Page: 1/22   >>
最長距離貨物列車

 

JR貨物時刻表で知った最長距離貨物列車について表にしてみました。字が小さくて申し訳ありませんが、走行距離2,127.4km、所要時間37時間58分(因みにこれは札幌発博多行の場合で、博多発札幌行は42時間48分とのこと)。JR貨物では1回の運転は220km以内と決まっており運転士は合計14名。

 

なお、時刻表記載の距離を単純に合計すると2,165kmとなるが、本列車が寄らない新潟貨物ターミナルと湖西線経由のため通らない米原操車場への距離をかなりエイやと減らせば(ネット記事にあった)合計2,127.4kmとなるのであろうと考えた次第で、貨物列車の世界も奥が深い。暇だねぇ。

時刻表情報

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
地図の表現作法

 

「文春オンライン」で見つけた「ルポ・東京貨物ターミナル」の#1、「羽田空港の下を通る点線……夢にまで見た「東京港トンネル」を貨物列車で走破した」という長い名前の記事に、電気機関車に乗って東京貨物ターミナルへ向かう様子が記されていて興味津々。記事によれば「東京には鉄道貨物の拠点駅が二つある。主として北海道や東北、新潟方面への“北向き列車”が発着する隅田川駅に対して、九州や関西など“西向き列車”を柱とする東京貨物ターミナル駅」とのこと。

 

記事には、新川崎駅に隣接する新鶴見信号所から東京貨物ターミナルに向かう様子が描かれていて、新鶴見信号所を出て直ぐに貨物専用線を使って南武線に合流するとありました。その貨物専用線はどこにあるのか知りたく Google Map を見ましたが線路は無し(写真左側)。ならばと Mapion を見たところ、あるではありませんか「尻手短絡線」が(写真右側)。加えて Mapion の場合は引込み線などが細かく表現されています。

 

Google はゼンリンの地図を使っているのに対して Mapion はインクリメント・ピーの地図であり、地図提供会社や地図利用会社によって地図の表現作法が大きく異なることを、古希にして学びました。

 

地図いろいろ

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
とうとう4000件目

 

2008年9月25日に始めたこのブログ、毎日飽きもせずに更新してきて、これが4000件目の投稿で、今月末には12年目に入ります。

 

8000日後2041年の92歳は厳しいとして、4000日後2030年の81歳を元気に迎えることができれば、2027年に開業予定のリニア新幹線東京 - 名古屋間に乗ることができるということで、乗り鉄の人生はまだまだ続きます(写真はJR東海HPから拝借)。

 

リニア新幹線

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
HOYAエアリスト

 

米国から戻って手に入れたHOYAのエアリストなる眼鏡フレームを10数年愛用してきたところ、とうとうフレームとテンプル(つる)をつなぐ蝶番に使われていた樹脂製のリベットが壊れてしまいました。

 

既に生産中止となっているフレームの修理に8,748円かかると眼鏡屋に言われたので、自分で直そうと木遊び近くのシマホで細めのボルトとナットを入手。直径1mmほどのリベット穴をドリルで拡げ、M1.2のボルトを挿し込んだのがこの写真ですが、片方だけ金属が頭を出しているのはみっともないので反対側の丁番もM1.2ボルトに交換、〆て400円ほどで修理完了。

 

修理完了

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
オドノグエ ?

 

ビジネスインサイダーというサイトで見つけた2019年8月3日配信のニュース「光のスピードはあまりに遅い、NASAの科学者が作った三つのアニメーション」で驚くべき翻訳を見つけました。下の写真で赤線を引いた部分なのですが、NASAの科学者の名前「James O'Donoghue」を「ジェームズ・オドノグエ」としているんです。苗字はどう読んでも「オドノヒュー」あるいは米国風に「オダナヒュー」でしょうね。

 

さて、名前はとにかく、YouTubeで見られる三つのアニメーションは一見の価値があります。その内の一つは、地球と隣の惑星である火星の間(地球と火星が最接近した際の距離54.6百万km)を光が往復する様を、片道3分2秒の2倍、合計6分4秒の無声動画にしたもので、光の速度をもってしても宇宙旅行には何と時間がかかるのかを感じることができます。

 

なお、この動画には「Proxima Centauri(プロキシマ・ケンタウリ、4.2光年離れた太陽に最も近い恒星)との間を光が往復する様を動画にしたらYouTubeが壊れますよ」とか「地球と火星が最も離れた状態では、この動画の長さは8倍になるね」といったコメントがあり、科学的知識を踏まえたコメントを投稿することは、素晴らしい動画を作ることと同じくらい知的なことであると感じました。

 

ODonoghue

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
6600万年前の横浜

 

ネットで面白いサイトを見つけました(URLはdinosaurpictures.org/ancient-earth )。7億5千万年前からの地球上の大陸の離合集散を俯瞰できる素晴らしいサイトです(残念ながら英語で、小生のPCのIEではこのサイトを見ることができずEdgeで見ています)。

 

都市名を yokohama,kanagawa,jp 、時代を恐竜が絶滅した6600万年前に設定したところ表示されたのがこの写真で、○印が横浜の位置。先日読んだ「日本列島の誕生」によれば、日本列島がユーラシア大陸から分離し始めたのが2千万年ほど前とのことでしたが、この写真ではいずれ日本海となる内海が6600万年前から拡大しており、正確ではないかもしれません。

 

地球をドラッグすると見えない裏側も見えるようになります。画面左下には「Late Cretaceous. A mass extinction occurs, leading to the extinction of dinosaurs, many marine reptiles, all flying reptiles, and many marine invertebrates and other species. Scientists believe the extinction was caused by an asteroid impact on the present-day Yucatan Peninsula in Mexico.」と説明文が表示され、日本語にすると「白亜紀末期。大量絶滅が発生し、恐竜、海生爬虫類、翼竜、海中の無脊椎動物などが絶滅した。科学者たちは、この絶滅が現在のユカタン半島に落下した隕石によるものと理解している」といった感じ。

 

このシステムは、小生が模索中の「時空間望遠鏡」の好例であり、誰が、どんな技術を使ってこのようなシステムを作ったのか、知りたいものです。

 

6600万年前


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
箱根登山鉄道モハ1形

 

箱根登山鉄道のモハ1形は今年3月に小さな列車の家族に加わりましたが、自動車ニュースサイトResponseには珍しい鉄道関係記事によれば、本物は以下のとおり、とうとう引退したようです。

 

『モハ1形はもともと大正時代に登場したチキ1形と呼ばれる木造電車で、1950年の小田急電鉄の乗入れに際し、小田原 - 箱根湯本間の架線電圧を1500Vに昇圧(小田急は1500V、箱根登山鉄道は当時600V、現在は750V。なおResponseの記事には「小田原 - 箱根湯本間は複電圧化された」とあったが「箱根登山鉄道車輛は複電圧対応された」の間違いと思われる)。加えて小田急の軌間は1067mm、箱根登山鉄道は1435mmなので小田原 - 箱根湯本間は3線軌条化された。1950年に車体の鋼体化と複電圧化が実施され、1952年にはチキ1形からモハ1形に形式名を変更、1993年には103+107編成と104+106編成が2輌固定編成化された。

 

104+106編成は2007年までにモーターから継手を介して車軸を駆動させる近代的な「カルダン方式」に改められ、103+107編成のみが大正時代以来の「吊掛け式」として残っていたが、7月20日限りで引退。引退後は小田原市内にある「鈴廣蒲鉾本店」で店舗の一部として活用される見込み』

 

モハ1形

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
走行距離 111,111km

 

2018年3月に10万キロに到達したCOLT君の走行距離が111,111キロを超えました。朝、13キロ離れた木遊びへ向かおうとしたら111,111キロまで後4キロだったので、第三京浜を使わずに下道をトロトロ走ったところ、新横浜駅手前でゾロ目を撮影することができました。10万キロ以降の1日あたり走行距離は22.5キロで、最近は車で遠出することもなく近場をウロチョロと規則正しい生活を送っています。

 

ゾロ目

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
時空間望遠鏡 (5) 実現したいこと#4:「北海道旅客鉄道建設の歴史」 その2

 

180件のデータが入ったExcel表を開業年月日順に並び替え、1899年までの20年間に開業した路線を「乗りものニュース」サイトから拝借した地図の上に赤線で描いてみました(この地図は1964年時点でのものだそうで、1964年一部開業の白糠線と富内線、同年全線開業の美幸線、1981年開業の石勝線、1988年開業の海峡線、1992年開業の千歳線新千歳空港枝線は掲載されていません)。元データは次のとおり。

 

1880年(明治13年)11月28日:手宮 - 札幌

1882年(明治15年)11月13日:札幌 - 岩見沢、岩見沢 - 幌内

1888年(明治21年)12月10日:三笠 - 幾春別

1891年(明治24年)7月5日  :岩見沢 - 砂川、砂川 - 歌志内

1892年(明治25年)8月1日  :東室蘭 - 岩見沢

1892年(明治25年)11月1日  :追分 - 新夕張、新夕張 - 夕張

1897年(明治30年)7月1日  :東室蘭 - 室蘭

1898年(明治31年)7月16日  :砂川 - 旭川

1898年(明治31年)8月12日  :旭川 - 永山

1898年(明治31年)11月25日:永山 - 蘭留

1899年(明治32年)11月15日:蘭留 - 和寒

 

さて、この調子で地図を完成させても「鉄道建設の動き」は表現できないので、手間はかかるものの、以下のようなことを考えています。北海道から始めて全国をカバーするには何年かかるかわかりませんが、伊能忠敬が日本地図完成に要した17年はかからないであろうと思われます。

 

1. 1880年から2019年までは140年、1680か月なので、動きを表現する動画全体は

  1680枚の静止画で構成する。

2. 各静止画は「年月」をファイル名とし、その年月までに開業した路線を赤い線で

  表現した地図とする。

3. 静止画を集めて動画にする際に、次の静止画がボンヤリと現れてくるような工夫も

  してみたい。

  工事期間を2年として、2年前から薄い赤線で建設中を表現するのも面白いかも

  しれない。

4. 各静止画を1秒間表示すると1680枚では1680秒、28分の動画となる。

  28分は長すぎるので、静止画を年単位にして2分少々の動画とするか、要検討。

  動画を見れば、太平洋戦争中は建設が進まなかったことや、1980年以降に廃線が

  進んだ様子を知ることができる。

 

北海道地図


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
時空間望遠鏡 (4) 実現したいこと#4:「北海道旅客鉄道建設の歴史」

 

時空間望遠鏡第4弾は北海道における旅客鉄道建設の建設、廃止の可視化。地図上で路線の開業部分を赤く塗ることで時間の変化とともに、開業と廃止を赤い線の伸縮として可視化できるのではないかという試みです。

 

新潮社「日本鉄道旅行地図帳第1号 北海道」巻末の路線情報から国鉄・JR路線の開通、三セク移管、廃止時期を表にしました。180行で構成される表を取り敢えず開通年月日で昇順ソートしたところ、このような表となりました。表から読み取れることを以下に少々。

 

北海道最初の鉄道は1880年(明治13年)開通した手宮(小樽港近く) - 札幌間の函館本線35km。函館本線はその2年後に岩見沢まで延伸され、岩見沢から幌内線が、砂川からは歌志内線が、また夕張線(今年4月1日に石勝線夕張支線として廃止)が、それぞれ最寄りの炭鉱まで敷かれ、石炭が日本の近代化を支える主要産業になろうとしていた明治中頃の様子が偲ばれます。

 

表の合計営業キロ数4,332.2kmの内1,270.8kmが明治時代に開通しており、産業発展のインフラとして鉄道に期待するところ大だったんでしょう。その後、若干の廃線が進み1987年(昭和62年)のJR北海道発足時には3,176.6km、2017年(平成29年)には2,552.0kmまで減り、今後についても札沼線、留萌本線、根室本線、日高本線などの一部あるいは全線の廃止が議論中で、またJR北海道としては現時点でも営業キロの48%が「単独維持困難」とのことで、北海道の鉄道に明るい未来はなさそうです。

 

歴史

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
久しぶりのヤモリ君

 

家内から「トイレの網戸にヤモリがいるんだけど、ブログになるかしら」と声がかかり、「俺はそういう風に見られているのか」と声の主に感謝しつつ、早速階下のトイレに駆けつけ、ようやく取り押さえて食卓の灯りの下で顔合わせ。時々小さな声で「キーッ」と鳴くもののバタバタせず、少々観察して庭に放しました。目が届かない所を斯様な生き物がウロチョロしてトイレに潜り込む、即ち「地球上の生き物は皆兄弟」という実践の場がわが家という訳です。

 

ヤモリ君


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Google検索エンジン その2

 

当ブログがGoogle検索結果の上位に出てくることを2016年に記事にしましたが、最近になってブログ更新時に「PING送信でエラーが発生しました」とメッセージが出るので調べたところ、Google、Yahoo!のブログ検索サーバーがいずれもサービス停止とのこと。それが理由なのか分かりませんが、「すうさん」で検索すると以前は検索結果の先頭に表示された当ブログは3頁目あたりまで後退してしまいました。

 

しかしながら、例えば最近の記事のタイトル「Physiological essay on Gulliver's Travels」で検索してみると国立国会図書館に続いて当ブログの記事が何件も表示されます。サーバー・センターに日々蓄積される膨大な量の「つぶやき」にインデックスをつけ、その膨大なインデックスを管理し、検索リクエストに応じて瞬時に「つぶやき」を見つけ出して表示する能力には驚くものの、表示内容をよく見てみると、検索結果として該当しそうもない記事が表示されているなど、検索エンジンはまだまだ発展途上にあるようです。

 

検索結果


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Bluetoothマウス

 

PC(やスマホ)と周辺機器を接続するための近距離無線通信標準規格としてにBluetoothなるものが使われていて、わが家ではBluetooth対応マウスをPCにつないで使っていますが、コードがないので使いやすい反面、電池駆動のため数か月に一度の電池交換が玉に瑕。

 

マウス上面ホイールの手前にある赤色LEDは、電源を入れてPCと接続されるまでの間、短時間点灯するのですが、ある時、点きっぱなしとなりPCにつながらなくなりました。マウスが壊れたのかといろいろ調べたところ、Windows 10の場合、次のような原因が考えられるそうで、使えるようになるまで約2時間を浪費。無線は難しい。

 

1. Bluetooth機能が働いていない:設定 > Bluetoothとその他のデバイスに進むと

  Bluetooth機能オン・オフ・ボタンが見つかるので、オンになっていることを

  確認する。それでも動かない場合は、デバイスの削除と接続を繰り返す。

 

2. 省電力モードが働いている:コントロールパネル >  システムとセキュリティ >

  システム > デバイスマネージャー > Bluetooth > Bluetooth Adapter >

  電源の管理に進むと省電力モード設定機能にたどり着く。

 

BTマウス


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
宇宙的時間

 

先日の「ブラタモリ」で、ユーラシアプレート(Wikipediaから拝借した以下写真で西日本が乗っている緑色のプレート)のはずれにある紀伊半島の下には、生まれてから数百万年しかたっておらず地熱が残っているフィリピン海プレート(写真で赤色)が潜り込んでいるために熊野周辺には温泉が多く、対して太平洋を8cm/年ほどの速度で1億年以上かけて横断してきた太平洋プレート(写真で黄色)は冷えているために非火山性温泉を生み出すことはない、といった説明がありました(不正確かもしれません)。

 

数百万年たっても温泉を作れるほどの地熱が残っていることは驚くべきことですが、太陽中心の核融合により生成されたエネルギーは輻射による熱輸送によって放射層の中を20万年かけて運ばれ、その外側の対流層へ到達するそうで、我々ホモ・サピエンスが進化の系統樹から分岐、出現したころの核融合の光を今見ていることになります。嗚呼。

 

プレート


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
久しぶりのジョイ君

 

ジョイ君を連れた飼い主のKさん夫婦と久しぶりの会食。今回グレちゃんは友人宅で預かってもらったということで1頭だけでしたが、食卓の周りを走り回って食べるものをねだるのはKevinと同じで、わが家に来てから亡くなるまでのKevinとの13年近くの日々を思い出しました。

 

ジョイ君も8歳となり、首の後ろに白髪が目立ち始め、また9歳となったラブラドールのグレちゃんは昔のようにはしゃがなくなったそうで、犬たちも現役引退の世代を迎えつつあるようです。

 

ジョイ君

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Profile + Power Search

Search

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode