の定め。

 


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
家内が入院 (3) 治療開始

 

いろいろな検査の結果を踏まえて家内の治療が始まりました。最初の5日間は輸液と飲み薬、残り16日間は検査結果次第で自宅に帰ることができるかもしれないという合計21日間を1サイクルとする治療を8サイクル、ということは治療開始が7月11日だったので全て終えるのは何と12月25日のクリスマス。枕元にある収納の扉に貼った、孫娘すずちゃんが書いたババの顔の絵を見ながら、じっくり治療して、良くなってください。

 

ババの顔


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Profile + Power Search

Search

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode