Page: 1/24   >>
居間のカーテンを新調

 

1985年春に住み始めたわが家は築35年。新築した時から使っている居間のカーテンに綻びが目立つようになったので小窓のカーテンを新調しました。併せて椅子のカバーをカーテンと同じ生地で家内が作ってくれたので、居間の雰囲気がガラリと変わりました。

 

さて、35年前のカーテンは横浜高島屋で作ってもらったスイスのフィスバ社(Christian Fischbacherなのでフィッシュバッハあるいはフィッシュバと呼んだ方が良さそうですが)のもので、今回のカーテンは新横浜駅近くのニトリ。35年間で買い物スタイルが大きく変わったものです。

 

カーテン新調

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:25 | comments(0) | - | pookmark |
ADSLサービス終了

 

小生とPCとの歴史はどうだったのだろうか。1981年にIBM PCが登場。1985年のドイツ赴任直後に会社でIBM PC ATを何台か導入し、当時通信の主流だったテレックスを発信できるソフトを入れて各部で使用開始。日本から持ち込んだSORDなるマイクロ・コンピュータでPIPSという言語を駆使して物流管理をしている部もありました。1990年末に帰国した時点でも通信の中心はテレックスであり電子メールは使っていなかったと思う。当然のことながら自宅にPCは無し。

 

会社では90年代中頃にPCが1人1台となって、最初はLotus Notesなる情報共有システムを、暫くして電子メールシステムが導入され、国内外のやり取りは電子メールに代わっていきました。このころ誰もが使えるInternetはまだ生まれていなかったと思う。1998年の米国転勤まで個人的にはPCを持っていなかったかな。

 

米国ではNECのノートを与えられ、自宅に持ち帰ってモデム経由メール送受信するなどしていた。2002年末帰国後に個人用ノートIBM Thinkpadを購入したものの、2004年末のハワイ旅行で盗難にあい、旅行から戻ってすぐに同じ機種の中古を手に入れ、数年使ったところでSONY VAIO、現在はMouseコンピュータのノートを使用中。通信はというと、2002年末以降暫くはモデム、2005年か2006年にADSL、2009年にADSLプロバイダを切り替えたと記憶するものの、今となっては詳細は分からず。

 

さて、来年6月末を以ってADSLサービス終了のお知らせもプロバイダから届いたことでもあり、最近手に入れたスマホとの相性が悪いためADSLを解約してADSLモデムを返却しましたが、この後通信環境はどう変化するのだろうか。光回線に切り替えるのか、メタル回線のままとするのか。今回のモバイル・ルーターのようにSIMカード付きの固定電話といったものも出てくるかもしれないし、暫し様子を見ます。

 

ADSLサービス終了

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:31 | comments(2) | - | pookmark |
ネズミ騒動 その後

 

ネズミ捕り物劇の翌朝、台所の流しの上で仕舞い忘れた豚肉の切れ端を食べられ、抽斗のジャガイモに歯の跡を見つけたので、オーケーで手に入れたネズミ捕りシート2枚を仕掛けましたが成果無し。翌日と翌々日はネズミ捕りシートにアジの頭を乗せて床に置いたものの、息子に頼んだインターバル撮影に必要な小さな電灯をつけっ放しにしたせいか捕獲できず。4日目は電灯を消して同じ仕掛けで挑んだところ、先日のネズミと同じサイズのクマネズミが翌朝シートで暴れていました。

 

これにてネズミ捕りのABCは理解したのですが、そもそもネズミ君達はどこから室内に入ってくるのか。食堂のエアコン室内機の裏側が怪しいと睨んでいるものの確認は難しい。屋外に抜けるパイプのシーリングが傷んでいるのか、あるいは彼らは壁と外壁の間を動き回っているのか、謎は深まるばかりです。いずれいしても、ネズミ捕りが「暇つぶし」の一つに加わったといった感じではあります。

 

ネズミ捕りシート

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:34 | comments(0) | - | pookmark |
新スマホ (3) モバイル・ルーター到着

 

色々と調べたところ、新しいバージョンのAndroidと2009年から使ってきたADSLモデムの相性が悪いということが分かり、わが家のネット環境をADSLからモバイル・ルーターに切り替えることとしました。モバイル・ルーターがnano SIMと一緒に届いたのはネットで注文後3日目。新スマホとのテストも上手くいき、最近手に入れたWi-Fiルーターを中継器として1階の洗濯スペースに置いたところ1階でもWi-Fiをストレスなく使えるようになりました。後はスマホ用SIMのサイズ変更とデータ移行です。

 

モバイル・ルーター到着

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:23 | comments(0) | - | pookmark |
ネズミ騒動

 

娘家族と一緒に食後のケーキを楽しんでから恒例となった食器洗いの最中に後ろで女子供の「ギャーッ」という声が。何かと思えばネズミが家具の陰に逃げ込んだとのことで、居間と食堂の捜索開始。ソファーをどけ、TV台を移動し、いろいろ探し回ったところ、いくつかあるキャスター付きの箱のバインダの中に隠れてるのを発見。ゴミ袋に追い込み庭で水攻めを始めたところ、袋を食いちぎって外に出ようとしたので、仕方なく大きな植木鋏で介錯して差し上げました。合掌。

 

大捕り物の翌朝、器に入れて流しの横に置きっぱなしだった肉の切れ端が無くなっていたり、手製の抽斗に入れておいたジャガイモが齧られていたりと、他にも仲間がいる訳です。夜中の台所はネズミの食堂兼体育館と化していること確実なので、ネズミ捕りシートを使った駆除を始めます。それにしても家の中でネズミを追いかけ回すというのは70年を超えた人生初のビッグ・イベントでした。

 

ネズミ君

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:23 | comments(0) | - | pookmark |
新スマホ (2) Wi-Fiルーターを新調したものの

 

新スマホを手に入れましたが使い始めるに至っていません。課題は二つあり、新スマホではWi-Fiが利用できないことと、今ごろになって分かったのですがSIMカードのサイズが異なるためSIM再発行手続きが必要であること。

 

Wi-Fi利用については以下のような状況が続いていて、いずれのメーカー、サービス・プロバイダも他に聞いてくれの一点張り。複数関係者が絡む場合の課題解決は簡単でないことを学習中です。

 

1. 先ずスマホを買ったiijmioに電話。SIMカード以外の通信についてはメーカーに

  聞いてくれと。

2. 続いてスマホのメーカーであるSHARPに問合せたところ、Wi-Fiルーター側の

  問題であろうと。

3. 仕方なく、10年以上使い続けているWi-Fiルーターを下の写真の新しいものに

  交換したもののWi-Fi接続はできず。トホホ。

4. 同じスマホと新Wi-Fiルーターを光環境である弟宅に持ち込んでテストしたところ

  上手く接続できたので、原因はスマホでもWi-Fiルーターでもないと判断。

5. となるとADSLの問題かとADSL-Directに電話。ADSLモデムのリセットボタンを

  押したりモデムの設定アプリでいろいろ変えてみたもののつながらず。

  最後に窓口氏から、相当に古いモデムはAndroidの新しいバージョンとの相性が

  悪いと聞いたことがあるとの説明があり、スマホのメーカーであるSHARPに

  聞けば解決策があるかもしれないと。

6. 再びSHARPへ問合せ。新しいAndroidは古いADSLモデムとの相性が悪い可能性が

  高いが、Androidのバージョンを下げることはできないと。

7. 最後にモバイルルーターを販売しているNEXT mobileとチャットしたところ、

  同社のルーターはどんな機器でもWi-Fi接続できると自信満々の回答。

 

ということで、NEXT mobileからホーム・タイプのポケット・ルーターを手に入れ、新Wi-FiルーターをWi-Fi中継器として活用するのが一番と考えるに至りました。当然ADSL-Directは解約します。

 

なお、新Wi-FiルーターがNEXT mobileのポケット・ルーターの中継器として使えるかについてメーカーから「yes」の答えが出てこないので、自分でテストしてみるしかなさそうです。まだまだITの黎明期なんでしょう。誰もが簡単にITを利用できるようになるまで数十年はかかると思われます。

 

新ルーター

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:28 | comments(0) | - | pookmark |
新スマホ (1) 到着

 

2015年8月から世話になっているHuawei P8 lite君(写真右、画面5インチ)、バッテリーの容量不足で旅行中など夕方になると充電が必要となったり、加えてバッテリーが時々熱くなり、そのためか変形してきて背中が少々膨れてきたりしたので、思い切って新しいスマホを手に入れました(写真左、画面5.5インチ、バッテリー容量はHuawei P8 lite君の2200mAhに対して倍近い4000mAh)。

 

さて多機能のスマホともなればデータ移行が難関ですが、部屋の無線ルーターに対して「IPアドレス取得中」と「保存済み」が繰り返し表示されWi-Fi接続ができずにいて先に進めません。これを解決し、更にGoogleサービスの同期、連絡先の移行、LINEなどアプリデータの移行などに進むので、暫くは新スマホ君と遊べそうです。

 

新スマホ

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:21 | comments(0) | - | pookmark |
久しぶりのトホホ Part2 修理完了

 

Colt君の修理が完了し2週間に及んだレンタカー、ミラージュ君との走行距離258km、1日平均16km少々の生活が終わりました。気になっていたブロック塀に擦った傷は写真のとおり跡形もなく消えていて将に「ウフフ」。

 

さて、ミラージュの車両重量は900kg、エンジンは1.2L、78馬力、それに対してColt君は1140kgと重いもののターボ付1.5Lエンジンは154馬力と強力で、街中、高速ともにColt君の方が運転していて心地良し。どこかで免許証を返納することになるでしょうが、それまではColt君のお世話になります。

 

修理完了

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:24 | comments(0) | - | pookmark |
久しぶりのトホホ Part2 その後

 

保険会社との話が済み代車を用意したので車を持ってくるようにと自動車販売店から連絡があり出かけてみると、待っていたのはミラージュ。1978年に誕生した初代のスッキリとしたデザインに感激したことを覚えていますが、6代目となる現モデルは全てタイで生産している由。1982年に発売開始されたパジェロ共々、1980年代が三菱自動車の全盛期だったのではないでしょうか。

 

自動車販売店によれば、後部ドアとバンパーを交換し、凹んだ後部シャシーを時間をかけてゆっくりと引っ張って戻し、最後の塗装まで2週間かかるとのことで、代車君との生活が始まりました。

 

代車君

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:27 | comments(0) | - | pookmark |
COVID-19点描 (1) 超過死亡

 

COVID-19(新型コロナウィルス感染症)の感染者数や死亡者数についての情報がネットに溢れていますが、Diamond onlineの記事「COVID-19にBCGは「有効」なのか? 東北大・大隅教授が緊急解説」が興味深い。内容は「COVID-19による人口当たりの死亡者数(死亡率)が少ない中国、韓国、日本はBCG接種率が高く(日本は98%)、死亡者数が多い米国、スペイン、イタリア、フランスはBCG接種が義務付けられていないことから、BCG接種はCOVID-19感染防止に有効かもしれない(結論は未だ出ていない)」というもの。

 

記事にある、死亡率(人口100万人に対する死亡者数の割合)の推移を表したグラフ(縦軸は対数目盛、札幌医科大学フロンティア医学研究所の有志が作成)右側に国名が書かれているものの小さくて読みにくいので直近の死亡率が高い順に記すと、スペイン、イタリア、フランス、英語、米国、ドイツ、カナダ、世界平均、トルコ、韓国、中国、日本。別記事によれば、4月11日時点での死亡率上位3か国は人口100万人あたりスペインが338.8人、イタリアが311.7人、フランスは202.1人。米国は56.7人、日本は0.69人だそうです。

 

さて、ここが重要だと思うのですが、国によっては死亡者数を少なめに報告するところもあるだろうし、自宅で亡くなった高齢者の場合はわざわざPCR検査をしないだろうからCOVID-19による死亡者にはカウントされないだろうから、結果として死亡者数を正確には把握できず、死亡率の数字は実態を表さないだろうということ。

 

それに関連して、毎年繰り返されるインフルエンザによる死亡者数の実態を知るためにWHO(世界保健機構)が推奨するのが「超過死亡(excess death あるいは excess mortality)」という概念で(それにしても超過死亡とは変な翻訳ですな)、インフルエンザによる直接的死亡者数に肺炎他による死者の中の一定割合をインフルエンザによる間接的死亡者数として加えて総数を推計するということのようです。厚労省HPには次のように書かれています。

 

『例年のインフルエンザの感染者数は、国内で推定約1000万人いると言われています。国内の2000年以降の死因別死亡者数では、年間でインフルエンザによる死亡数は214人(2001年)〜1818人(2005年)です。また、直接的及び間接的にインフルエンザの流行によって生じた死亡を推計する超過死亡概念というものがあり、この推計によりインフルエンザによる年間死亡者数は、世界で約25〜50万人、日本で約1万人と推計されています』

 

COVID-19に関する「超過死亡」についても専門家の調査研究を踏まえていずれ公表されるでしょうが、それを早く見てみたいものです。

 

COVID-19

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:26 | comments(0) | - | pookmark |
久しぶりのトホホ Part2

 

昨年9月の自損事故で先代COLT君を失い、昨年10月に手に入れた二代目COLT君は毎日のように第三京浜を快走し木遊びまで小生と工具箱を運んでくれていますが、昨年11月のブロック塀への接触に続くトホホ Part2が発生。

 

時刻は16時40分、場所は第三京浜を降りて自宅に向かう途中の三ツ沢公園入口交差点、右折車線の3台目。キキキという音がしたので身構えた瞬間に追突されました。相手の話ではブレーキペダルにつま先が引っかかりペダルを踏むのが遅れたと。追突時のスピードは30km前後と思われ、体には(今のところ)異常なし。

 

新型コロナウィルスによる非常事態宣言発効日の追突事故、後部ドアとバンパー交換になるこの機にブロック塀に接触した傷も綺麗になるでしょうから、トホホではあるものの、少しばかりウヒヒの感もあります。

 

追突事故

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:23 | comments(0) | - | pookmark |
超大陸 その3 アメイジア

 

パンゲア超大陸が2億5千万年かけて現在の大陸群に分裂したことには驚きますが、では遠い将来はどうなるのだろうか。海洋開発研究機構の吉田昌樹博士が中心となって作った動画は、3億年後に「アメイジア(アメリカ+アジア)」と名付けられた超大陸が生まれる様子をシミュレーションしていて素晴らしい。

 

この写真はその動画から拝借した8800万年後の東アジアの様子で、オーストラリアなど南方の大陸や島嶼が日本列島に迫ってきて、いずれすべてが一体となってアメイジアの一部を構成するようです(赤く囲んだところが日本列島付近)。そのころの人類は進化を遂げどんな姿になっていて、どんな生活をしているのだろうか。国が存在しているとしたら、国境の再画定作業で忙しいのかもしれません。

 

88百万年後

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:31 | comments(0) | - | pookmark |
世代交代 #2

 

パン焼き機に続いて冷蔵庫が不調となり表示されたのは「H21」エラー。パナソニックのヘルプデスクに問い合わせたところ製氷機能の問題で、7分以上コンセントを抜いてみて依然表示されるなら修理が必要とのこと。買い替えることとしましたが、この冷蔵庫を買ったのは1999年8月と20年以上前で、ここでも日本の家電の品質の高さには驚きます。

 

製氷機能に問題あり

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:25 | comments(0) | - | pookmark |
漬物桶にヒノキの蓋 その後

 

漬物桶の蓋にヒノキ板は大失敗に終わりましたが、ブラタモリの影響でしょうか、重石として使っていた石に目が止まりました。右は花崗岩のピンコロ石と分かったものの左は?。斑晶(鉱物粒子)が見られるので安山岩のようですが、自信を持って判断できません。

 

岩石の種類を判定することは専門家でも難しいようで、例えば見た目は似ているチャート(原生生物である放散虫の殻が岩となったもので二酸化ケイ素の塊)と石灰岩(サンゴなどが堆積してできたもので炭酸カルシウムの塊)を見分けるのに塩酸を持参して岩にかけてみるそうです(チャートは塩酸に反応しないが石灰岩は溶ける)。更にネットを歩き回ると次のことが分かり、中学か高校の地学の時間を思い出しました。

 

1. 岩石は堆積岩、火成岩、変成岩に分類できる。小生が習った頃は堆積岩を

  水成岩と呼んでいたような。

2. 堆積岩は岩石が風化・侵食されてできた礫・砂・泥、また火山灰や生物

  遺骸などからできたもの。

  火成岩はマグマが冷えて固まった岩石。

3. 火成岩は火山岩(マグマが急激に冷えて固まったもの)と深成岩(マグマが

  ゆっくり冷えて固まったもの)に分類される。

4. 火山岩には二酸化ケイ素の含有量の少ない順にコマチアイト(二酸化ケイ素

  含有量45%以下)、玄武岩(同45〜52%)、玄武岩質安山岩(同52〜57%)、

  安山岩(同57〜63%)、デイサイト(同63〜70%)、流紋岩(同70%以上)に

  分類される。

  色は、二酸化ケイ素でできた石英や様々な酸化ケイ素でできた長石などの無色

  鉱物が多く含まれるほど白くなる(玄武岩は黒っぽく、流紋岩は白っぽい)。

5. 深成岩も火山岩同様に二酸化ケイ素の含有量で分類され、花崗岩は二酸化ケイ素が

  70%以上と火山岩の流紋岩と同じで白っぽい。

 

写真の左が安山岩なのか玄武岩質安山岩なのかは二酸化ケイ素の含有量を測ってみないと分からないことが分かりましたが、この岩石君達は火山の地表と地下でそれぞれ生まれた兄弟であることを学べました。

 

重石

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:33 | comments(0) | - | pookmark |
世代交代

 

わが家の朝食はパンが中心で、数日おきにパン焼き機のお世話になっていますが、2005年製造の左側がとうとう動かなくなりました。娘の家から嫁いできた2011年製造の右側に世代交代したので、暫くは美味しいパンを楽しめそうです。それにしても日本の家電は長生きだ。

 

世代交代

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:25 | comments(0) | - | pookmark |

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Profile + Power Search

Search

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode