Page: 1/67   >>
一輪挿し2019 (7) 虫食いキハダの場合

 

列車に続いてはキハダと思われる材の虫食い部分を使った一輪挿し。挿してあるのは百均で6個100円で手に入れた直径20mmほどの小さなガラス瓶で、コルクの栓を外して水を入れ花を活ければ、これも面白い花器になりそうです。

 

もう一つ

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
地域貢献2019 (5) 紙芝居の木枠も完成

 

小生としては久しぶりの本格的木工となった紙芝居の木枠が完成、幅875mm、高さ620mmとかなり大型。クルミオイルで浮かび上がったケヤキの木目が綺麗です。脚はボルトで木枠に止めているので、木枠を運ぶ際は木枠の下に畳むことができますし、裏蓋のベニヤ板を艶消し黒に塗ったので、高級感まで漂っているではありませんか。

 

木遊びのKさんにいただいたケヤキと、ベニヤは小生の端材を使ったので某区社協への請求金額はゼロ。地域貢献は大変だけど、暇つぶしとしては最高です。

 

完成

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
一輪挿し2019 (6) 一輪挿し列車完成

 

クルミオイルで仕上げ、SLにはスモーク・ツリー、貨車には路地のタマスダレをそれぞれ挿したところ、なかなか良い感じ。食卓の中央に置いたこのオブジェに季節の花を飾り、友人と焼酎でも飲みながら鉄道の話で盛り上がる。そんな時間ができたらいいですな。

 

完成

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
地域貢献2019 (4) 留加工には角度計

 

紙芝居の木枠となるケヤキの加工を始めました。折角なので四隅を留にして小型ビスケットと簪で補強することとしましたが、細長い板の木口をルータービットで留にするのは面倒くさいということでスライド丸鋸が登場、そこで活躍するのはデジタル角度計。10年ほど前に手に入れたものの殆ど使っておらず、電池交換しての再デビュー、大活躍となりました。

 

角度計

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
地域貢献2019 (4) 人形劇の舞台が完成

 

小学校の夏休みの宿題を思い出しながら塩ビパイプと継手と格闘すること暫し、人形劇舞台が完成しました。この写真では分かりにくいのですが、左側の舞台の高さは126cm、幅200cm、左右の袖舞台の幅は各100cm、片方は延長可能です。

 

樹脂パイプなので少々グラグラしますが、舞台前面に中空ボードの目隠しを縛りつけるので使用上の問題は無さそう。後は柱と柱をつなぐパイプの長さ調整程度で納品できそうです。

 

完成

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
一輪挿し2019 (5) 一輪挿し列車になりそう

 

いろいろと考えた結果、穴が4つある材を切り分けて列車を作ることにしました。先頭は蒸気機関車をイメージした車輛で、弁慶号など明治中頃の国鉄7100形蒸気機関車のようであり、続くのはスダジイを挽いて作った丸い荷物を積んだ貨車のよう。煙突と荷物の頭には例の試験管を挿し、水を入れて植物を活ければ一輪挿し列車となります。

 

完成間近

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
一輪挿し2019 (4) スダジイを追加製材

 

面白い造形その2には4つのスダジイが必要となるので、今春以来作業台の下で眠っていた半割丸太をチェインソーで製材し、写真右下にあるような直径5cmの丸棒を木工旋盤で作り始めました。

 

横で見ていた木遊びメンバーから同じものを作りたいとリクエストがあり、急きょ木工旋盤講習会となったので当方の作業は中々捗りませんが、行く場所があって、やることがあって、仲間がいる。高齢者としてはそれが楽しみなのです(世の中では「亭主元気で留守がいい」とも言われます)。

 

追加製材

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
タオル掛けプロジェクト (3) 完成

 

東急ハンズから注文していた外径18mmのアルミパイプが入荷したとの電話があり、早速制作開始。できあがったのは試作品と変わり映えしないタオル掛けですが、試作品がパイプにM8ボルトを挿し支え板から出たボルトをナットで締めたのに対して、今回はパイプに入れたナットにM8ネジを挿して支え板に固定したのが特徴。若干ではありますが見た目スッキリとなり、作者のこだわりを感じていただけるでしょうか。なお、試作品は都落ちして勝手口で働いてもらうことになりました。

 

完成

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
一輪挿し2019 (3) もう一丁

 

Hさんからいただいた不思議なものを連結したような素材が、わが家の作業小屋にあるのを思い出して木遊びまで運搬。この場合は四輪挿しとなるのか、バラバラにして一輪挿しを4つ、あるいは5つ作るか、磁石で連結できるようにして小さな列車の一輪挿しバージョンになりそうな予感もあり、考えるだけでもワクワクしてきます。

 

仕掛品

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
一輪挿し2019 (2) これも面白い

 

ちょっと横道にそれて、元木遊びメンバーのHさんからいただいたウォールナットのブロックに、同じくHさんからいただいたスダジイを挽いて丸棒(直径5cmほど)にしたものを挿し、百均で手に入れた試験管を丸棒の先端に押し込んで一輪挿しとしてみました。スダジイ部分は拭漆、ウォールナットはオイル仕上げでしょうか。これも面白い。

 

一輪挿し

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
一輪挿し2019 (1) 先ずは試作をば

 

木遊びメンバーのKさんから、旅行先で受けたもてなしの中でお茶と菓子に添えられた陶製の一輪挿しが素晴らしかったという話を聞いたので、昨年作ったような木製の一輪挿しを今年も作ってみようとナラ材に穴をあけました。三つ穴の方はこの後周囲を削って丸みのある形にしようかと思いますが、昨年のようにガラスのチューブを入れるのか、水が漏れないように内側を塗装してお終いとするのか、夢は広がります。

 

制作開始

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
エアー・グラインダーに問題発生

 

細かな部分の切削に使っていたエアー・グラインダの胴体が熱くなり振動を始めたので取説を確認したところ「FRL(Filter、Regulator、Lubricator)ユニットを必ず使用すること」と書いてありました。自宅作業小屋ではFRLユニットを使っていたのですが、木遊びには持ってきておらず、潤滑油切れでベアリングが壊れたのかもしれません。トホホ。

 

エアー・グラインダ

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
地域貢献2019 (3) 人形劇舞台の柱

 

舞台の柱には外径18mmの塩ビパイプを使い、それをM8のボルトとナットで脚に固定するのですが、以前展示台で使った外径18mmのアルミパイプと肉厚が異なるため、M8のボルトとナットをそのまま使えません。仕方なくグラインダーで六角形を丸くしてパイプに差し込んだところです。

 

こうして写真を見ると、パイプ表面に印刷された文字が気になりますが、ナイフで削れば表面に傷がつくし、どの溶剤なら落とすことができるのかテストしてみなくては。

 

舞台の脚

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【動画】はる君的ピタゴラスイッチ (2) 完成

 

設計図からは大分離れてしまいましたが、ピタゴラスイッチの一つ「孫亀」が完成しました。斜面を下る親子孫の3台の車が安定して走れるように、背中に乗った車が落ちないように、孫車の背中に乗せたビー玉が落ちないように、などなど色々と調整が必要でしたが、工作の楽しさを久々に味わいました。

 

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
タオル掛けプロジェクト (2) 試作品完成

 

6年ほど前にクラフトフェア用の陳列台を連結するために使ったアルミパイプでタオル掛けを作ってみました。タオルが少ない時には取外し可能です。

 

アルミパイプに仕込んだM8ボルトにナットを嵌めただけなので見てくれが悪いこと、もう少し長くしたいことから、外径18mmのアルミパイプを手に入れて作り始めたいのですが、不思議なことにシマホにもコーナンにも外径18mmのものは無く、6年前に買ったハンズに出かけてみます。

 

試作品完成

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Profile + Power Search

Search

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode